季語/穂俵(ほだわら)を使った俳句

「穂俵」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「穂俵」について

【表記】穂俵

【読み方】ほだわら

【ローマ字読み】hodawara

子季語・関連季語・傍題・類語など

・神馬藻(じんめそう:jimmeso)

・じんばそう(じんばそう:jimbaso)

・ほんだわら(ほんだわら:hondawara)

・たわらも(たわらも:tawaramo)

・莫告藻(なのりそ:nanoriso)

季節による分類

・「ほ」で始まる新年の季語

・「新年の植物」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

穂俵を含む俳句例

穂俵を髪に尺とる娘哉/凉進

穂俵を捜す鼠も嘉例かな/石鼎

穂俵に豊年しるし海までも/鳥木

苫舟の穂俵長き重ね餅/桑原志朗

穂俵つゝき遊べる小かな/高浜虚子

穂俵の林撓めて潮新た/和田ゑい子

穂俵やとり初めいはふ五百歳/任口

穂俵や拵へて売る買ひもする/法策

ほんだはら多し天草灘航けば/森田峠

ほんだはら滅多うちして春休/原田喬

ほんだはら速吸の門の渦に浮く/青畝

ほんだはら黒髪のごと飾り終る/青邨

揚船を干しかくしゐる穂俵/品川柳之

穂俵に乾ける塩のめでたさよ/比奈夫

穂俵の波にもつれてかたまりぬ/康々

穂俵も七日事なき深みどり/竹原泉園

涙痕のごとく穂俵ありにけり/五島高資

穂俵をふるへば散りぬ貝の粉/出口叱牛

ほんだはら引きずつて波静なり/岡村浩村

歳月や怒濤に返すほんだはら/伊丹さち子

俳句例:21句目~

波ゆるむとき穂俵の揺れ戻り/村山/志水

ほんだはらばかり打ち上げ浜の冬/安藤雅子

海女小屋の扉口に飾るほんだはら/根岸善雄

ほんだはら塵の如けど食へといふ/八木林之介

ほんだはら波の残してゆきしもの/水田千代子

ほんだはら荒磯の匂ひなつかしき/高橋淡路女