季語/豊年(ほうねん)を使った俳句

「豊年」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「豊年」について

【表記】豊年

【読み方】ほうねん

【ローマ字読み】honen

子季語・関連季語・傍題・類語など

・豊の秋(とよのあき:toyonoaki)

・出来秋(できあき:dekiaki)

・豊作(ほうさく:hosaku)

季節による分類

・「ほ」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

豊年を含む俳句例

豊年の鏡の欠や氷の様/立砂

豊年の雨御覧ぜよ雛達/一茶

人声や豊年の臼裏庭に/桂信子

豊年や怒濤の下に荒き海/林薫

豊年や窓枠太き鈍行車/岡本眸

豊年や家密集し湖尻まで/今井勲

ふるさとや豊年星の旱星/有働亨

穂俵に豊年しるし海までも/鳥木

豊年や瑕をあらはに昼の月/黛執

豊年の養ひはてし枯蝗/百合山羽公

徹夜稿豊年星も西に寄る/宮津昭彦

書割も豊年の黄や村芝居/宮津昭彦

豊年やぞろり寝くらふ六十貌/一茶

林火忌や豊年の星青々と/松村多美

豊年や夕映に新聞を読み/加畑吉男

猟解禁山豊年といふ年の/茨木和生

百姓の臼豊年の幕尻に/百合山羽公

石叩とぶ豊年の村の中/波多野爽波

豊年や人の歩めるご縁日/岩田由美

豊年の雀青空より降りぬ/岸風三楼

俳句例:21句目~

豊年へ棒高飛びの棒撓ふ/吉田汀史

豊年の水音抱いて山の闇/奥名春江

豊年の畝集りて吾家なす/久米正雄

豊年の貢の雪も汚れけり/青木重行

豊年の赤牛撫でて青年よ/岸風三樓

豊年や流るるままに洗ひ水/桂信子

隧道を出て豊年の無限大/清水昇子

豊年の陸よりこぼれ夜泳ぐ/加藤武生

豊年の声つつぬけに棚田かな/小島健

豊年の山々あゆみくるごとし/中条明

豊年の御幸を待つや道普請/高浜虚子

豊年の新車脇引き老の歌ふ/石川桂郎

木喰仏笑まひて村は豊年に/山田弘子

豊年やしづかに急ぐ最上川/水原春郎

豊年の跡寂として冬田かな/大谷句佛

豊年の烏が町に来て鳴けり/高木晴子

豊年の瑠璃空つゞる雀かな/久米正雄

豊年の田に藁還す木曽の人/宮田正和

豊年やさくらの幹の股が冷え/中拓夫

豊年や昼酒の酔はばからず/川村紫陽

俳句例:41句目~

豊年の地下足袋叩く夕重み/久米正雄

豊年の稲架夢殿の裏に組む/椛沢田人

豊年やかなたの砂塵閃々と/飯田龍太

豊年の蝗に顔を蹴られけり/白岩三郎

母の蚊帳豊年の月さし渡り/小林康治

窯火に映ゆ土間の皺豊年や/川村紫陽

豊年や朝より白紙折りたたむ/桂信子

豊年や松を輪切にして戻る/西東三鬼

豊年や橘寺に浮塵子充ち/服部鹿頭矢

豊年や母に童顔失なはず/菊池シユン

豊年の鬚濃く立てよ村夫子/会津八一

豊年や湖へ神輿の金すすむ/西東三鬼

豊年だ豊年だまた父老ゆる/今瀬剛一

豊年や目玉威しのよく踊る/宮下邦夫

豊年や神の逢瀬へ山車揃ひ/深澤厚子

豊年や尾越の鴨の見ゆるとき/森澄雄

豊年や谺呼びあふ出羽の山/細川加賀

豊年や長門は畦をきれいにす/飴山實

豊年や間近に在りし馬の貌/寺井谷子

豊年を甘世と呼べり島人は/沢木欣一

俳句例:61句目~

豊年を生みぼろぼろの千社札/最東峰

豊年踊り地口も嬶腹満作と/高澤良一

豊年や天守の床の黒光り/片山由美子

風おさまる如く豊年踊果つ/高澤良一

鯔とべり豊年の川上り来て/茨木和生

豊年や旅二日目も富士見えて/西村良子

豊年や明治トンネル口すすけ/平畑静塔

かんざしを豊年挿しや初薬師/後藤綾子

家染めて豊年の藁焚ける火か/大野林火

色づきて豊年らしくなりて来し/友水清

豊年や死者にこにこと担がれて/秋澤猛

豊年のあやふき崖を下りてきし/辻桃子

豊年や汽車の火の粉の美しき/澤木欣一

豊年のひと雨ありし城の石/吉本伊智朗

豊年の一穂を置くたなごころ/鷹羽狩行

豊年や猫舌の子が泊つてゐる/野村和代

豊年の星いただきて滝鳴れる/宮武寒々

豊年の神楽いよいよ賑やかに/大隈草生

豊年や石川の瀬にゆるゝ藻も/木津柳芽

豊年の糊のねばりにデコ作り/高澤良一

俳句例:81句目~

豊年の農婦に金のネックレス/羽吹利夫

豊年や綺羅流しゆく太鼓台/冨田みのる

豊年の野に威し銃めくら射ち/津田清子

豊年の離々とあそびて雲高し/岸風三樓

豊年やたらはたらとし枝展ぐ/石塚友二

豊年や飢ゑて過ごせし青春期/八橋隆文

豊年や黝きひかりの湯もみ板/佐川広治

豊年をたたへ大山仰ぎけり/滝沢伊代次

豊年やあまごに朱の走りたる/永方裕子

豊年やくさぐさ並ぶ臼と杵/水原秋桜子

豊年星そぞろに光り早稲育つ/稲垣敏勝

豊年虫吹かれて橋の一人消え/黒鳥一司

豊年や乳房まるきは太古より/伊藤通明

豊年や切手をのせて舌甘し/秋元不死男

雪消えて畦の十字よ豊年なれ/大熊輝一

豊年や南部に多き京ことば/木附沢麦青

豊年や土間に転がるものあまた/古沼徹

鶏鳴の空豊年の息ととのへ/福田甲子雄

豊年の星座ぎつしり赤子泣く/鈴木六林男

豊年の田へいきいきと声発す/彦根伊波穂

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ