季語/大根蒔く(だいこんまく)を使った俳句

「大根蒔く」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「大根蒔く」について

【表記】大根蒔く

【読み方】だいこんまく

【ローマ字読み】daikommaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

大根蒔くを含む俳句例

大根を蒔き半島の星の数/日原傳

下寧に大根を蒔く定年後/木内満子

大根蒔く畑に残りし藜かな/祝羽風

父母の畝美しく大根蒔く/古賀/秀女

一山を賄ふだけの大根蒔く/加藤窟外

今頃は美規も大根蒔きをらん/原田喬

夕焼の肌身に迫り大根蒔く/廣瀬直人

大根蒔く潮騒荒き地の湿り/加藤一夫

大根蒔煙たちこめたる盆地/細見綾子

秋もやゝ寒き日和や大根蒔く/芙蓉仙

足裏に土の湿りや大根蒔く/神原精花

鋤上げし畝の夕影大根蒔く/小口白湖

あかつきの噴煙錦大根蒔く/加藤知世子

大根蒔く煙たちこめたる盆地/細見綾子

子の開けし小さき穴に大根蒔く/きよみ

三上山の裾やはらかし大根蒔く/角光雄

不揃ひの畝を嗤ひて大根蒔く/阿部慧月

大根蒔くときを失ふ歌比丘尼/宮坂静生

天命の余白に大根蒔かんかな/清水能舟

大根を蒔いて薬師は大曇り/大峯あきら

俳句例:21句目~

大根を蒔いて蛙のとんでくる/高野素十

大根を蒔きて砂漠を私有せむ/津田清子

大根を蒔く畝作りとも見ゆる/清崎敏郎

大根蒔く三浦半島晴れし日に/草間時彦

大根蒔き蕎麦蒔く法医学教授/川端茅舎

畑少しあるに大根蒔きにけり/松瀬青々

西山のうす~とあり大根蒔く/貞永金市

大根蒔く作のゆとりを背に見せ/石川桂郎

大根蒔く日より鴉を憎みけり/河東碧梧桐

大根蒔く短き影をそばに置き/加藤知世子

大根蒔雨が降らねば延びのびに/西澤破風

天鵞絨の地味へ大根蒔きにけり/坂巻純子

言の端に大根を蒔くは僧と知る/大熊輝一

猪垣の根まで均らして大根蒔く/宮田正和

こんな所に大根蒔きし覚えなし/今瀬剛一

大根の練馬に住みて大根蒔く/大橋越央子

大根を蒔きしやなどと医師同士/堀口星眠

隻腕に大根蒔いてをられけり/佐久間慧子

起したる土のもの言ひ大根蒔く/林加寸美

大根を蒔けば山影すぐに来る/大峯あきら

俳句例:41句目~

遠くから来てゐる風や大根蒔く/見市六冬

鈴鹿嶺の虹を見上ぐる大根蒔き/細見綾子

大根蒔きし土よりかげり信濃口/河野友人

大根蒔く短かき影をそばに置き/加倉井秋を

大根蒔く母が死ぬまで打ちし畑/広瀬九十九

大根蒔く鍬に手ごたへある湿り/加藤あき江

大根蒔くむらさき濃ゆき風のなか/角川春樹

大根をきのふ蒔きたる在所かな/大峯あきら

大根蒔くうしろの山に入る日かな/赤木格堂

あをあをと富士のかぶさる大根蒔/関森勝夫

大根を蒔くか蒔かぬに降り出しぬ/大峯あきら

大根蒔く人逝きし日のさびしさに/金箱戈止夫

掌の種を吹きたしかめて大根蒔く/久保田茅子

てのひらかへすごと雨となる大根蒔/廣江八重櫻

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ