季語/星合(ほしあい)を使った俳句

「星合」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「星合」について

【表記】星合

【読み方】ほしあい

【ローマ字読み】hoshiai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・別れ星(わかれぼし:wakareboshi)

・星の閨(ほしのねや:hoshinoneya)

・星合の浜(ほしあいのはま:hoshiainohama)

・星合の空(ほしあいのそら:hoshiainosora)

・年の渡(としのわたり:toshinowatari)

・紅葉の橋(もみじのはし:momijinohashi)

季節による分類

・「ほ」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

星合を含む俳句例

星合や暁になる高灯籠/其角

星合や山里持ちし霧のひま/其角

星合の後山を払ふ巽風/飯田蛇笏

星合の後山を拂ふ巽風/飯田蛇笏

星合や長生殿の水時計/松瀬青々

星合ひの夜の盥に水震へ/今瀬剛一

星合のそれにはあらじ夜這星/左繍

星合の畢は漢の孤りなる/宮慶一郎

星合の薫するやこゝろあて/飯田蛇笏

ゴルフ場星合の夜の草匂ふ/堀口星眠

星合や三番日記書き継がん/角川源義

星合も山鳥の尾のわかれ哉/高井几董

星合の旅三樹彦や葛彦と/赤松ケイ子

星合の飯の中より石の粒/佐々木六戈

星合の冷泉家出て御所の月/大島民郎

星合の長距離電話妻にかな/太田土男

星合の奇特見せけり日和雲/水田正秀

星合や峠へだてて牧ふたつ/大島民郎

星合や木の人形の泪して/殿村莵絲子

星合を明日に貧しき沼の星/堀口星眠

俳句例:21句目~

象限儀星合の空恋はれけり/宮津昭彦

星合の敲きのべたる一句かな/古舘曹人

星合の日の有るうちも天眺め/如月真菜

星合の更けて鉄路に雨すこし/館岡沙緻

星合の空や海鳥なほ翔くる/佐野まもる

星合の笹穂を雨のひとさばら/石原舟月

星合や宵月すでに雲がくれ/高橋淡路女

ゆふかづら星合の浜にかけてあり/春女

旅の雨蕭条として星合ふ夜/柴田白葉女

星合や替女も願ひの糸とらん/服部嵐雪

星合の夜をさやさやと翌檜/町田しげき

星合や瞽女も願ひの糸とらん/服部嵐雪

星合の夜空へ普賢岳還りけり/小西藤満

星合の契りもいまは昔ごと/能村登四郎

星合の小闇にぬれて蜑かへる/石原舟月

連絡不十分のこと星合になし/鈴木栄子

星合の宿のはじめは寝圧しかな/加藤郁乎

星合ひの過ぎたる草のそよぎかな/林佑子

星合や歌のほかなる思ひ事/長谷川かな女

星合やひそかに結ぶ芝のつゆ/高橋淡路女

俳句例:41句目~

火口壁星合の空にしづかなり/水原秋桜子

蓬髪にはるかの二星合ひにけり/石原八束

星合や外にて寝ぬる家畜ども/磯貝碧蹄館

ビヤガーデン星合の夜に灯の鎖/百合山羽公

星合の夜はうち栄えてものの綺羅/後藤夜半

星合のうたたねふかくなりにけり/古舘曹人

星合ふ夜まつや小雀樹の梢に/長谷川かな女

寺の樹々さゆらぎもなく星合ひぬ/中川宋淵

切ってすぐ電話が鳴るも星合ふ日/白水風子

星合う夜花火を揚ぐる大河あり/長谷川かな女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ