季語/稲雀(いなすずめ)を使った俳句

「稲雀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「稲雀」について

【表記】稲雀

【読み方】いなすずめ

【ローマ字読み】inasuzume

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「い」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

稲雀を含む俳句例

噴煙はますぐに太し稲雀/遷子

稲雀茶の木畠や迯どころ/芭蕉

稲雀溜めて電線町に入る/吐天

蛤のすがたも見えず稲雀/李由

一むらの刈安に声稲雀/飴山實

東西の塔へ別れて稲雀/神代静女

稲雀遠き踏切のベルが鳴る/青邨

稲雀まで借景としたる庭/林直入

稲雀五重の塔を出発す/西東三鬼

稲雀神の杜にて雨休み/辻田克巳

天網の破れ易きを稲雀/柴田奈美

稲雀生身の葬囃しすぐ/巌谷小波

修学院離宮育ちや稲雀/木村ふく

借景の山に登りし稲雀/瀬戸十字

群の軸どこへも曲げて稲雀/羽公

盛装の紐いくすぢや稲雀/桂信子

頭上より羽音拡がる稲雀/山口誓子

稲雀何處か窃盗団に似て/高澤良一

鳴き出して米にぼしけり稲雀/智月

稲雀女ばかりのバスの旅/安斉君子

俳句例:21句目~

稲雀散つてかたまる海の上/森澄雄

稲雀日は空色に磨かれて/津田清子

稲雀波うつ山にむかひ飛ぶ/桂信子

稲雀淀を渡りて来りけり/前田普羅

稲雀湖の洲先へ仲間呼び/河野南畦

稲雀稲を追はれて唐秬へ/正岡子規

伏兵の如現はれし稲雀/小池ひな子

八朔のさぞ稲雀竹にさへ/加舎白雄

出発つや疾風の如く稲雀/石田波郷

稲雀追う人もなく喧しき/高濱虚子

千枚田海から湧ける稲雀/小林俊彦

稲雀追ふ人もなく喧しき/高濱虚子

稲雀降りんとするや大うねり/鬼城

稲雀飛鳥の風にひろがれり/中拓夫

大藁塚産みし万羽の稲雀/柴田奈美

稲雀鬨をつくりて高館へ/宮下翠舟

稲雀にも親しみて一人旅/中川秋太

荒海が逃げ場よ島の稲雀/田中/貢

質素なる空穂の墓や稲雀/田口秀子

追はれ飛ぶ翅柔かき稲雀/右城暮石

俳句例:41句目~

松島の景のあげたる稲雀/遠藤梧逸

松島や海へ吹かるる稲雀/角川照子

稲雀法華寺御殿覆ひ飛べり/尾崎迷堂

稲雀藩校跡の田より翔つ/穂坂日出子

稲雀西日の松にかへし拠り/河野静雲

み仏の背のひろらかに稲雀/松村蒼石

稲雀案山子に射られ海に入/子規句集

ゆきちがふ風に縺るる稲雀/平子公一

稲雀手を拍てば立つ奥会津/毛塚静枝

インテリが稲雀追ふ聲短く/津田清子

ホテル竹林常宿として稲雀/鈴木栄子

稲雀追ふ力なき案山子かな/高浜年尾

稲雀笑ひさざめく朝日の樹/西東三鬼

稲雀上らぬ夕田戻りけり/島村元句集

夕富士の火屑となんぬ稲雀/高野寒甫

夕栄に起ちさゞめけり稲雀/日野草城

天濶し翔ちては下りる稲雀/右城暮石

天龍の大瀬へちかく稲雀/百合山羽公

稲雀浅間の霧にしづまれり/中島月笠

稲雀風に逆らひつつ降りし/正田稲洋

俳句例:61句目~

稲雀風の形をつくりけり/米澤吾亦紅

泣いてゐし子を伴へば稲雀/中村汀女

稲雀風をくゞりて枕みけり/松藤夏山

滞船にはるかなるかな稲雀/佐野良太

田回りの嫗いつしか稲雀/金箱戈止夫

稲雀大菩薩嶺はひるかすむ/飯田蛇笏

百姓の大き手が追ふ稲雀/榎本冬一郎

盗むもの天にも求め稲雀/百合山羽公

県道にダミーの巡査稲雀/房川喜三男

稲雀飽いてはぐれてきらめきぬ/静塔

稲食ふて弱音を吐くな稲雀/津田清子

稲雀上げ下げ崎の棚田かな/高澤良一

稲雀しばしば柿を襲ひけり/岸本尚毅

稲雀増えつゝ汽車はなほ北ヘ/森田峠

稲雀島の小さき田にも来る/鈴木貞二

稲雀にも好きな田嫌ひな田/長沼紫紅

稲雀まなじりのみな切れてとぶ/耕二

稲雀一羽のおろかにも高し/池田秀水

追はることなき大陸の稲雀/品川鈴子

稲雀古都に稜線ありにけり/坂口匡夫

俳句例:81句目~

逃げのびてきし稲雀姦しき/物種鴻両

馬市の果つれば群れ来稲雀/林秀一郎

稲雀去りて手拭残りけり/佐々木六戈

稲雀柿より落つる一つづつ/野村泊月

膨れつゝ伸びつゝ空の稲雀/石塚友二

踏切の鳴るたびに翔ち稲雀/中村和子

稲雀低くなりつゝ遠ざかる/松藤夏山

稲雀破局の場所へ群れ下る/百合山羽公

みちのくの旅に海透く稲雀/秋元不死男

もどかしき飛翔追はるゝ稲雀/右城暮石

稲雀農夫貧しくイエスに似て/有馬朗人

リーダーがゐて一群の稲雀/青柳志解樹

右往左往して稲雀佐渡を出ず/津田清子

女手にもてあましたる稲雀/山本まさ子

嬉しさうに忙がしさうに稲雀/正岡子規

思はぬところから湧く雨の稲雀/桂信子

湖へ出てひかりとなりぬ稲雀/原けんじ

病棟に日の入るころの稲雀/百合山羽公

稲雀あるひは湖の上に吹かれ/岸風三楼

稲雀いつもその地の明るさに/高橋豊三

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ