季語/黍(きび)を使った俳句

「黍」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「黍」について

【表記】黍

【読み方】きび

【ローマ字読み】kibi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・黍の穂(きびのほ:kibinoho)

・黍刈る(きびかる:kibikaru)

・黍引く(きびひく:kibihiku)

・黍畑(きびばた:kibibata)

・黍団子(きびだんご:kibidango)

季節による分類

・「き」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

黍を含む俳句例

高黍や並び傾く二つ星/林翔

黍畑の近道来ませ十三夜/紅緑

黍畑北へ流るる潮あり/角川春樹

八朔や火色ある星黍に見ゆ/桃孫

夜寒さの黍稈焚くや陣の前/瀾水

箒編む黍殻をうつ寒砧/西本一都

黍青く生簀に土用鰻あり/瀧春一

夕黍や百姓の胸現はるゝ/森澄雄

松島の島の一つぞ黍青き/瀧春一

説教をしつつ歩くよ黍畑/辻桃子

黍おのがみのりの空/栗林一石路

道場の前の玉黍畑かな/宮本旅川

里宮に黒駒太子黍の秋/西本一都

奥祖谷の一畳畠黍を刈る/佐野大志

羅を裁つや乱るゝ窓の黍/杉田久女

黍刈るや高原の土秋暑し/西島麦南

行水や肌に粟立つ黍の風/杉田久女

黍の風妻の方言年過ぎつ/飯田龍太

行水や黍畑から裸にて/岡本癖三酔

月前や黍の孕み穂明かに/西山泊雲

俳句例:21句目~

黍高梁野の朝焼の金色に/相馬遷子

うつくしや黍は倒れて露の中/碓嶺

黍の空群燕糸に結ばれて/田中青濤

種黍の壁干柿の障子かな/西本一都

此山の黍の雑煮や日本一/子規句集

穂黍まだ青きに早も山の霧/原石鼎

菊枕知らず黍殻枕敷く/百合山羽公

盆鉦や武田徳川黍の星/百合山羽公

祭なり暗き提灯黍にかけ/木村蕪城

祭禮の太鼓は遠し黍の畑/会津八一

黍畑の闇黒々と黍の立つ/井上隆幸

土饅頭盛り高黍に秋の蝉/富安風生

秋近き往来となりぬ黍畑/大谷句佛

葬哀れ縁濃き者ら黍に立つ/橋本鶏二

黍殻や牛を引出す背戸の口/寺田寅彦

大野分黍刈る婆をのこしけり/下田稔

黍束ねあげて広さや地蔵盆/西山泊雲

子供等のよく通る道黍畑/高木/桐舎

黍噛んで芸は荒れゆく旅廻/平畑静塔

山の家黍殻束をよろひたり/高浜虚子

俳句例:41句目~

稔りては乱れそめにし黍畑/高浜虚子

黍刈られ荒惨がくる天塩川/木村敏男

黍を摘む鋏の音の野中かな/木村蕪城

黍は青く片田の蓮みな白し/北原白秋

種黍のひと畝なりし風の中/柴田信子

そこばかり風の休める黍畑/清水基吉

黍の雨百姓昼寝むさぼれる/富安風生

黍の闇もとより深し黒川能/向笠和子

黍酒のすこし甘口青邨忌/柴田冬影子

ゆふ立や秋を催す黍ばたけ/松岡青蘿

黍白穂赤穂信濃に夏をはる/福永耕二

一本の黍の鈴なりの雀かな/西山泊雲

主婦二人黍亭々として喋る/古舘曹人

反射炉の鋳口くづるる黍の風/有働亨

吹かれては炎の音に黍畑/鳥居美智子

黍の丈夏の休みも小百日/岡本癖三酔

黍がらや鶏あそぶ土間の隅/子規句集

黍かんで芸は荒れゆく旅廻/平畑静塔

地蔵会や縄垣したる黍の径/西山泊雲

鵙鳴くや黍より低き小松原/黒柳召波

俳句例:61句目~

高黍のかげの濯ぎや秋の晴/吉田冬葉

高原の白雲に濡れ黍熟るる/岡田日郎

灼雲に老ひとりゐる黍畑/田中ひろし

露の夜に黍殻枕軋み寝る/百合山羽公

高黍の雲走らする服城址/下村ひろし

父の頭が見えて九月の黍畑/宮田正和

王子守る山家一軒黍干して/松本圭二

百姓は地を剰さざる黍の風/相馬遷子

城跡の後段に黍の穂立かな/広田寒山

高黍の穂も尋常に盆のまへ/水谷晴光

黍畑の山霧粒をなせりけり/山口草堂

黍畑に沈める軒の燈籠かな/野村泊月

黍殻を焚くや露営の黍の飯/寺田寅彦

秋旱へろつく黍の葉に及ぶ/山口誓子

夕焼の馬込は黍の坂ばかり/猿山木魂

夕空に弓打つ子等や黍の風/富田木歩

秋風や黍の径は黍の影/阿部みどり女

黍熟れて刈敷の萱穂にいでぬ/飯田蛇笏

黍畑に月の輪熊の遊びをり/福田甲子雄

黍畑に風の荒きを見て急ぎ/古屋敷香葎

俳句例:81句目~

とめどなき文学論に黍の風/宇多喜代子

やうやくに黍の穂曲る秋曇り/飯田蛇笏

元町の丸いポストよ黍焼く香/吉田紫乃

噴煙の低くながるる黍を刈る/稲島帚木

夕風の底這ふけむり黍を焼く/石川桂郎

新涼の土のあらはに黍穂垂る/飯田蛇笏

晩鐘も鳴らず暮るゝや黍の里/尾崎迷堂

椋鳥の声黍原朝の霧まとふ/金尾梅の門

渓沿ひにつゆくさのさく黍畑/飯田蛇笏

潟昏れて黍殻を焚く小さき火/松林朝蒼

照り返えす過去黍畑に雄の馬/金子兜太

秋已に風雨の黍となりにけり/尾崎迷堂

秋晴や黍の葉わけて帰郷兵/大橋櫻坡子

城外の黍の秋なり馬車を駆る/大野審雨

鉄削る黍の空地を職場とし/秋元不死男

長月やみやこのなかの黍の丈/松村巨湫

隣人の黍七夕もすぎにけり/百合山羽公

雨降るや粟の穂ぬくく黍寒く/下村槐太

雨音を消して雨音黍わたる/川島彷徨子

青黍の夜天の澄ぞ押しうつり/下村槐太

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ