季語/胡麻(ごま)を使った俳句

「胡麻」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「胡麻」について

【表記】胡麻

【読み方】ごま

【ローマ字読み】goma

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「こ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

胡麻を含む俳句例

弁当の胡麻散る飯や春隣/小川軽舟

糸紡ぐ女の庭の胡麻乾く/黒田杏子

畑十歩一握の胡麻もおん宝/中勘助

二の膳に胡麻豆腐あり夕蛙/館岡沙緻

山雀の里に出て鳴く荏胡麻かな/車庸

嫋々とラジオ歌へり胡麻叩/石田波郷

貧農が炎天干の胡麻むしろ/石原舟月

商のあひま~の胡麻叩き/吉村ふじ子

黙々と西日の中に胡麻叩く/田中冬二

よろづ屋に金銀の胡麻春祭/手塚美佐

野草食の胡麻和など恋ひて/石塚友二

いつもより高きに曇る胡麻叩/能村研三

お逮夜の藤の雨なる胡麻豆腐/都筑智子

摺鉢に胡麻摺り居れば春の雷/田中冬二

どこからを参道といふ胡麻筵/能村研三

秋祭り近し早目に胡麻刈らん/田中冬二

胡麻叩き合ひつゝ癩者哄笑す/杉山岳陽

曲りたる腰に手をのせ胡麻叩/橋本鶏二

胡麻叩き叩きて雁を渡しけり/萩原麦草

白胡麻の乾きて自づからはじけ/米谷孝

俳句例:21句目~

大根の胡麻和といふ春ごころ/斉藤夏風

烏蝶胡麻刈る額をあふちけり/西島麦南

君胡麻擂れ我擂鉢を押さへゐむ/小澤實

土近き夕顔蟻を胡麻のやうに/松村蒼石

屠所ちかき秋暑の繩や胡麻畠/西島麦南

老海女の唄のせて打つ胡麻砧/中山秋月

夕支度春菊摘んで胡麻摺つて/草間時彦

母病めり夕日とどける胡麻畑/舘岡沙緻

胡麻殻を風呂に焚きそへ十三夜/瀧春一

焙烙や秋かんばしく胡麻を炒る/中勘助

胡麻干すや束にくくりて門柱/吉田冬葉

片膝をたて直しては胡麻叩く/山崎寥村

鳥雲に入る胡麻たたく音たかし/中田剛

胡麻殻をいつまで干すや興昌寺/高浜虚子

胡麻殻をたて了へにけり秋の暮/田中冬二

胡麻黒き津軽せんべい春短か/八木林之助

一列の胡麻のうしろに農夫の目/澤木欣一

両側に貸家増やして胡麻を干す/高田洋子

菊の葉をのせて秋意の胡麻豆腐/大島民郎

割合に小さき擂粉木胡麻をすり/高浜虚子

俳句例:41句目~

風呂に焚く胡麻殻束を重ねけり/芳野仏旅

地曳網触れくるまでの胡麻叩き/朝倉和江

天守より胡麻と見ゆるは残り鴨/今泉貞鳳

姨捨の麓の四五戸胡麻を干す/大久保橙青

憂き事を忘れんとして胡麻叩く/三浦音和

手のくぼに胡麻粒ほどの檜たね/古口きく

新牛蒡あぶらは胡麻の匂ひけり/草間時彦

木枯や胡麻煎れば鍋はじく音/松根東洋城

母の肩たたくおもひに胡麻叩く/粟田素江

秋晴れの臍に胡麻ある端居かな/内田百間

秋篠寺四門の一つ胡麻を干す/田畑美穂女

胡麻を炒る比良八荒の夕あかり/赤尾恵以

胡麻刈つて干して生涯子無き人/細見綾子

胡麻刈るやしばらく土の朝日影/飯田蛇笏

胡麻叩く手首の力やさしくし/猪俣千代子

胡麻叩く母のうしろへ帰省かな/市野波人

胡麻叩く著物の膝のぬけしまま/橋本鶏二

胡麻干して戸毎相似し暮らしむき/北代汀

胡麻干して隣に留守居たのみおき/上村占

胡麻殻は振れば鳴るかや母さだか/林昌華

俳句例:61句目~

胡麻干して母の白髪や温もらむ/山田ひろむ

ふたところ結んで胡麻の束を干す/久垣大輔

よちよちの天使のふぐり胡麻実る/吉原文音

人遠く胡麻にかけたる野良着かな/飯田蛇笏

台風のなきまっすぐな胡麻を刈る/足立晩生

胡麻刈や青きもまじるひとからげ/村上鬼城

焙恪に胡麻を飛ばして神の留守/蓬田紀枝子

胡麻叩きおのれの影を打ちつづく/吉良蘇月

束ねたる縄がゆるみて胡麻はじけ/前川歌子

胡麻叩く面白そうに手を上下/長谷川かな女

胡麻は実に眉吹かれゆく札所道/小島千架子

胡麻の殻吹かれて濁る生家なり/川田由美子

胡麻干して札所寺にはあらざりし/富安風生

手に足にこほろぎのぼる胡麻叩く/白川朝帆

猪追の賦役なげきて胡麻を打つ/米沢吾亦紅

胡麻叩く税書かたへに置きしまま/乙草之介

御嶽に雪来るまでの胡麻たたく/岸野千鶴子

胡麻刈つて今は立てかけおく日和/高浜年尾

何胡麻に珠数かけ鳩の鳴くやらん/北原白秋

長生きをしきりに詫びて胡麻叩く/小原啄葉

俳句例:81句目~

竹酔日胡麻を煎る香の中にあり/能村登四郎

簷下にすわりて胡麻を打つ日なた/長谷川素逝

胡麻干すや津久井の尾根を河越しに/石塚友二

胡麻を叩いて悲しみのまたひとつ/大木あまり

晴れし日の荘子は胡麻を叩きをり/成瀬桜桃子

胡麻叩くすとんと夕日落ちにけり/大出百合子

胡麻叩くダムとなるまで胡麻叩く/大野西湘子

胡麻爆ぜるいつまで思い出し笑い/平井久美子

海女のもの干しあり胡麻も少し干し/木村蕪城

干胡麻のはじける色となつて来し/田代杉雨堂

打ちたての胡麻を包んでくれたるよ/黒田杏子

胡麻かける胡麻のおはぎを積めるうへ/小澤實

胡麻殻を立ててかなしきたつき見ゆ/富安風生

四方よりもたれ合はせに胡麻を干す/藤井白汀

胡麻一つはぜしをしほに刈りはじむ/長野何朶子

胡麻をはたくは微妙ならずや町なかに/楠本憲吉

胡麻叩き秋の昼寝をさましけり/吉武月二郎句集

たらの芽の胡麻によごして仏事かな/富士崎放江

胡麻粒ほどの蜘蛛の死ぬふり見逃さぬ/稲垣きくの

頬をつつみ胡麻を刈る日のややきびし/長谷川素逝

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ