季語/夏の山(なつのやま)を使った俳句

「夏の山」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏の山」について

【表記】夏の山

【読み方】なつのやま

【ローマ字読み】natsunoyama

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏山(なつやま:natsuyama)

・夏嶺(なつね:natsune)

・青峯(あおね:aone)

・青き嶺(あおきみね:aokimine)

・夏山路(なつやまじ:natsuyamaji)

・夏山家(なつやまが:natsuyamaga)

・五月山(さつきやま:satsukiyama)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏の山を含む俳句例

昼顔や夏山伏の峰伝ひ/支考

緑わく夏山陰の泉かな/蓼太

夏山に沛然と雲奇なり/窓竹

胡蘭成礼服を曳き夏山に/原裕

夏山のうしろ姿か青畳/仁平勝

墨一色彩百色の夏の山/滝青佳

夏山や登りて向ふ峯一つ/道立

夏山の岩に老若励めよと/原裕

夏山に足駄を拝む首途哉/芭蕉

六月の青嶺仏相嶽鬼相/西本一都

夏山に堂傾けばみ佛も/橋本鶏二

夏山の胸襟ひらく滝一つ/轡田進

青嶺垣麻八尺の丈そろふ/及川貞

夏山や桶に大きな蝸牛/岸本尚毅

夏山や一足づつに海見ゆる/一茶

襖絵の龍暗澹と夏の山/古舘曹人

夏山や水のいろ香の鯉料理/原裕

雷の殷殷として夏の山/会津八一

大木を見て戻りけり夏の山/闌更

夏山に一瞬猿の悲鳴かな/内野修

俳句例:21句目~

夏山の大木倒す谺かな/内藤鳴雪

夏山や通ひなれたる若狭人/蕪村

硝子戸に夏山睡り父死顔/中拓夫

放牧の牛見当らず青嶺村/長田等

頬杖をつけば夏山眉の上/山口青邨

惜別は夏山に濃く人に淡し/上村占

夏山やみ佛素足一歩前に/松村蒼石

船笛に青嶺引寄せ接岸す/袴田君子

夏山や蜈蚣の如き雲走る/会津八一

老鴬や青嶺折々雲の上/徳永山冬子

夏山に向ひて歩く庭の内/高野素十

夏山雨後炊煙人の生活を/西島麥南

夏山や二三枚の田を頂に/前田普羅

夏山に対ふ裸身に湯手拭/遠藤梧逸

夏山を出て善光寺平かな/正岡子規

牧柵の白き一条青嶺より/太田土男

夏山に白き一点天文台/保田白帆子

夏山に誰ぞ廬して衣干す/石井露月

夏山や麓なしける草の丘/尾崎迷堂

夏山の少年へ日のはづかしめ/原裕

俳句例:41句目~

夏山の襟を正して最上川/高浜虚子

押し迫る青嶺や羆棲息地/高澤良一

夏山の水際立ちし姿かな/高浜虚子

天矛の滴りの山みな青嶺/山口誓子

花惜しむけも夏山の柴車/上島鬼貫

夏山の萱の刈あと夕映えぬ/瀧春一

牧場を隔てゝ望む夏の山/野村泊月

馬入れて青嶺廂に蹄を打つ/森澄雄

夏山や来し方曲る青水沫/下村槐太

夏山の重畳たるに熔鉱炉/山口青邨

夏山の麓電車の来てかへす/倉田青

夏山や草大にして鋸葉/東洋城千句

遠青嶺煽りて岳の大幟/町田しげき

夏山へ鶯張りを進みけり/古舘曹人

遠青嶺円空仏に鳥の貌/鈴木恵美子

裏返る蟇の屍に青嶺聳つ/飯田龍太

今百里さらに夏山何百里/正岡子規

ひやひやと鎖の垂るる夏の山/小島健

青空は遠夏山の上にのみ/中村草田男

夏山家一軒すねてとび離れ/富安風生

俳句例:61句目~

製錬のにほひかそかに夏山路/上村占

噴煙に己れかくれて夏の山/鈴木花蓑

鮎鷹の一閃青嶺澄みにけり/土山紫牛

夏山や京尽くし飛鷺ひとつ/與謝蕪村

夏山や又大川にめぐりあふ/飯田蛇笏

鱚舟に豊後夏山湧くごとし/橋本鶏二

大仏や夏山低くめぐらせて/星野立子

太刀傷の如くに夏の山の傷/中杉隆世

官遊に一泊の寺や夏の山/楠目橙黄子

夏山や山も空なる夕明り/芥川龍之介

夏山恋う陰毛に白まじりても/見学玄

夏山や常山木の揚羽鴉ほど/飯田蛇笏

杉皮の赤むきだしに夏の山/高澤良一

鮎掛の反らす蹠に青嶺立つ/橋本鶏二

骨壺に葛生の青嶺見せ戻る/高澤良一

鉾杉の鉾を重ねて青嶺なす/山口誓子

釣竿を青嶺に向けて川漁師/高澤良一

遠青嶺師の墓山に対ひ峙つ/伊東宏晃

夏山に露出の母胎拝むなる/沢木欣一

夏山に沈みて家のなき如し/朝倉天易

俳句例:81句目~

夏山や雲湧いて石横たはる/正岡子規

帰郷する妻に夏山雲を育て/大井雅人

昼月の青嶺さびしき柿の秋/内藤吐天

明方の夢が尾をひき青嶺聳つ/本村蠻

航行の船首夏山かくすとき/岸風三樓

夏山のせり上りきて着陸す/菅沢泰子

故里の青嶺さびたり鰻食ふ/細見綾子

白鷺城掌中にして青嶺峙つ/伊東宏晃

夏山を峨々と重ねて坊夜明け/星野椿

的立てて青嶺に対す洋弓部/桂樟蹊子

夏山の又大川にめぐりあふ/飯田蛇笏

掛茶屋のうらは青嶺や滝祭/田村了咲

夏山に切に行きたし弔問後/岸風三樓

夏山の姿正しとおろがみぬ/金井綺羅

夏山に対ふ衝立どかとあり/遠藤梧逸

夏山や解きて大きな朴葉飯/山田弘子

振り向けば帰郷なり遠青嶺/尾田明子

夕焼けて夏山己が場に聳ゆ/飯田龍太

山國のその夏山の雄雄しさよ/上村占

正面に風三樓忌の青嶺聳つ/池田秀水

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ