季語/氷菓(ひょうか)を使った俳句

俳句例:101句目~

セエヌ眩し氷菓にノオト濡らしつつ/小池文子

氷菓尽きぬこの人に何も与へ得ざりき/中島斌雄

六月の氷菓一盞の別れかな/中村草田男「長子」

少女らへ満艦飾の氷菓くる/平松美知子「祝箸」

妻にかくすことあつて氷菓脳に沁む/長谷近太郎

氷菓飛ぶやうに売れ爆心地/石崎多寿子「揺曳」

ライオンは寝てゐるわれは氷菓嘗む/正木ゆう子

現在も稚拙な愛なり氷菓を木の匙に`/磯貝碧蹄館

氷菓互ひに中年の恋ほろにがき/秋元不死男「瘤」

氷菓父母の手子の一心メリイゴウラウンド/石塚友二

氷菓手に屯ろ歩行者天国に/森口慶子「かつらぎ選集」

氷菓さみしいつしか舌に彩のこし/新谷ひろし「砥取山」

タイトルとURLをコピーしました