季語/氷菓(ひょうか)を使った俳句

「氷菓」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「氷菓」について

【表記】氷菓

【読み方】ひょうか

【ローマ字読み】hyoka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・氷菓子(こおりがし:korigashi)

・アイスクリーム(あいすくりーむ:aisukurimu)

・ソフトクリーム(そふとくりーむ:sofutokurimu)

・クリームサンデー(くりーむさんでー:kurimusande)

・シャーベット(しゃーべっと:shabetto)

・小倉アイス(おぐらあいす:oguraaisu)

・小豆アイス(あずきあいす:azukiaisu)

・アイス最中(あいすもなか:aisumonaka)

・アイスキャンデー(あいすきゃんでー:aisukyande)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

氷菓を含む俳句例

秋風の埠頭の隅の氷菓売/小林康治

氷菓舐めては唇の紅補ふ/津田清子

放浪や肘へ氷菓の汁垂れて/飴山實

氷菓砥めては唇の紅補ふ/津田清子

水際のみどりの深き氷菓売/岡本眸

雷門自転車で来る氷菓売/亀澤淑子

川を背にの餌と氷菓売る/武本節子

高熱のうつつに崩す氷菓子/飯田澄江

氷菓売倦めば港の景を見る/山田弘子

夕波の鴎見てをり氷菓売/古賀まり子

夫婦の夜氷菓の中に匙残し/対馬康子

氷菓滴らせ滴せ不死男の忌/高本松栄

氷菓舐む母娘を過ぎし男達/高澤晶子

氷菓舐め暢気妻子の信篤し/清水基吉

季羊忌の氷菓一塊食み零す/尾崎隆則

教へ子に遇ふ浅草の氷菓店/辻恵美子

鳩どつと翔つ平和像氷菓売/酒井鱒吉

色褪せし旗を掲げて氷菓売/目黒智郎

中年や氷菓の赤に舌を染め/米澤弓雄

兄妹の仲よきときの氷菓子/山田弘子

俳句例:21句目~

其の上の病院船は氷菓いろ/高澤良一

月面に人游歩せり氷菓食ぶ/細川加賀

朧夜の宴の氷菓くづし領く/久米正雄

叱る父甘やかす母氷菓舐め/塩川雄三

忌に集ふ座敷ほぐるる氷菓子/佐藤信子

くたびれて坐す江東の氷菓賣/黒田杏子

教へ子にして淑やかに氷菓なめ/森田峠

池の端に店を開きて氷菓売/御林めぐみ

晩婚の友や氷菓をしたたらし/西東三鬼

桂樹下太宰を語る氷菓売り/町田しげき

高浪の白と向きあひ氷菓食ぶ/山田弘子

駅かなし氷菓売声ぎすに似て/羽部洞然

静かに汗す風月堂の氷菓かな/筑紫磐井

氷菓舐め痺れし舌をみせあへり/辻桃子

七宝の匙きらきらと氷菓子/永島理江子

氷菓頒てば真顔幼き郵便夫/石田あき子

氷菓子ほきほき噛みて北す旅/森川暁水

氷菓買ふは欝日の過誤の罰則/鈴木栄子

氷菓子太郎と花子の顔になり/松山足羽

氷菓買えと孫の奥の手泣威し/高澤良一

俳句例:41句目~

陽の裏で黒猫を飼う氷菓店/奥山甲子男

氷菓売る老婆に海は無き如し/右城暮石

車窓伊吹氷菓のごとく遠ざかる/渋谷道

船待ちの氷菓買ふ壱岐対馬弁/脇本星浪

川照りへ氷菓の棒を捨てにけり/辻桃子

彼岸会の氷菓正体なくなりぬ/横山白虹

身の上を語るに氷菓とけやすし/塩崎緑

熊野路や屋根に石置く氷菓店/北野民夫

氷菓買う異国の銀貨数へつつ/田中南耕

扮飾が多くて氷菓冷たくなし/内藤吐天

故障車を修せる艸に氷菓買ふ/宮武寒々

赤穂城出でしところに氷菓売る/田中英子

遺影の前食べつつ氷菓尖りくる/友岡子郷

ゆつくりと旅の終りの氷菓食ぶ/西村和子

食べ終へし氷菓の匙に残れる日/福原桂子

一本の氷菓に野の気どつと寄す/栗生純夫

卓上に浮かぶは毬藻/氷菓食む/今本明代

句にならぬ女来て食ふ氷菓子/苔青庵白桃

咎やわが氷菓に見せる赤い舌/野間口千佳

喉元をするり氷菓とセレナーデ/有馬英子

俳句例:61句目~

奥美濃の眉濃き子らよ氷菓舐め/桜井幹郎

嬰に妻をとられし夜の氷菓かな/野中亮介

手つかずの氷菓とけゆく長電話/藤村礼子

楽はいまセロの主奏や氷菓子/松尾いはほ

氷菓吻ふ長谷の宿女は眉描ける/宮武寒々

氷菓ごときに突出す舌の力かな/三橋敏雄

氷菓の峯凹ます少女の堅き舌端/内藤吐天

氷菓子とぶやうに売れ爆心地/石崎多寿子

男爵夫人の接吻にとろけ氷菓子/筑紫磐井

氷菓舐める舌をたくみに操りて/内藤吐天

氷菓買ふ通りすがりのよろず店/太田常子

氷菓食べをはれば銀杏無尽の葉/友岡子郷

父祖哀し氷菓に染みし舌出せば/永田耕衣

百姓の手に手に氷菓したたれり/右城暮石

美しき氷菓を崩すこと惜しく/今井千鶴子

氷菓工場出でても工女白づくめ/野澤節子

若者の恋の氷菓の溶けやすし/小俣由とり

誠実に氷菓を痩せさせるあなた/櫂未知子

つばめ巣にもどり氷菓の函にも灯/友岡子郷

どのベンチにも至近距離氷菓売/山崎みのる

俳句例:81句目~

アメリカの銀貨はじめて氷菓買ふ/星野立子

日雇ひ等氷菓子買ひ居り列なさず/岩田昌寿

氷菓くふ離婚の沙汰もなき夫と/赤松ケイ子

青木ヶ原抜け来てほつと氷菓食ぶ/古杉長子

無職なり氷菓溶くるを見てゐたり/真鍋呉夫

炎えそうな海のテーブル脆い氷菓/伊丹公子

熱の子の氷菓舐めつつほゝゑめり/工藤順子

氷菓溶くるにまかせ愉しく同情す/油布五線

武家屋敷氷菓を舐めて見てまはる/塩川雄三

氷菓食ふ父の嫌ひしアメリカに/鈴木しげを

赫き阿蘇の裾の車窓に氷菓とかす/小林康治

氷菓一盞銀河くぐりて信濃に着く/宮坂静生

空を見てゐるみちのくの氷菓売/米島艸一路

沖に船氷菓舐め取る舌の先/西東三鬼「変身」

忘るべきを忘れ冷房に融けゆく氷菓/内藤吐天

きれいに手洗ひし子より氷菓やる/谷口まち子

氷菓食ぶことばつんではくづしては/加藤耕子

水脈を見てフェリー船尾に氷菓舐む/高澤良一

氷菓溶け気味テレビに緊迫する地球/花田春兆

ヘップバーンの座せし石段氷菓食ぶ/藤井吉道

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ