季語/青瓢(あおふくべ)を使った俳句

「青瓢」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青瓢」について

【表記】青瓢

【読み方】あおふくべ

【ローマ字読み】aofukube

子季語・関連季語・傍題・類語など

・瓢(ふくべ:fukube)

・ひさご(ひさご:hisago)

・瓢箪(ひょうたん:hyotan)

・青瓢箪(あおびょうたん:aobyotan)

・百生り(ひゃくなり:hyakunari)

・千生り(せんなり:sennari)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

青瓢を含む俳句例

瓢成て入り七合や今年酒/純

歎けとて瓢ぞ残る垣の霜/素堂

水音や川添垣の青瓢/藤野古白

出初を祝うて叩く瓢かな/一茶

ピアノ連弾大小の瓢箪生る/林翔

青瓢ぶら~病の秋久し/尾崎紅葉

島住みや長く短かく青瓢/辻桃子

我頭程の瓢を作り見ん/寺田寅彦

颱風に傾くままや瓢垣/杉田久女

尻据ゑし厠の屋根の瓢かな/青嵐

瓢箪の老美しく耳遠し/古舘曹人

瓢箪の尻に集まる雨雫/棚山波朗

瓢箪や青葉につなぐ牧の駒/丸露

瓢箪にしみさす迄や秋の雨/成美

病よき妻ゆゑ眩し青瓢/成田千空

口を切る瓢や禅のかの刀/炭太祇

百生や蔓一すじの心より/千代尼

狐雨すぎし雫や青ふくべ/辻桃子

日の影の石にこぼるる瓢かな/巴人

昼寝して顔のかなしき青瓢/森澄雄

俳句例:21句目~

蔓長に下がる瓢や初嵐/岡本癖三酔

ポン~と瓢の音や寒念仏/河野静雲

瓢箪は瓢箪となる妻が畑/山口青邨

風の腰裾えて太りぬ青瓢/武田敬子

青瓢つつき解決まだ先に/浅野明子

一陽を出て走るや瓢の駒/松岡青蘿

世は口切瓢箪空し野人が軒調/枕子

瓢の実を貰ひて縁生れけり/星野椿

妻の持つ我が恋文や青瓢/小川軽舟

青嵐瓢に酒鳴る別れかな/幸田露伴

その古き瓢箪みせよ鉢たたき/去来

代々の瓢作りや瓢右衛門/岡田燕子

それ~の形決りし青瓢/十万南夫子

青く重き瓢手にあり木曾の果/林翔

庭せまき酒屋の裏の瓢哉/鈴木杏村

空也忌やうやうやしげに古瓢/蝶夢

雨雲の奥より日ざし瓢棚/山口恭徳

病ひよき妻ゆゑ眩し青瓢/成田千空

形よき瓢を種に残しけり/柿本英二

瓢箪や婆の三人の一人消え/岸田稚

俳句例:41句目~

父の世も空へ立てけり瓢竹/上村占

潮臭き軒に瓢を吊るしあり/仙田洋子

瓢として尊き秋日一つかな/飯田蛇笏

瓢の実につく波音のしらべかな/原裕

行く秋の声も出づるや瓢から/千代尼

瓢亭の茄子汁の香も秋近し/中川四明

瓢棚下蔭に秋を覚へたり/岡本癖三酔

瓢棚火だね絶やさぬ母なりし/上村占

だんだんに五十五才へ青瓢/斉藤夏風

瓢棚真下に瀬音ありにけり/樋口桂紅

瓢箪に興ず亭主の顔が見え/高澤良一

瓢箪の大炭取の運ばるる/杉山喜代子

瓢箪も亦やられけり根切虫/高松喜山

秋翳に一瓢の酒酌みゐたり/今泉貞鳳

蝿打ちに馴るる雀の子飼ひかな/河瓢

ものひとつ瓢は軽き我が世かな/芭蕉

赤蜻蛉のせて流るゝ瓢かな/寺田寅彦

青瓢うつくしき声立ちにけり/原田喬

われになき重心もてり青瓢/平野謹三

ワルツ止み瓢箪光る黴の家/西東三鬼

俳句例:61句目~

青瓢をめでて賢しき女かな/飯田蛇笏

一瓢に酔ふや出初の鉢叩/名和三幹竹

青瓢成らせて子無き老夫婦/武田光子

九十九を他所に持たる瓢かな/千代尼

井月の瓢は何処へ暮の秋/芥川龍之介

人ありて琵琶にや作る長瓢/松岡青蘿

餉のあとの顔ゆるびをり青瓢/森澄雄

子ふくべの微風頼みに老患者/岸田稚

剃刀あてて数へてゐたる青瓢/森澄雄

青ふくべ容さだまり懐胎す/長谷川双

夕顔や秋はいろいろの瓢哉/松尾芭蕉

庵に在りて風瓢々の夏衣/河東碧梧桐

日ざらしの石にひとつや瓢虫/中田剛

晩涼やうぶ毛生えたる長瓢/杉田久女

月の客瓢を舟とするはなし/田中裕明

気に染まぬ聟つまはじく瓢/尾崎紅葉

池籬や瓢すがるる蔓はなれ/飯田蛇笏

瓢棚母屋の古井晒しけり/長谷川零餘子

耳遠き僧へ手真似や青ふくべ/羽部洞然

いと小さき瓢も形とゝのへし/佐藤一村

俳句例:81句目~

愛されず青瓢箪のくびれかな/大畠新草

瓢箪の出来の話も残暑かな/松本たかし

しぶしぶと瓢になりし形かな/浜田波静

忘恩やくびれの足らぬ青瓢/服部百合子

にんげんをこわす音して青瓢/栗林千津

赤きもの見えて瓢の手もそこに/上村占

酔ふて後枕にすこの瓢かな/大須賀乙字

官を辞して大なる瓢を愛す哉/寺田寅彦

量を以て形補ふやこの瓢/菅原師竹句集

形よき瓢もとめて仰ぎ寄る/軽部烏頭子

露けさやうぶ毛生えたる繭瓢/杉田久女

ゆさぶれば念なう音す瓢かな/高桑化羊

露の蟻瓢の肩をのぼりけり/阿波野青畝

中年や風の瓢のごときもの/大木あまり

青瓢ふらりと教師立ち寄れり/益永孝元

作務僧の石に腰して瓢鳴らす/松本弘孝

吐せども酒まだ濁る瓢かな/河東碧梧桐

大風に三尺瓢箪まかり出る/本多やすな

瓢の実のかろ~と枯色をなし/高木晴子

瓢箪の水の粉ちらす別れかな/内藤丈草

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ