季語/連雀(れんじゃく)を使った俳句

「連雀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「連雀」について

【表記】連雀

【読み方】れんじゃく

【ローマ字読み】renjaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・緋連雀(ひれんじゃく:hirenjaku)

・黄連雀(きれんじゃく:kirenjaku)

・ほや鳥(ほやどり:hoyadori)

季節による分類

・「れ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

連雀を含む俳句例

連雀やひとりしだるゝ松の中/蓼太

あわあわと命連れ立つ緋連雀/安田笙

恵那山は雲被て深し緋連雀/皆川盤水

緋連雀死亡通知が舞ひ戻る/塚本邦雄

連雀の振り向き様を日の麗/吉田素糸

雪林の朝日を浴びに緋連雀/堀口星眠

山の子の風聴き分けぬ黄連雀/中西夕紀

死の十日あとの空より緋連雀/友岡子郷

緋連雀あさきねむりの縁をとぶ/渋谷道

緋連雀冠毛立てて群れ下りし/原田浜人

行人とありまぼろしの緋連雀/鈴木修一

連雀や手漉紙干す明るさに/高橋伸張子

連雀を遠くとらへてまどろめる/斎藤玄

緋連雀きのうのことはみな忘れ/宮崎重作

締めやすき形見の帯や黄連雀/水野真由美

黄連雀一羽こぼれて収まりぬ/永田耕一郎

緋連雀一斉に立つてもれもなし/阿波野青畝

連雀のこゑをかたへに老ざくら/きくちつねこ

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ