季語/銀杏落葉(いちょうおちば)を使った俳句

「銀杏落葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「銀杏落葉」について

【表記】銀杏落葉

【読み方】いちょうおちば

【ローマ字読み】ichoochiba

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「い」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

銀杏落葉を含む俳句例

はら~と銀杏落葉の日南哉/村上黍月

美しき銀杏落葉も道すがら/星野立子

一色に大樹の銀杏落葉かな/小澤碧童

町中に城の銀杏の落葉かな/渋川玄耳

御玄豕も過ぎて銀杏の落葉かな/李由

美しき銀杏落葉を仰ぐのみ/星野立子

松ケ枝の銀杏落葉や庭の冬/松藤夏山

銀杏落葉人が拾へば我も亦/松藤夏山

隣る木もなくて銀杏の落葉かな/道彦

その墓へ銀杏落葉の道しるべ/吉屋信子

伝教の植ゑし銀杏の落葉踏む/大場去聖

御手洗に沈む銀杏の落葉かな/会津八一

枯葉朽葉中に銀杏の落葉かな/子規句集

行秋を一尺の銀杏落葉かな/島村元句集

道幅の銀杏落葉でありにけり/稲畑汀子

銀杏落葉城の裏道明るうす/池田三斗史

銀杏落葉桜落葉や居を移す/芥川龍之介

銀杏落葉祈りの量と思ひつつ/金田咲子

わが子出て銀杏落葉を拾へかし/後藤夜半

公務員銀杏落葉を踏みしめゆく/高澤良一

俳句例:21句目~

銀杏落葉つもり~て平らかに/佐野青陽人

敷きっめし銀杏落葉の上に道/池内たけし

榧の木のあびける銀杏落葉かな/金田眸花

百年の銀杏落葉の日もすがら/杉山三知子

銀杏落葉河を越えたる一/二葉/井上梵天

花の如く銀杏落葉を集め持ち/波多野爽波

鳩立つや銀杏落葉をふりかぶり/高浜虚子

銀杏落葉掃かれつ照りつ押し移る/渡邊水巴

銀杏落葉まぶしく人に添ひ立ちぬ/木下夕爾

銀杏落葉もつとも高きより降れり/黒木野雨

銀杏落葉相似衆人の生活如何に/中村草田男

銀杏落葉してゐる溝のつゞきけり/高木晴子

蹴ちらしてまばゆき銀杏落葉かな/鈴木花蓑

銀杏落葉大きく掃いて小さく掃く/加倉井秋を

銀杏落葉拾ひためる子を待つてをり/原田種茅

蕎麦打つを待つ間の銀杏落葉かな/藤原たかを

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ