季語/葭簀(よしず)を使った俳句

「葭簀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葭簀」について

【表記】葭簀

【読み方】よしず

【ローマ字読み】yoshizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・葭簀茶屋(よしずぢゃや:yoshizujaya)

・葭簀張(よしずばり:yoshizubari)

季節による分類

・「よ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

葭簀を含む俳句例

客稀に葭簀繕ふ茶屋主/高浜虚子

新薯に葭簀立てたり南風/島田青峰

一夏を立てし葭簀の裏表/奥谷郁代

地の腮ばかりの葭簀かな/綾部仁喜

地の鰓の張れる葭簀かな/綾部仁喜

抱かれて葭簀の影を顔の上/辻桃子

鰺さばく葭簀の下を水流れ/藺草慶子

洗鯉に落つる葭簀の塵不問/高浜虚子

かたくなに長袖通す葭簀編/能村研三

葭簀越し売る山の物川の物/嶋田義久

御本殿国宝とある葭簀かな/茨木和生

葭簀して囲ふ流れや冷し瓜/正岡子規

まだ誰も憩はず海の葭簀張/山口誓子

葭簀小屋犬が筋斗うち戯れ/下村槐太

戸口まで湖を湛えて葭簀/赤尾冨美子

葭簀透く灯の縞墓へ鳴く蛙/福田蓼汀

朝の海葭簀に青き縞なせり/内藤吐天

誰もゐぬ月の光の葭簀小屋/長谷川櫂

屋の夕べは巻きて葭簀丈/蓬田紀枝子

あをあをと日本海や葭簀茶屋/鈴木康永

俳句例:21句目~

白牡丹葭簀の影のあきらかに/長谷川櫂

くるくると三回廻し葭簀解く/上野章子

短夜や葭簀洩る灯の起きてをり/風三楼

縁台を重ね掃きをり葭簀茶屋/高浜虚子

一樹無く葭簀を張りし庭の宙/下村槐太

七本立だるま控えぬ葭簀張り/高澤良一

葭簀売御油/赤坂を風伴れて/田中英子

葭簀まいて川風いれよ新座敷/小林康治

入りたる葭簀の店の暗きこと/高浜知子

夕浪の無情に高き葭簀小屋/百合山羽公

巻き立てし葭簀の丈や祭あと/石田勝彦

葭簀ごし月のさしゐる鯉の水/木村蕪城

葭簀茶屋海風に朝の火を起す/内藤吐天

葭簀編む葭の長さを行き戻り/北川英子

脱衣する葭簀の中の砂深し/橋本美代子

秋近き日の透き易き葭簀かな/小杉余子

二番子の育ちし朝も葭簀編む/伊藤いと子

仰向けにライオン眠る葭簀張り/右城暮石

弁当に葭簀はちりを落すなり/楠目橙黄子

掛茶屋の葭簀の隙の梅雨の海/松根東洋城

俳句例:41句目~

水着脱ぐ葭簀はをとめらに短し/岸風三樓

泥鰌屋を漏る水黒き葭簀かな/百合山羽公

葭簀かげ縞を背負ひて去りにけり/上野泰

葭簀してこの世の雫あつめいる/岡本政雄

瀬田の雨葭簀をすきて五月かな/飯田蛇笏

葭簀張りなにやら疎遠めく思ひ/新津静香

葭簀茶屋かたまるところ峠口/荒川あつし

うちそとに電球を吊る葭簀かな/藺草慶子

立て込みし客に葭簀の倒れ来し/小川苔子

貴船茶屋屋根も屏風もみな葭簀/岩崎三栄

しんかんと空の蒼さよ葭簀茶屋/山口誓子

御祭風吹く葭簀の宮を仮に建て/佐々木六戈

影となりて茶屋の葭簀の中にをる/山口誓子

葭簀より踏み出て影となりにけり/綾部仁喜

葭簀越し近づく雨の匂ひかな/田口三千代子

真つ青の海を引き寄せ葭簀茶屋/森下まゆみ

村役場葭簀を立てゝ事務を執る/佐々木美乎

恋をせぬ顔のやつるる葭簀かな/大木あまり

葭簀茶屋矮鶏かたまつて走りけり/樋口桂紅

浄瑠璃の書きビラかゝり葭簀茶屋/山中一土子

俳句例:61句目~

葭簀越しに運河が匂ふかなしけれ/加倉井秋を

通るときいつも急きをる葭簀かな/加倉井秋を

葭簀屋根して日をこぼす露天風呂/松沢佐多子

鮓手ン手に葭簀喰み出て工夫達/竹下しづの女

さしかけの葭簀うれしき端居かな/久保田万太郎

葭簀あむ槌にもなれし小てふ哉/一茶/文化元年甲子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ