季語/甘藍(かんらん)を使った俳句

「甘藍」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「甘藍」について

【表記】甘藍

【読み方】かんらん

【ローマ字読み】kanran

子季語・関連季語・傍題・類語など

・キャベツ(きゃべつ:kyabetsu)

・玉菜(たまな:tamana)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

甘藍を含む俳句例

七日喪の霜の甘藍呟きぬ/岸田稚

鳥交る甘藍渦を巻返し/広瀬とし

初市へ農夫甘藍光らせて/森水仙

甘藍の畑に犬の顔高し/岸本尚毅

雷や蒼々として大玉菜/楠目橙黄子

女優ゆき甘藍畠いろ強き/下村槐太

甘藍の縦断面に瞠目す/相生垣瓜人

八荒の畑を甘藍めくれ飛び/森田峠

青嵐甘藍ゆらぐとも見えず/林原耒井

夕映の甘藍蝶を去らしめず/木下夕爾

甘藍の渦の真上の月の出よ/中村千絵

月の下千々に蝕む玉菜かな/林原耒井

甘藍をだく夕焼の背を愛す/飯田龍太

初霜や甘藍緊まり極まれば/林原耒井

甘藍の渦まくちから潤ふ日/成田千空

甘藍にてんと虫飛べり巴里祭/安住敦

時鳥野に甘藍の渦みだれ/水原秋櫻子

温室をかこむキャベツの畠かな/篠原

甘藍の玉巻くまへの青さかな/佐川広治

甘藍や潟のいづこも波照りて/川口哲郎

俳句例:21句目~

甘藍をひらいて見れば星の修羅/杉田桂

切売のキャベツ銅婚麗らかに/斉藤夏風

病者には千切キャベツ針の触/辻田克巳

郭公鳴き甘藍の玉昏れなやむ/木下夕爾

雲まぶし甘藍出荷せし野なり/木村蕪城

収穫すキャベツ白磁に蔬菜籠/飯田蛇笏

露ながら玉菜かゝへて童子哉/中川宋淵

夏キャベツ盛り沢山に勝烈庵/高澤良一

学守るスト校庭一隅玉菜巻き/川口重美

晴耕の夫抱へくる大キャベツ/河本好恵

梅雨しぶく獄の菜園玉菜肥ゆ/森川暁水

キャベツ畑鬱然たるは雲過ぎをり/林翔

母となる日へ甘藍の巻き太る/田中菅女

嬬恋に玉菜すすぎの雨いたる/田中忠男

甘藍に影なす妻の立てるなり/杉山岳陽

甘藍のきざまれし嵩否定せじ/下村槐太

甘藍の一片をさへあますなし/加藤楸邨

甘藍の玉つきそめて郭公啼く/飯田蛇笏

甘藍の玉むすばるや蝶くるひ/飯田蛇笏

休暇果おのが頭ほどの玉菜軽し/香西照雄

俳句例:41句目~

裸涼みキャベツ畑は「青海波」/香西照雄

甘藍が敢て結ばぬことをする/相生垣瓜人

菅平しか知らぬ母キャベツ取る/三輪浅茅

若者の汗が肥料やキャベツ巻く/西東三鬼

巻き急ぐ甘藍母として生きむ/石田あき子

累々たる焼跡の甘藍はやあらず/石田波郷

秋冷の嬬恋キャベツ老が漬け/古賀まり子

満載のキャベツ嬬恋村を出る/秋山ふみよ

キャベツ切る音の軽さも新婚か/橋本榮治

甘藍を胸にかゝへて山羊つれて/西島麦南

玉巻きし甘藍の上の怒濤かな/竹内/二峰

甘藍を抱き来るは妻にあらずや/杉山岳陽

甘藍の剥がるゝいのち光りけり/林原耒井

雷の下キャベツ抱きて走り出す/石田波郷

鉄扉開けば甘藍ずらり玉結ぶ/八木三日女

重き白装キャベツ畑に霧を撒く/大高弘達

甘藍の珠くもるなり霧のあと/藤原たかを

ルルド道甘藍畑もかがやけり/下村かよ子

農婦若し抱きし甘藍きしませつ/細谷鳩舎

五月雨や玉菜買ひ去る人暗し/芥川龍之介

俳句例:61句目~

キャベツむき女の部屋は厨なり/八牧美喜子

真二つに切りてキャベツの朝の冷/丹羽啓子

きりきりと甘藍は頭を白め巻く/八木林之介

脱衣場のごとく荒れ甘藍畑了る/田川飛旅子

すこやかな固さに五月玉菜なり/上田五千石

病む犬の好むキャベツを刻みけり/沼尻ふく

大寺を囲みてすべてキャベツ畑/小寺美佐子

霧去つて玉菜れいろうと月に在り/林原耒井

キャベツ切口真白層なし颱風来/小檜山繁子

キャベツ大盛りはしばしに街眠る/伊東達夫

風邪抜けず大脳形のキャベツ剥ぐ/品川鈴子

トタン棲み玉菜の霜葉ギシギシと/香西照雄

包むものばかりの玉菜吾子は亡し/香西照雄

受験子の夕餉のキャベツ大盛りに/館岡沙緻

甘藍もつややかに夏立ちにけり/相生垣瓜人

春昼やキャベツ一枚づつ剥がし/鈴木真砂女

女の胸擁くは甘藍つめたからむ/軽部烏頭子

かゝなべてキャベツ玉巻く春は老ゆ/石塚友二

さみどりのいまはましろくキャベツ剥く/篠原

キャベツに怖る畸形の頭蓋原爆忌/川辺きぬ子

俳句例:81句目~

キャベツの如く頭腐らせ待ちぼうけ/西口昌伸

白鳥の翅もぐごとくキャベツもぐ/能村登四郎

新樹夜冷キャベツも小脇に透る冷え/古沢太穂

甘藍やどこかでもかたつむりうまれ/下村槐太

芽キャベツが転がるまたも点呼する/二村典子

厨初夏きちきち剥がすキャベツの葉/西島麦南

玉菜の芯から微かな鶏鳴広漠たり/中村草田男

朝霧へ常にほのめき捲くキャベツ/加藤知世子

キャベツ買へり団地の妊婦三人来て/草間時彦

キャベツ買う月は今夜もぺちゃんこ/天野素子

父母なる日月甘藍は肥ゆ内側より/磯貝碧蹄館

高原の日近く巻きし大キャベツ/長谷川かな女

貧厨にどかとキャベツを裾ゑにけり/菖蒲あや

ひたすらに日と露を巻く玉菜かな/阿部みどり女

山の子に星もキャベツも蹴れとばかり/篠田悦子

厨楽し泣くキャベツ押しつけて刻む/田川飛旅子

キャベツ抱き行けばうたへる春の川/柴田白葉女

主婦の手提にキャベツと雑誌湿りあふ/津田清子

いてふ日に葉ふるへど玉菜巻かぬなり/林原耒井

河童絶えし村よりキャベツ蹴り上げる/松本勇二

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ