季語/種蒔(たねまき)を使った俳句

「種蒔」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「種蒔」について

【表記】種蒔

【読み方】たねまき

【ローマ字読み】tanemaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・種おろし(たねおろし:taneoroshi)

・すじ蒔(すじまき:sujimaki)

・種蒔桜(たねまきざくら:tanemakizakura)

・種蒔おっこ(たねまきおっこ:tanemakiokko)

・籾蒔く(もみまく:momimaku)

・籾おろす(もみおろす:momiorosu)

・斎種まく(ゆだねまく:yudanemaku)

季節による分類

・「た」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

種蒔を含む俳句例

古河の流を引つ種おろし/蕪村

種蒔や万古ゆるがず榛名山/鬼城

籾蒔きや鼠もぬるる神の雨/才麿

うら道や草の上まで種を蒔く/一茶

毎日が日曜花の種を蒔く/相原利生

きらきらと輝く種を蒔にけり/立子

耳痩せし種蒔兎畑に人/中戸川朝人

種を蒔き水平線は水浸し/北川邦陽

種蒔もよしや十日の雨ののち/蕪村

種蒔ける者の足あと洽しや/草田男

種蒔けば天をかぎりの夕焼ぞ/林火

種蒔いて幾日雨なき春旱/菅原師竹

空に蒔く種もあるべし種物屋/大串章

種袋蒔く前夜まで書に挾む/桜井博道

種蒔や萬古ゆるがず榛名山/村上鬼城

秋蒔の種を揃へて雨を待つ/神谷み鶴

四月蒔く種と暦の示すあり/石川桂郎

種蒔ざくら紅尽くし滝激す/野沢節子

夕土も種も無明と思ひ蒔く/皆吉爽雨

種蒔や髭たくはへて小百姓/橋本鶏二

俳句例:21句目~

種蒔くや大地に曲る妻の胴/澤木欣一

遠くにも種蒔く拳閉じ開く/西東三鬼

逞しき噴煙のもと種を蒔く/相馬遷子

杣が蒔きし種な損ねそ月の風/原石鼎

山国と野の国接し種を蒔く/和田悟朗

山姥の笑ひの残る種を蒔く/西野理郎

種蒔の思ひどほりの長き畝/斉藤夏風

種蒔に朝餉の迎へ来りけり/皆川白陀

忘れゐし花の種慌しく蒔けり/瀧春一

花言葉一途に信じ種蒔くも/藤内しづ

籾蒔いて田に胸映る白い山/和知喜八

火の島の日輪一つ種を蒔く/脇本星浪

指ほどの佛欲しやと種蒔けり/辻桃子

種蒔に大乳房揺れて人の母/中山純子

指先を流るゝ如し種を蒔く/野村泊月

朝顔の種蒔く臍を下にして/高澤良一

水鳥の帰ていづこ種おろし/加舎白雄

雑草の種蒔く終の栖家にて/永田耕衣

昼顔や種も蒔かれぬ八重葎/尾崎紅葉

景品の朝顔の種蒔いてみる/芦川巣洲

俳句例:41句目~

種蒔くや雪の立山神ながら/本田一杉

種嚢縁に並べて蒔きにけり/高浜虚子

腰まがり母の手低し種を蒔く/小林澄子

芒種なり水盤に粟蒔くとせむ/草間時彦

芥子の種蒔く山中の薬舗かな/富永眉月

花言葉好きな言葉の種を蒔く/関千恵子

試し蒔く種のもの秕ふ鶏頭風/内田百間

谷戸深く蒔く一握の花の種/加倉井秋を

黒い種蒔く胸中のみずたまり/寺井谷子

まけよ蒔け仏の種も彼岸から/上島鬼貫

一人来て種蒔くまでの畦往来/高野素十

子らの皆東京へ出し種おろし/太田土男

八ケ岳一望にして種を蒔く/青柳志解樹

一路なる白毫寺村籾おろす/赤松けい子

籾おろす拳をりをり嘴のさま/皆吉爽雨

七滝の末の水にて籾蒔ける/百合山羽公

籾蒔のすみしばかりの水の塵/高濱年尾

天が下孤独に堪へて種蒔ける/小林鹿郎

太陽に拳が生えて種蒔けり/小内春邑子

籾蒔の腕一ぱいに箕を抱けり/高濱年尾

俳句例:61句目~

静なる一歩より籾蒔きはじむ/安藤草々

庭に出て物種蒔くや病み上り/正岡子規

弱震は火の山便り種を蒔く/百合山羽公

指先にこころをあつめ種を蒔く/上村占

日焼の手種蒔くごとく投票す/奈良文夫

朝顔の怒り詰まりし種を蒔く/森田智子

朝顔の種を蒔きくれ看とりくれ/下文彦

種すこし蒔き春眠に繋がりし/齋藤愼爾

種を蒔き種が呼びあう夜の稿/寺田京子

種を蒔く人のうしろの地平線/美馬風史

種を蒔く僧のありけり東大寺/角川春樹

種箱の絲瓜拾うて蒔きにけり/河野静雲

種蒔いて黒土にいのち弾む日よ/三谷昭

種蒔くや先づ神の座に一抛り/桜井土音

種蒔くや半農教師腰およぐ/能村登四郎

甲斐駒の稜線ゆるび種おろし/渡辺立男

朝顔の種蒔かねばと思ひつつ/片山由美子

けぶりほど母の形見の種蒔けり/伊藤白潮

指の腹にてひねり蒔く花の種/青柳志解樹

てのひらにかぞへて花の種を蒔く/長田等

俳句例:81句目~

下総の風の手ごはき種おろし/片山由美子

種蒔くやもろく鋤かるゝ土二寸/小杉余子

鶏頭の利発の種を蒔きこぼす/上田五千石

苗代に種蒔くしじま世に残る/殿村莵絲子

鴉来て木曾の種蒔を暗くせり/加藤知世子

指さすがごとく種蒔く農婦かな/山口誓子

茄子の種紫ならず蒔きにけり/今井千鶴子

大いなる手をひらいては種を蒔く/多佳子

蒔き了へて明日の雨待つ花の種/小林敬直

髪くろき祖母にして母種を蒔く/野澤節子

蒔いてをり何の種かと跼みきく/星野立子

種蒔や斯し斯生くも二児がため/石塚友二

種蒔や祖先の恩地無二の畑/安斎桜カイ子

白の指日に負けて種を蒔く/阿部みどり女

雁木ふかく暗き秋蒔種もの屋/篠田悌二郎

畝生きて走るが如し種蒔けば/東洋城千句

蒔きし種こぼれし種もその中に/稲畑汀子

炭斗のごときものより種蒔ける/後藤夜半

胸高くはきしもんぺや種を蒔く/橋本鶏二

種蒔くや土の温みを手に計り/間宮あや子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ