季語/五日(いつか)を使った俳句

「五日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「五日」について

【表記】五日

【読み方】いつか

【ローマ字読み】itsuka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・牛日(ぎゅうじつ:gyujitsu)

季節による分類

・「い」で始まる新年の季語

・「新年の時候」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

五日を含む俳句例

山始五日遊べば脚弱り/檜尾時夫

五日はや働着なり夕みぞれ/及川貞

食積に覆ひし布も五日ごろ/原石鼎

小湊や五日の磯のうつせ貝/石塚友二

貝塚に吾等五日の声こぼす/岡井省二

五日まだ賀状整理に更くる妻/水島濤子

入浴の許可畏みて五日かな/八木林之助

水仙にかかる埃も五日かな/松本たかし

きらめける藪美しき五日かな/今井つる女

五日かななめらかにまた速かに/石塚友二

数の子の味濃くなりし五日かな/竹内千花

松籟の不断といへど五日かな/篠田悌二郎

何時となく常に戻りて五日かな/和田うた江

御所出でてうたふ通り名五日なり/大東晶子

濡れ和紙の無垢が吸ひゐる五日の陽/菅井青宵

一月五日は佛の日である/すいせん/荻原井泉水