季語/枯蘆(かれあし)を使った俳句

「枯蘆」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枯蘆」について

【表記】枯蘆

【読み方】かれあし

【ローマ字読み】kareashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蘆の枯葉(あしのかれは:ashinokareha)

・枯蘆原(かれあしわら:kareashiwara)

・寒蘆(かんろ:kanro_)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

枯蘆を含む俳句例

湖や枯葦に降る白き雪/裕

枯蘆の茫々と艶雪解川/欣一

枯蘆に傾城町の夕日哉/百里

枯蘆や低う鳥たつ水の上/麦水

枯芦や低う鳥たつ水の上/麦水

枯蘆に沓や残して池の鴨/乙由

枯蘆の墨絵に似たる雀哉/荊花

枯蘆に鶴の脛そふ洲崎哉/猶存

枯蘆や起て戦ふ一しぐれ/淡々

枯蘆や朝日に氷る鮠の顔/惟然

枯蘆の穂は獣毛と異ならず/誓子

枯蘆や名をかき寄る潮頭/東潮/

枯蘆や同じ処に捨小舟/正岡子規

枯蘆やうす雪とぢし水の中/木歩

枯芦や難波入江のささら波/鬼貫

枯蘆に蠣殻捨てし漁村かな/青嵐

枯蘆の麁相にあける月夜哉/乙二

浮寝鴨薄眼入日の金枯葦/桂信子

枯蘆を手かゝりにして氷哉/北枝

枯蘆を刈りて洲崎の廓かな/子規

俳句例:21句目~

枯芦や渡良瀬川は風の川/岸田稚

枯芦に大阪沈む煙かな/橙黄子/

枯蘆や難波入江のさゝら波/鬼貫

枯蘆に逆潮迅き藤戸川/上杉緑鋒

太陽へ枯芦をたつ大鴉/佐野美智

対岸の枯蘆までは道狭く/星野椿

枯葦の茫々と艶雪解川/澤木欣一

枯蘆やしるべして行く雨の声/暁台

枯芦に一句捻るか白鷺は/高澤良一

枯蘆の折レ葉ひとつに入帆哉/一晶

枯蘆の中にごそつく蛙哉/正岡子規

枯蘆や夕を浪の尖りつゝ/野村喜舟

枯蘆や夜々に折れ込む鴨の上/素丸

枯蘆や朽ち盡したる澪標/寺田寅彦

正月の多摩の枯芦雅やか/細見綾子

海道や蘆枯川をしば~に/尾崎迷堂

枯芦に火を放ちたり渡守/角田竹冷

刈りすゝみゆき枯芦に囲まるる/稚

芦枯れてより川波の荒々し/樋笠文

葦枯れる流れぬ水の端々に/桂信子

俳句例:41句目~

枯芦に越流堤の風尖る/町田しげき

蘆枯れて水流は真中急ぎをり/澄雄

枯蘆のはて銀婚の影落す/古舘曹人

枯芦の一本づつのちがふ声/長田等

枯蘆の吹き凹みたる葎かな/上村占

枯芦の一本づつの日暮かな/岸田稚

大沼の島に紅葉と枯葭と/高木晴子

蜘蛛走る枯葦中の水溜り/松村蒼石

風うけて蘆の枯葉や流れ行く/立子

枯葦の水の中なる葉のみどり/拓夫

枯芦の中の水路も海の色/北澤瑞史

枯芦の中淋しめば空仰ぐ/山田弘子

枯葭の隔つ荒磯と麦畑と/高濱年尾

枯芦の日に呟くを俳言と/高澤良一

枯芦の空の海あるさま/栗林一石路

枯芦の音聞いて来し耳飾/佐藤和夫

枯芦の風音通ふ旅寝かな/草間時彦

枯蘆や揖斐の渡舟のなほ存す/帚木

枯芦や野原の中の昼の月/藤野古白

枯葦にひと日平らな空と水/桂信子

俳句例:61句目~

枯蘆におよぶわづかの日を愛す/敦

枯蘆の空の海あるさま/栗林一石路

旅は北へ枯芦の風先立てて/山口草堂

枯芦を隔てたる人倉に入る/木村蕪城

枯葦原必死のいろに火を待てり/蒼石

むせぶとも蘆の枯葉の燃しさり/曾良

枯葦や大河は持たぬ川の音/中村明子

枯蘆に娼婦のうたの洩る月夜/瀧春一

枯葦の折れ重なりて蟹の穴/寺田寅彦

三月の枯葦原は遠くうすれ/松村蒼石

枯蘆の天をこぼれて蘆すずめ/辻桃子

枯芦に対す先師に対すごと/高澤良一

枯芦に春風吹けば目高かな/子規句集

枯蘆に岸の椿や隅田ほとり/喜谷六花

枯蘆にしろがねの猫うづくまる/鶏二

枯葦の肥後に海なし湖の色/古舘曹人

枯芦の葉屑浮く水動きをり/高澤良一

夕茜枯芦くらき波まとふ/鷲谷七菜子

枯芦に沼浪荒くなりにけり/松藤夏山

枯芦やうす雪とぢし水の中/富田木歩

俳句例:81句目~

枯芦に男出でたり鶏提げて/宮田正和

己が影枯葦原を移りゆく/斎藤キヌ子

枯葦の沈む沈むと喚びをり/柿本多映

枯葦に舫ひありしは海の船/行方克巳

枯芦の中あたゝかき舟の路/野村泊月

彼岸過ぐ枯葦がうすももいろに/蒼石

枯芦の中に沈めり沈み橋/阿部美津子

枯蘆の中へ~と道のあり/池内たけし

枯蘆の青麦のわが胃は痛み/林原耒井

枯芦の玲瓏と空ばかりかな/村上麓人

枯芦の沈む沈むと喚びをり/柿本多映

枯芦の水路は鮒の通りみち/高澤良一

枯葦の風の形にでんでら野/久保羯鼓

枯芦の根水に夕日映りけり/大谷句佛

枯蘆や浅間ヶ嶽の雪ぐもり/村上鬼城

枯蘆や網を干したる河の岸/寺田寅彦

枯蘆や西日あかるき穂のなびき/碧童

枯蘆に酒のさめゆく俥かな/清原枴童

枯蘆や靡きそろひて相摶たず/ゐの吉

枯芦の中へ~と道のあり/池内たけし

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ