季語/初空(はつぞら)を使った俳句

「初空」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初空」について

【表記】初空

【読み方】はつぞら

【ローマ字読み】hatsuzora

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初御空(はつみそら:hatsumisora)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の天文」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初空を含む俳句例

初空を映す磧や細り水/石鼎

初空や一片の雲燿きて/草城

初深空今年占ふ鷹か鳶か/澄雄

垣の上の舟の舳や初御空/風生

初御空念者いろなる玉椿/龍太

初空と枝に蓑虫かかるのみ/龍男

初空や帯のごとくに離宮道/播水

雪嶺に鷹の流るる初御空/森澄雄

初空や雁の大棹一文字/佐藤国夫

初御空八咫の鴉は東へ/皿井旭川

美しき背山妹山初御空/柴沼忠三

大那智の滝の上なる初御空/泊月

初空や其薄色の三枚着/尾崎紅葉

初空や出の姿して日本橋/泉鏡花

初空や古檜雲吐く峰つづき/露月

初空の色もさめけり人の皃/一茶

初空の薔薇色雀恍惚と/石塚友二

初空の藍と茜と満たしあふ/青邨

初空の行き留りなり上総山/一茶

初空の雲皆山にしづまりぬ/飄亭

俳句例:21句目~

初空は梅しろ~と月夜かな/如風

初御空岬に長き馬の影/石山民谷

初空や船なき海に日の出る/百池

初空や袋も山の笑ひより/千代尼

凍港の歛まる雲や初御空/飯田蛇笏

初空やその薄色の三枚着/尾崎紅葉

初空に一と葉もとめぬ棗の木/呉龍

初み空本阿弥庵の竹の樋/伊藤敬子

初御空はや飛び習ふ伝書鳩/草田男

大山の全容近し初御空/阿波野青畝

子の髪に昼月重ね初御空/野沢節子

弓弦の一箭鳴りし初御空/今泉貞鳳

経蔵に影さす枝や初御空/假家由子

舞ひ上る風船赤き初み空/内田愛子

鳶笛の一管澄める初御空/勝村茂美

初空や心を一に引きもどす/上村占

初空の梢にかかる羽のあり/井上雪

初空の青し地上の雪二尺/渡辺波空

初空や旧居に中華民国旗/下村梅子

初空や昔耶馬台国ありて/阿片瓢郎

俳句例:41句目~

初空や銀一條のあまの川/会津八一

初空や風花松にとどまらず/碧雲居

壁の穴や我初空もうつくしき/一茶

傷一つ翳一つなき初御空/高浜虚子

初空もはや半日や藪騒ぐ/但馬美作

初空やはや漂泊の雲浮かべ/宇咲冬男

初空や武蔵に秩父晴れ渡り/野村喜舟

初空や音なき揺らぎ尾長来て/及川貞

初空に紫紺をつらね夫婦松/佐藤喜俊

大江戸の初空神田囃子かな/渡辺恭子

初空に那智の滝あり入港す/山下青葭

初空や水汲み戻る汽車の釜/中野三允

初空や法身の弥陀に合掌す/大谷句佛

初空の下ふるさとの沼憶ふ/高野素十

初空や大悪人虚子の頭上に/高浜虚子

一機影雲より生れし初御空/小野喬樹

初空をこぼるる雀火の如し/大竹孤悠

初空や雑木の間の雲一片/岡本癖三酔

初空へさし出す獅子の首哉/小林一茶

初御空水辺に近きさざれ巌/赤尾兜子

俳句例:61句目~

初空を夜着の袖から見たりけり/一茶

初空や澪ごつ高く禽ちさき/幸田露伴

初御空どこより何の鈴の音/村沢夏風

初空や烏をのするうしの鞍/服部嵐雪

初空やむかしの砂は海の中/小栗たゑ

初空や一度きりなる鳶の笛/吉田木魂

初空や同色を持し常に新た/香西照雄

初空や地に葉牡丹の濃紫/大谷碧雲居

渡り来る鶴の空あり初御空/坂口幸江

燈臺の古き國旗や初御空/鈴木洋々子

真白さのつくばねうけよ初御空/鷹女

竈火のどろどろ燃えて初御空/原石鼎

紺青を塗りもあまさず初御空/轡田進

白山の初空にしてまさをなり/飴山實

群鳶の舞なめらかに初御空/富安風生

初空や青松白砂ところがら/尾崎迷堂

初空や微光をはなつ八ヶ岳/渡辺立男

鳶の輪のやがて大きく初御空/森重暁

はるばると腸はあり初み空/田村みどり

わが谺かへらぬ祖谷の初御空/伊沢健存

俳句例:81句目~

レーダーに船影あらず初御空/小林三郎

初み空ひとの歩みの映るかな/清水径子

わが年の雲ひとつなき初御空/飯田弘子

初空を鳴きひろげたる鴉かな/井上井月

初御空まなこに青き微風あり/角川春樹

初御空晴雪に飛ばす駒もがな/高田蝶衣

初み空頭蓋のなかも透き通る/福原十王

叡山は京都左京区初御空/佐土井智津子

国興す大き音あり初御空/長谷川かな女

初空や鳥はよし野のかたへ行く/千代尼

未知のもの現れさうな初御空/吉原文音

初空に九頭竜川の鳴りにけり/萩原北荘

初空と黄金いろのナイルかな/下村梅子

初空の戦くや鶴の羽撃つほど/尾崎紅葉

初空は顔洗ふ間のながめかな/井上井月

初空へこころ一枚干しにけり/櫂未知子

初空へなほ伸びゆける樟大樹/稲畑汀子

鴨とぶやゆたにたゆたに初御空/森澄雄

初空へ舞楽の弓を鳴らしけり/澤島郁子

初空やしなびぬれども木守柿/渡邊水巴

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ