季語/十一(じゅういち)を使った俳句

「十一」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「十一」について

【表記】十一

【読み方】じゅういち

【ローマ字読み】juichi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・慈悲心鳥(じひしんちょう:jihishincho)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

十一を含む俳句例

十一面観音菩薩寒埃/松澤昭

十一面稱讃椿赫赫と/中岡毅雄

十一面観音櫻見にゆかん/原裕

沖に日矢十一月の波頭/星野椿

観世音十一面に初嵐/鷹羽狩行

四方に鶯十一面観世音/上野泰

十一月の宮殿の雨の宵/田中裕明

川透きて十一月の桑畑/斎藤道子

尻重き十一月の山の虻/宮坂静生

を焼く十一月の身のまはり/黛執

仏壇へ十一月の山の影/鈴木厚子

十一面観音堂へ麦の秋/矢島渚男

茨の実琥珀十一月終る/山口青邨

十一面観音の腕長き雪/石原八束

十一の声や未明の杉襖/熊岡俊子

母に娘に十一月の花鋏/菅原鬨也

十一月祭京大に櫓建つ/田井洋子

観音に十一面の秋の冷/鈴木まゆ

十一面千手観音朧へ手/松山足羽

十一月焚いて渚に桜榾/岡井省二

俳句例:21句目~

醜松の十一月を水漬ける/齋藤玄

長命寺裏や十一月も尽き/岸田稚

葉蘭より十一月の雨のおと/加藤勝

火に近く十一月の柱かな/森賀まり

山かたち十一月の景色かな/星野椿

灯台に十一月の濤しぶき/伊藤敬子

花石蕗に十一月の始りぬ/高木晴子

巌苔に十一月の水游ぶ/星野麥丘人

投函に十一月の日差す道/高澤良一

しんしんと十一月の瓶の底/大林勉

指輪買ふ十一月の雨色の/武居国子

十一面観音諸子すばやしよ/小澤實

十一面観音にこの花山河/木内彰志

出水禍の十一月も畳なし/近藤一鴻

十一や焼畑うなふ手斧鍬/海野/勲

十一や羽黒の杉の磴険し/皆川盤水

冬ざれや十一匹の猫の床/平井照敏

十一や北壁見ゆる三の沢/桂樟蹊子

十一や坊主地獄へ人の列/渡辺立男

日暮見ぬ十一月の道の辺に/原石鼎

俳句例:41句目~

十一や女人高野の千の磴/小谷延子

事多き十一月のはじまりし/桂信子

十一や甘酒のこる舌の熱/古舘曹人

星空を足音あゆむ十一月/平井照敏

余日なき十一月の予定表/星野立子

信濃全山十一月の月照らす/桂信子

月上る十一月の草の香に/新村写空

草餅の十一臼目誰が搗く/皆川白陀

十一や花背峠は杉の谷/脇本千鶴子

十一鳴く聴禽書屋の文机/佐藤トミ

十一面の一面背く麦の秋/伊藤白潮

夜長人彭々と銀座十一時/清原枴童

十一面の一つ悪相竹煮草/山田凉子

悴みて高虚子先生八十一/高浜虚子

水取の十一人の僧のうち/高野素十

牛減りて十一月の牧となる/森田峠

満願の十一僧に紙衣古る/磯野充伯

炎天や十一歩中放屁七つ/永田耕衣

雲を見て十一月は余り月/手塚美佐

雲ゆくや十一月の大鳥居/猪頭星荘

俳句例:61句目~

雨や降る凡に十一月三日/石塚友二

雨が消す十一月の草の色/大島早苗

水の辺に十一月の青芭蕉/石原舟月

十一月婚約の孫祝しけり/濃野愛子

貌うつす十一月の水の張り/桂信子

宙に日を十一月の楢櫟/星野麦丘人

深吉野の十一月の蕗の薹/茨木和生

街の音十一月も半ば過ぎ/高木晴子

白黒の十一月の映画かな/小原すさ

墨すつて十一月の卓の上/橋本榮治

墨すつて十一月の洛の宿/橋本榮治

あたたかき十一月の回り道/松吉良信

影淡き十一月の稲架掛くる/石川桂郎

瞬けば十一月は冬なりき/殿村菟絲子

からまつに十一月の雨の音/野中亮介

十一面観音祀る花あかり/山崎千枝子

老人に海優しかり十一月/櫛原希伊子

旅に見る十一月の水や空/島田みつ子

日の障子十一月の白ならん/大井雅人

コーヒ濃し十一月の終りけり/森田峠

俳句例:81句目~

サフランの十一月の畑荒れ/黒田杏子

ベッド組み立てて十一月の雨/皆吉司

星を一撃十一月の人焼く火/対馬康子

今日よりは十一月の旅日記/星野立子

旅なれば十一月の雨軽し/野田ゆたか

父の忌の十一月の雪を掃く/深谷雄大

美しき十一月のペルシャ猫/山口冬男

栗いろの十一月の雀らよ/今井杏太郎

十一面さんのお講の春の雪/関戸靖子

ことごとく秋思十一面観音/鷹羽狩行

鳴くからに十一月の蚊を殺す/赤松子

十一月の税吏に向くる空気銃/斎藤玄

固く鎖す十一月の勅使門/和久田隆子

十一面観音雨戸して十三夜/野呂春眠

海の鵜に十一月の日は移る/小宅容義

陽を零す十一月の水車かな/中村梅子

縞織つて十一月の風の音/鷲谷七菜子

十一月はぼんやりと板囲い/増山美島

雪に照る翳る菩薩の十一面/品川鈴子

十一月神の醸せし酒にほふ/栗原稜歩

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ