季語/空梅雨(からつゆ)を使った俳句

「空梅雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「空梅雨」について

【表記】空梅雨

【読み方】からつゆ

【ローマ字読み】karatsuyu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・涸梅雨(かれつゆ:karetsuyu)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

空梅雨を含む俳句例

空梅雨の鏡中占むる顔かたち/原裕

空梅雨の硫気に耐へて岩鏡/有働亨

空梅雨の庭を掃く音隣より/岩沢猪子

空梅雨の月や古りにし板廂/臼田亜浪

空梅雨の庭に乾きし石の影/小野紫邦

空梅雨の夜月をかけし楢櫟/杉山岳陽

空梅雨の吊皮揺るゝ一斉に/高澤良一

空梅雨や傘立に傘なかりけり/山田閏子

空梅雨や熱き骨なる壺の中/小野火返平

空梅雨か頼みの予報また裏目/阿部亥山

空梅雨の島々を見て舟は航く/高浜虚子

空梅雨の島々を見て船は航く/高浜虚子

空梅雨の市のはじまる人明り/長谷川双

空梅雨や松にかけたる雀の巣/相島虚吼

空梅雨の森の信貴山縁起かな/岡本高明

空梅雨の草吹く風に蝶白し/高橋淡路女

空梅雨の金環雲をそびらにす/相馬遷子

空梅雨に人かげしづむ拓地かな/飯田蛇笏

空梅雨の人夫むんむん鋲をうつ/細谷源二

空梅雨の傘さして部屋一とめぐり/松崎豊

俳句例:21句目~

空梅雨の塔のほとりの鳥の数/宇佐美魚目

空梅雨の朱き月夜と書きおくる/加藤楸邨

空梅雨の川の夕日が疲れたり/柴田白葉女

空梅雨の汲むより水の濁るなり/松村蒼石

空梅雨の夕凪ぐ魚家の竃火かな/西島麦南

空梅雨の空にありたる鷹ヶ峯/三浦つき子

空梅雨の心配となりゆけるかな/稲畑汀子

空梅雨の路地に尻出し煮干釜/下村ひろし

空梅雨の日輪病みて鶏鳴けり/高橋淡路女

空梅雨の夕凪ぐ漁家の竃火かな/西島麦南

空梅雨や土器より出でし桃の核/宮津昭彦

空梅雨の夕日真赤に落ちにけり/小林一行

空梅雨や自在に釘を打ち込んで/仙田洋子

空梅雨や鳥指すほどの夕ぐれに/石橋秀野

空梅雨か梅雨か田の面に人なき時/石川桂郎

空梅雨のかごとや真菰干しながら/木津柳芽

空梅雨のカンナや迷ふこともなし/加藤楸邨

空梅雨の下駄箱の戸をがらがらり/高澤良一

空梅雨や仁王の赤きふくらはぎ/加藤安希子

空梅雨の星に圧されて河かたむく/鳴海呑洲

俳句例:41句目~

空梅雨に緋とかげしづむ拓地かな/飯田蛇笏

空梅雨や海女の焚きつぐ煮干釜/沖崎玻瑠子

空梅雨日々ひだりうちはの山水圖/塚本邦雄

空梅雨に黄なるネクタイひるがへす/横山白虹

どちらかと言へば空梅雨なりしこと/藤木呂九艸

空梅雨に黄なる冬ネクタイひるがへす/横山白虹

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ