季語/えごの花を使った俳句

「えごの花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「えごの花」について

【表記】えごの花

【読み方】えごのはな

【ローマ字読み】egonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・山苣の花(やまぢさのはな:yamajisanohana)

季節による分類

・「え」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

えごの花を含む俳句例

峡深く岐るゝ流れえごの花/森土秋

忘れ得ぬ人ある倖せえごの花/及川貞

蛙早や流転の調べえごの花/川端茅舎

えごの花小さき音のある田舎/岡田史乃

えご散れり森の出口の明るさは/原柯城

誕生日忘れて過ぎぬえご散りぬ/及川貞

えごの花一切放下なし得るや/石田波郷

えごの花参段どれも外れたる/橋爪鶴麿

えごの花地に叩きつけ雷雨過ぐ/堀古蝶

えごの花歓声のごと坂に散る/桜井博道

えごの花水際は常に水ゆれて/中村明子

えごの花流し山川暮れんとす/田村了咲

えごの花虻のお尻の大きこと/高澤良一

波郷以後友の死多しえごの花/草間時彦

えご散るやうつうつと妻妊りぬ/杉山岳陽

ほの暗くなりし林中えご散れる/有賀玲子

えごの花この世に小さな駅ひとつ/皆川燈

えごの花最初のひとつこぼれたる/辻桃子

えごの花病者病犬伴れ立てり/石田あき子

えごの花遠くへ流れ来て居りぬ/山口青邨

俳句例:21句目~

これからの雨には腐つえごの花/後藤夜半

えごの花妻置きざりに旅し度し/右城暮石

えごの花川は深空につづきけり/太田保子

糸ひいて糸ひいて散るえごの花/西村和子

えご散りて渚のごとく寄らしむる/皆吉爽雨

えご散るや咲くやしづかに山の音/渡辺桂子

えご散るや清瀬はいまも清瀬にて/多田薙石

えご散るや田水はつねに新らしき/松村蒼石

えごの花の香をよぎりたる配膳車/石田波郷

葉杓子にすくふ湧き水えごの花/桑原かず子

えごの花みんな揺れゐて静かなり/中村みよ子

えごの花散り敷く水に漕ぎ入りぬ/大橋越央子

えごの花とは視界にもこぼれつぎ/田畑美穂女

えごの花ながれ溜ればにほひけり/中村草田男

えごの花遠い記憶にひざまづく/一ノ瀬タカ子

えごの花死者にも月日ありにけり/青木山栗子

えごの花敷きつめてより穢はじまる/丸山しげる

えご散つてしまへり木さへかき消えて/篠田悌二郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ