季語/門松立つ(かどまつたつ)を使った俳句

「門松立つ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「門松立つ」について

【表記】門松立つ

【読み方】かどまつたつ

【ローマ字読み】kadomatsutatsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・松飾る(まつかざる:matsukazaru)

・門松の営(かどまつのいとなみ:kadomatsunoitonami)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

門松立つを含む俳句例

松飾る鶏炯々と風の中/古舘曹人

菜の花に門松立てて安房郡/風生

門川は凍りて白し松飾/田村了咲

山社松の木の間の松飾/藤野古白

大いなる門のみ残り松飾り/虚子

松立てゝ手洗ふ程に春近し/成美

吹かれゐし白舟の松飾/斎藤夏風

吉野路や冬の桜に松飾/藤野古白

呉竹の根岸の里や松飾り/正岡子規

御松立ねぢれ柱に経一誦/西本一都

幾霜に心ばせをの松飾り/松尾芭蕉

松立ててこち向く家や松隣/たかし

門松の立ち初めしより夜の雨/一茶

賑かに人の出入や松飾/高橋淡路女

衣紋師の胡粉暖簾や松飾/中川四明

前山に山彦棲む日松飾る/渡辺柳風

千客の万来の松飾りけり/村山葵郷

松飾り岩木颪の吹く門に/増田手古奈

松飾り妻が大きく見ゆる日ぞ/中条明

松飾して新造の春日丸/阿部みどり女

俳句例:21句目~

旅館のみ松立てゝ部落冬霞/渡邊水巴

門松を立てて鰈を干してある/辻桃子

門松の立つ白鳥の餌付小屋/山崎羅春

風音を伊賀に聞きをり松飾/鈴木鷹夫

身の幅の龍飛裏路地松飾る/福永耕二

松立てて焦土は薄ら雪が下/林原耒井

松立てゝ古き馬屋の雀の果/前田普羅

松飾焚く火幣より発しけり/皆吉爽雨

早々と門松立てて客集め/中野/重一

門松を立て終りたる塵を掃く/松田水石

顔かくすためにある袖松飾り/橋本草郎

女手に立てし門松月あきらか/中山純子

門松の立ちそめし町や雁渡る/渡辺水巴

山の雪つけしまま松立てにけり/大串章

広島の夜陰死にたる松立てり/西東三鬼

松立てし伯耆の国に月のぼる/山本洋子

松立てて漂うてをる小舟かな/富安風生

松立てて空ほのぼのと明る門/夏目漱石

松立てゝ屑焼く暮れや顔に雨/大谷句佛

海軍省日出づる国の松立ちぬ/渡邊水巴

俳句例:41句目~

短日の径まがらせて松立てり/岩田昌寿

稲掛けて人の如くに松立てり/星野立子

友らいつか集ひ棲みけり松飾/石田波郷

吾を見る墓石の前に松飾る/百合山羽公

松飾りとれて小さき船ばかり/山下和人

斧の刃にうつる地炉の火松飾る/早崎明

松飾その他も略すつねのこと/石塚友二

松飾はづし素顔の街となる/福原ふじこ

松飾りをるはやつぱり日本人/辻井ト童

松飾り妻は玻璃拭き空澄ます/今村米夫

松飾る機械住みつく厩にも/松倉ゆずる

松飾焚き悲しみの昭和果つ/小松崎爽青

松飾解かざる船は休みをり/穐好樹菟男

海坂のきらりきらりと松飾り/渡辺大円

苗代田に松飾りして農に生く/江藤/睦子

子が買つて来し門松をわが立てて/安住敦

女てふさびしさに松立てにけり/渡辺桂子

松立ててひとり呟くこれでよし/高澤良一

門松を立てていよいよ淋しき町/高浜虚子

松飾り小さし大きな虚子のこと/安立恭彦

俳句例:61句目~

松立ちし妹が門辺を見て過ぎぬ/高浜虚子

門松立ち俎上のは頭を刎ねらる/北野民夫

松飾るコンクリートに膝をつき/岩崎健一

松飾いづこで焚くも地の厚み/神尾久美子

松飾る病者ばかりが相寄りて/古賀まり子

石道寺門松立ててゐるところ/大峯あきら

かくれ家も世に交りけり松飾/高橋淡路女

松立てゝ杣人代々の火を守れる/水内鬼灯

門松を立てに来てゐる男かな/池内たけし

松飾錠をつらねて藩庫かな/長谷川零餘子

ふりいでし雪の中なる松飾/久保田万太郎

燃えてゆく一家々々の松飾/阿部みどり女

雪国のありとも見えず松飾/長谷川かな女

松立てて家に背筋の入りにけり/高澤良一

松立てて仮泊す伊勢の漁船団/猿橋統流子

松飾りして曳売りの焼いも屋/新井太四郎

門松立て玻璃戸中なる鋸目立て/北野民夫

入れられて泣きし蔵なる松飾/瀧澤伊代次

ビルの間の老舗さきがけ松立つる/和田暖泡

松山の囲める町の松飾/汀女せん/吉屋信子

俳句例:81句目~

よその山にはばかり折りて松飾る/木村蕪城

松立てて淋しき駅でありにけり/大峯あきら

松立ててたち上がりたる星座かな/畑中秀樹

松立ててをりちんどん屋賑やかに/村山古郷

雪ふかくヒユツテの扉あり松飾/水原秋櫻子

松立てゝあることはありここ六区/清崎敏郎

門松立てて天の蒼さをひきよせぬ/高橋たかえ

すめらぎにますらをに我が松立てぬ/渡邊水巴

小さく住みて松立てずある家の様/長谷川零餘子

松飾り小ぶりよ海女の消えし戸に/鍵和田ゆう子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ