季語/枯野(かれの)を使った俳句

「枯野」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枯野」について

【表記】枯野

【読み方】かれの

【ローマ字読み】kareno

子季語・関連季語・傍題・類語など

・枯野原(かれのはら:karenohara)

・枯原(かれはら:karehara)

・枯野道(かれのみち:karenomichi)

・枯野宿(かれのやど:karenoyado)

・枯野人(かれのびと:karenobito)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

枯野を含む俳句例

茅葺や枯野の口の小商ひ/桃隣

枯野哉つばなの時の女櫛/西鶴

湖のうき上りたる枯野哉/鱸釣

馬叱る声も枯野の嵐かな/曲翠

獲ては男枯野の端通る/桂信子

焼酎の瓶の塒は大枯野/源鬼彦

練塀の内迄も来る枯野哉/移竹

落人の心戦く枯野哉/寺田寅彦

枯野なる心の内を旅すれば/司修

村人の都へ通ふ枯野哉/正岡子規

息杖に石の火を見る枯野哉/蕪村

我形の哀に見ゆる枯野かな/智月

塀越の枯野やけふの魂祭/炭太祇

枯野行刻々沈む日が標/藤田湘子

枯野道少女が赤く赤く過ぐ/苑子

酔泣は号泣となる夜の枯野/林翔

又或日扇つかひゆく枯野哉/暁台

石に詩を題して過る枯野哉/蕪村

大枯野羽咋の湖も亡びたり/欣一

信長の榎淋しき枯野哉/正岡子規

俳句例:21句目~

枯野来し人を喜び牧の犬/佐藤艸

一村は竹緑なる枯野哉/正岡子規

大枯野雲には雲の深轍/河口俊江

信長の榎殘りて枯野哉/正岡子規

藁つんで広く淋しき枯野哉/尚白

牛車十程ならぶ枯野哉/正岡子規

枯野かなつばなの時の女櫛/西鶴

其魂の朱雀もめぐる枯野哉/炭太祇

雲を呼び枯野大円盤の牛/古舘曹人

空ゆけば枯野東南西北に/山口誓子

冬鴉声おとしゆく枯野かな/上村占

また雨の枯野の音となりしかな/敦

切通し出て天辺に枯野星/石塚友二

密々と夕雲満たす末枯野/斎藤道子

陽炎や枯野の時の馬の糞/正岡子規

真直に道あらはれて枯野かな/蕪村

寝仕度の漂鳥騒ぐ枯野星/佐野美智

関屋より道のさだまる枯野哉/召波

夕鴉声おとしゆく枯野かな/上村占

皮剥の業見て過ぐる枯野かな/几董

俳句例:41句目~

銃声す枯野の中の誕生日/対馬康子

小男鹿の重なり伏せる枯野哉/土芳

白旗や枯野の末の幾流れ/正岡子規

蟷螂の尋常に死ぬ枯野哉/榎本其角

虜れの毛布枯野に垂したり/松崎豊

虚無僧の物言ひかける枯野哉/爪流

金州の南門見ゆる枯野哉/正岡子規

枯野吐き出す発熱の兄妹/対馬康子

葬禮の二組つゞく枯野哉/正岡子規

口中に枯野ある夢断続す/栗生純夫

大仏の鐘を見わたす枯野かな/許六

松杉や枯野の中の不動堂/正岡子規

郵便夫今日の枯野を私す/栗生純夫

よはよはと日の行届く枯野哉/麦水

大木の雲に聳ゆる枯野哉/正岡子規

大枯野とぶ一枚の新聞紙/吉田登子

枯野行き横渡りまた枯野行く/風生

四谷から馬糞のつゞく枯野哉/青峨

果しなき枯野枯山石鼎忌/原コウ子

わが庭のごとく枯野をゆく齢/林翔

俳句例:61句目~

大枯野日本の夜は真暗闇/山口誓子

春恋や枯野斜めに抜け来り/安住敦

大枯野母の涙の川ひと筋/吉本和子

生垣に外は枯野や球遊び/正岡子規

道二つ牛分れ行く枯野哉/正岡子規

山遠く川流れたる枯野哉/正岡子規

枯野の家の呼鈴が鳴りゐたり/直人

豆ほどに人を見送る枯野かな/也有

地車の轄ぬけたる枯野哉/加舎白雄

狐かも知れず枯野の宿女/山田弘子

犬吠て枯野の伽藍月寒し/正岡子規

わが馬を埋むと兵ら枯野掘る/素逝

城内に兎狩する枯野かな/野村泊月

大隅のしらす大地の大枯野/西村数

枯野光炎々として書をひらく/窓秋

床下に枯野続けり能舞台/澤木欣一

天災に翻弄されし大枯野/鈴木聖子

熊笹の緑にのこる枯の哉/正岡子規

無提灯で枯野を通る寒哉/夏目漱石

里の子の犬引て行枯野哉/正岡子規

俳句例:81句目~

一枚の葉書運ばれ枯野の家/桂信子

三日月に行先暮るる枯野かな/青蘿

泣く前の大きな瞳枯野星/今瀬剛一

美しき女に逢ひし枯野哉/寺田寅彦

枯野ゆく鳴りを鎮めし楽器箱/静塔

鳥飛んで荷馬驚く枯野哉/正岡子規

仏めく石を見立つる枯野かな/北枝

何やらに鴉群がる枯野哉/寺田寅彦

旅二人話盡きたる枯野哉/正岡子規

子を捨る藪さへなくて枯野哉/蕪村

馬消えて鳶舞上る枯野哉/正岡子規

信長の榎残りて枯野かな/子規句集

働きて帰る枯野の爪の艶/細見綾子

旅二人話盡きぬる枯野哉/正岡子規

雷落ちし松は枯野の初しぐれ/丈草

兵の赤黄枯野遠別糞し行く/齋藤玄

枯野来て人懐しむ奈良古道/伊藤敬子

襖絵の鶴相寄りて枯野閉づ/橋本榮治

衰へし視力枯野の端に立ち/菖蒲あや

夕富士の紅の極まり大枯野/岡田日郎

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ