季語/海棠(かいどう)を使った俳句

「海棠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「海棠」について

【表記】海棠

【読み方】かいどう

【ローマ字読み】kaido

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花海棠(はなかいどう:hanakaido)

・睡れる花(ねむれるはな:nemureruhana)

・垂糸海棠(はなかいどう:hanakaido_)

・海紅(かいこう:kaiko_)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

海棠を含む俳句例

海棠の又寝の夢か帰花/来之

海棠の静かにちるや石畳/吟江

海棠や初瀬の千部の真盛/李由

海棠のあと橘のかをる寺/下田稔

海棠や陪審廷の廊の庭/鈴木花蓑

海棠や虻の瞼の重き時/浜田酒堂

海棠の莟解く風方丈へ/高澤良一

枕上汝と海棠たちかはり/齋藤玄

玉と降る雨や莟の海棠に/高澤良一

海棠や藁屋造りの法華寺/平野木守

海棠の盛りの支ふ曇かな/宮津昭彦

尼寺に海棠紅き浮世かな/野村喜舟

海棠の下枝汚るゝ大雨かな/原月舟

海棠や楊家の娘人となり/羅蘇山人

幟の座海棠ことし殊に艶/林原耒井

海棠の花を咲き添へ西行忌/森澄雄

昼昼海棠みんな垂れてる/北原白秋

海棠や化粧の水を筧から/野村喜舟

海棠の露をふるふや物狂/夏目漱石

海棠の雨が止んだり白雫/高澤良一

俳句例:21句目~

雨近き寺の海棠覗き過ぐ/高澤良一

蟹の瞳に似て海棠の群蕾/酒井鱒吉

藤村の蔵書の数や花海棠/寺嶋艶子

甘茶佛虹は海棠より淡く/西島麥南

海棠に雨降りやうや貝合/野村喜舟

海棠の薄月夜とて妹の来し/中島月笠

海棠も蘇枋も花の息づかひ/後藤夜半

海棠やお八つうち出す堂のまへ/史邦

土牢や身に海棠の雨を受く/深谷雄大

堂前や海棠紅を吐きつづけ/石田勝彦

夏の燭海棠を見る夢うつゝ/尾崎紅葉

海棠やきこえて山瀬奔りゐる/森澄雄

師とある日海棠を買い街和む/三谷昭

散り際も海棠らしさ失はず/岩垣子鹿

海棠や家の奥より人出で来/巌谷小波

日の束となり海棠の花満開/福川悠子

海棠や縁を往き来す狆の鈴/飯田蛇笏

海棠をめぐる天平絵巻かな/平井照敏

花海棠散りこむ犬のミルク壷/芝由紀

海棠に乙女の朝の素顔立つ/赤尾兜子

俳句例:41句目~

海棠のよき窓あけて人住めり/及川貞

海棠の安国論寺たもとほる/青木重行

海棠の花は咲ずや夕しぐれ/蕪村遺稿

海棠の花もて雨を画きけり/菅原師竹

海棠の花より花へ雨の鵯/阿波野青畝

海棠に大名とまる日は高し/子規句集

海棠の咲き終る迄うつむける/木村草女

他にもあり雨の海棠訪ふ人は/高浜虚子

海棠の朽ち葉をふるふ五月雨/羅蘇山人

山の日の草の日となる野海棠/古舘曹人

文長き上に海棠落花かな/安斎桜カイ子

海棠や耳のうしろがほの熱く/渡辺恭子

海棠や旅籠の名さへ元酒屋/水原秋櫻子

海棠が何か窓の紅いものの下/喜谷六花

海棠の雨に愁眉をひらきたる/行方克巳

海棠のうつろふ花に開宗会/松本たかし

海棠や道化ごころは神父にも/鷹羽狩行

海棠の花のうつゝやおぼろ月/榎本其角

海棠や白粉に紅をあやまてる/蕪村遺稿

海棠の花沈みゆく黄泉の国へ/横山白虹

俳句例:61句目~

海棠や蚕部屋の匂ふ伊那の里/皆川盤水

海棠の日ましに色を好みけり/平井照敏

海棠の愁といふはありのまま/後藤夜半

海棠や稚児に出す子に浴さす/高田蝶衣

鳴らしみる簓さらさら花海棠/中岡照子

海棠のあと咲くは何住み古りて/及川貞

海棠の雨といふ間もなく傷み/高浜虚子

海棠の両もて花を画きけり/菅原師竹句集

海棠や女妬さにくゞり来る/長谷川零餘子

海棠や縁にこぼれて傘雫/吉武月二郎句集

海棠の長き盛りを留守勝ちに/五十嵐哲也

海棠のしたたる雨となりしはや/福永耕二

海棠のえも言はれなき花あかり/高澤良一

この雨のやめば海棠散りそめん/星野立子

梅老いて海棠の日となりけらし/石塚友二

海棠に負けぬ笑顔を撮りなされ/高澤良一

舞ひ澄めば花海棠といひつべし/平井照敏

海棠の落花はをとこ知りそめし/平井照敏

海棠に法鼓とどろく何かある/松本たかし

支那街や絵絹売る家の海棠花/石島雉子郎

俳句例:81句目~

貴妃と呼ぶ海棠もいま処暑の節/大島民郎

海棠に人見知りのくせはないか/金田咲子

海棠の明かりや寺の屋根までも/滝沢伊代次

海棠や風吹くごとに咲きこぞり/永田耕一郎

体温計の赤線の上は雨の海棠/長谷川かな女

海棠の身を投げて咲きさかるなり/平井照敏

暮れかねつ海棠しばし咲きやみぬ/渡邊水巴

海棠やけふを蕾みて雨くさき/飛鳥田れい無公

馳け足でゆかねば海棠散つてしまふ/清水径子

眼に迫る海棠うれし夜明けしか/飛鳥田れい無公

海棠を翅透く蝶は翔たんとす告うな訣れてゆくことばなぞ/田村広志

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ