季語/暮の春(くれのはる)を使った俳句

「暮の春」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「暮の春」について

【表記】暮の春

【読み方】くれのはる

【ローマ字読み】kurenoharu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・暮春(ぼしゅん:boshun)

・末の春(すえのはる:suenoharu)

季節による分類

・「く」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

暮の春を含む俳句例

紫に箱根連山暮の春/河野美奇

一枚の闇に暮春の松林/桂信子

山国の暮春と仰ぐ梅桜/酒井土子

落潮に鳴門やつれて暮の春/重頼

妹を電話で叱る暮の春/橋本榮治

草の葉も風癖ついて暮の春/一茶

筍に虫歯痛みて暮の春/正岡子規

曙や麦の葉末の春の霜/上島鬼貫

春暮るる柱に遺る怨釘/福田蓼汀

海に戻す蛤種や暮の春/松谷島村

諏訪口は泉の色の暮春かな/直人

たんぽゝもけふ白頭に暮の春/召波

行秋や短冊掛の暮春の句/高浜虚子

鼬鳴く庭の小雨や暮の春/永井荷風

切株にたちて暮春の山男/飯田蛇笏

穴のある銭が袂に暮の春/夏目漱石

花葱に暮春の靄や鴉啼く/西島麥南

牢獄の翔たざる鴉暮の春/石原舟月

黒潮を眼下に竜馬像暮春/宮武寒々

風に鳴る撥も三味線草暮春/辻帰帆

俳句例:21句目~

鳴く鳩の胸熱くして暮春かな/雅人

水甕に沈む落花や暮の春/野村泊月

春暮るる雉子の頬の真紅/福田蓼汀

大いなる暮春の落花眼前に/原石鼎

旅終る列車都心へ暮の春/山田閏子

鶏鳴の沼に響きて暮の春/山田閏子

松籟の深息の天暮春かな/村越化石

天竜に椿流れよ暮の春/松根東洋城

望郷台暮春の頭垂れ登る/村越化石

塵焚きて木末の春を惜みけり/篠原

半蔀の下に坐りぬ暮の春/野村泊月

校門の陰に春暮の卵佇つ/攝津幸彦

尿取る訓練堂に入る暮春/高澤良一

桜餅に暮春の鐘の響聞け/島田青峰

芥火に沈丁焦げぬ暮の春/飯田蛇笏

あけぼのや麦の葉末の春の霜/鬼貫

戸隠の春暮たちまち色を変ふ/原裕

鯉死んで暮春の男乾きけり/中村苑子

箔打の槌音止めば暮春かな/本多静江

暮春かな山黒々と川を抱き/中村苑子

俳句例:41句目~

笑うとき同年輩や野の暮春/橋石和栲

暮春かな形見の壷に何挿さむ/安住敦

暮春かな生玉前の金魚みせ/下村槐太

香焼けの顎を二重に暮春仏/吉野義子

暮春の書に栞す宝くじの殻/日野草城

暮春ふりむくは妻か山鳥か/橋石和栲

たましいの玉虫色に春暮れたり/間石

雑巾を濯ぎ暮春の主婦よ我/星野立子

なきがらの隣に息す暮春かな/岸田稚

鐘楼より見下ろす筏暮の春/野村泊月

還俗のあたま痒しや暮の春/高井几董

追放の人の妻子や暮の春/石島雉子郎

貴妃が肌に珊瑚汗ばむ暮の春/中勘助

下戸の子の上戸と生れ春暮ぬ/炭太祇

久世水水菜の薹に春暮れぬ/喜谷六花

荒川の奥の秩父や暮の春/大場白水郎

人妻となりて暮春の襷かな/日野草城

人稀な蚕神の塚の暮春かな/佐野美智

伊賀餅も伊賀田楽も旅暮春/大橋敦子

体内を鱶が泳いで春暮れる/坪内稔典

俳句例:61句目~

未青年とは馬の魂春暮れる/坪内稔典

又夢を来るは暮春の箒売/河原枇杷男

海見たき時は鐘楼へ暮の春/伊藤柏翠

喫茶房白樺植ゑて暮春かな/飯田蛇笏

武士は名を公家衆に詠む暮の春/調玉

汐満ちて止る流れや暮の春/野村喜舟

山国の暮春の家の土間暗し/京極杞陽

代数のきらひな末の春田打/金子雄山

植込に春暮れんとす何の花/正岡子規

造影剤かっと血管焼く暮春/高澤良一

仏ヶ日の芋蓮煮るや暮の春/尾崎迷堂

垂直に虹の脚立つ暮春かな/廣瀬直人

ちりあなに花も芥も暮の春/野村泊月

島人に路地神灯る暮春かな/橋本鶏二

横浜の暮春や丘の草藉きて/石塚友二

暮の春佛頭のごと家に居り/岡井省二

湯屋暮春眼玉を洗ふ盲かな/宮武寒々

指ふれて白磁曇らす暮春かな/朔多恭

鎌倉は松の荒さに春暮るゝ/久米正雄

姨捨の暮春の棚田天のもの/宮坂静生

俳句例:81句目~

呼び歩く利根の蜆や暮の春/小杉余子

塊をうつも暮春の音ときけ/西山泊雲

頭より暮れて春暮に牛歩む/村上冬燕

齢いふ暮春の文や奥地より/中村汀女

禁烟の誓ひ破れし暮春の夜/吉屋信子

春暮ぬ酔中の詩に墨ぬらん/高井几董

病院の窓に顔ある暮春かな/池田秀水

夕方が美しといふ暮春なる/細見綾子

十七字みな伏字なれ暮の春/三橋敏雄

陸奥暮春婆が杖ひく汽車の中/岸田稚

春暮るる欅片萌え総萌えに/皆吉爽雨

耳とほき父に暮春の砂糖壷/櫻井博道

猫ふえて菜種油の春暮れぬ/橋石和栲

一といふ数重たしや暮の春/藤田湘子

人よりも土恋しさよ暮の春/島村元句集

いつも来る乞食の声や秋の暮/五車反古

かぎりなく白に近づく海暮春/吉田紫乃

奥峰のたちかさなりて暮の春/飯田蛇笏

忘れ居し金一両や暮の春/菅原師竹句集

戦さより帰りて遊ぶ暮の春/荻原井泉水

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ