季語/飯蛸(いいだこ)を使った俳句

「飯蛸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「飯蛸」について

【表記】飯蛸

【読み方】いいだこ

【ローマ字読み】iidako

子季語・関連季語・傍題・類語など

・いしだこ(いしだこ:ishidako)

・望潮魚(いいだこ:iidako_)

・高砂飯蛸(たかさごいいだこ:takasagoiidako)

季節による分類

・「い」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

飯蛸を含む俳句例

飯蛸の飯残りけり舌の上/至青

飯蛸の頭つゝきつ小鍋立/泉鏡花

飯蛸や女は好きな幕の内/中火臣

飯蛸や内浦かけて歌枕/辻田克巳

飯蛸に行平さまの泪かな/龍岡晋

飯蛸や海峡の月黄なりける/谷迪子

飯蛸の糧もつつまず須磨明石/許六

飯蛸の墨にまみれて力なし/竹添林

飯蛸を奴干しして島の夏/橋爪靖人

飯蛸や高砂の浦の売残り/松瀬青々

久闊や飯蛸の飯食みこぼす/井沢正江

夕澄みて飯蛸泳ぐ舟のうち/堀口星眠

引汐や淡路をさして飯蛸が/高浜虚子

飯蛸や膳の前なる三保の松/夏目漱石

飯蛸や飯のところを二つ切/野村喜舟

飯蛸のみな足あげて茹上る/井上緑水

飯蛸の一かたまりや皿の藍/夏目漱石

飯蛸を膳の真中に能登泊/和田ゑい子

飯蛸や先に齢とる夫ゐて/小島千架子

飯蛸や敦盛さまは討たれたる/龍岡晋

俳句例:21句目~

飯蛸や硫黄の薫る山の宿/斎藤志津子

飯蛸のあはれやあれで果てるげな/来山

飯蛸の干されて空を飛ぶごとし/大串章

飯蛸の飯のゆたかに祝ぎの膳/宮下翠舟

飯蛸に猪口才な口ありにけり/中原道夫

飯蛸をめでたきものとして厨/高野素十

飯蛸に一壺の酒のあれば足る/大隈草生

飯蛸を灸る加減に口出せり/能村登四郎

飯蛸を秤りて墨を抜き呉れし/川崎貞香

放たじとあはれ飯蛸擬餌を抱く/尾崎木星

舟べりへ逃げし飯蛸引きはがす/星野恒彦

飯蛸をつかめば夢のごと逃ぐる/澤本三乗

飯蛸を歯あらはにぞ召されける/清原枴童

なにか侘びし飯蛸の飯とぼしきも/上村占

飯蛸に足のあるこそをかしけれ/松根東洋城

飯蛸の飯詰まりしもの選び買ふ/赤木日出子

飯蛸を食べさせられて病みにけり/仙田洋子

飯蛸を取るたいまつのゆらぎけり/中井/ユキ子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ