季語/牡蠣剥く(かきむく)を使った俳句

「牡蠣剥く」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「牡蠣剥く」について

【表記】牡蠣剥く

【読み方】かきむく

【ローマ字読み】kakimuku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・牡蠣割る(かきわる:kakiwaru)

・牡蠣割女(かきわりめ:kakiwarime)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

牡蠣剥くを含む俳句例

しぐるゝや牡蠣割る辻も灯りぬ/貞

牡蠣割女貝の要を一撃す/品川鈴子

牡蠣割の女の中の男かな/相島虚吼

夕潮の静かに疾し牡蠣筏/打出綾子

風花す牡蠣割の黙われの黙/川畑火川

牡蠣割女をとこの如き口きける/霞村

南風と子らの牡蠣打つ音と来る/篠原

ひとひとり生きる淋しさ牡蠣打場/原裕

余所者に口固かりき牡蠣割女/安東せつ

入海の寒き汐時牡蠣を割る/百合山羽公

牡蠣の殼打割れば潮匂ひたる/城戸春弥

街人の跫音ちかく牡蠣を割る/松村蒼石

牡蠣打女灯台やがて灯るころ/田尻牧夫

同性に見られ加速の牡蠣割女/中村明子

夜は疼く指をかばひて牡蠣割女/湯川雅

牡蠣打に日和の声をかけにけり/飴山實

廃線を跨ぎ牡蠣割女となりぬ/斉藤弘子

新月を揺る波に泣く牡蠣割女/飯田蛇笏

牡蠣の殼打割れば潮匂ひたる/城戸春弥

牡蠣打の時には剥身啜りては/坂本雅陵

俳句例:21句目~

牡蠣を剥く迅さの傷と諾へり/河野美奇

牡蠣を割る方一尺の無言の座/水原春郎

牡蠣剥くや洗ふや巌の夕汐に/石塚友二

牡蠣剥場海の星よりくらき灯を/掬池路

牡蠣剥女黄昏は児が慕ひ寄る/木村蕪城

牡蠣割つて脛に傷もつ女かな/鈴木真砂女

牡蠣割女にも確執のありにけり/的場松葉

嫁取りの噂や牡蠣を割りながら/小西藤満

牡蠣を剥くをりをり女同士の目/加藤楸邨

空色のゴム手袋や牡蠣を割る/松本みず代

耶蘇島のなべて無口の牡蠣割女/武藤壱州

岩牡蠣を打つ手力のまだ老いず/稲生正子

牡蠣割女ただ一瞥をくれしのみ/山田弘子

牡蠣を打つ鐵刃濡れては鐵光り/中島斌男

牡蠣打ちの妻の姿を遠まもる/佐野まもる

牡蠣打つや島に生れて島に嫁し/佐藤三男

牡蠣打つや舳の向きの島をかヘ/石川桂郎

渺々と海はありけり牡蠣割女/鈴木真砂女

牡蠣打の一人がかへり皆かへる/鶴田亜星

乳呑ますときは乳の香牡蠣割女/田村劉一郎

俳句例:41句目~

剥かれたる牡蠣の白さをなほ洗ふ/花田春兆

浜名湖の女波ばかりや牡蠣割女/百合山羽公

牡蠣剥くは身ぐるみ剥ぐに似たりけり/瓜人

波暮れて牡蠣打小屋に灯の点る/藤井すみ子

牡蠣割るや舟着の板欠きしまゝ/百合山羽公

牡蠣を打つ岩と同じに死にたけれ/萩原麦草

剥きし牡蠣生きゐて水を濁らしむ/山口誓子

牡蠣舟を出るや牡蠣割既になし/五十嵐播水

牡蠣打ちし後あり~と潮満つる/森岡とも子

牡蠣割る瞳牡蠣負ふ夫へ向けやさし/岸田稚

牡蠣割女かきは女体の青さもつ/日垣四月子

白菊や血の滲むまで牡蠣を剥く/小泉八重子

百千の牡蠣を割りたる刃のしづか/和田祥子

老の手の乾く間もなく牡蠣を割る/堺/祥江

牡蠣打女坐して濡れざるところなし/藤井亘

牡蠣打たれ積まる爆音みなぎれり/中島斌男

午後の日の膝までとどき牡蠣を打つ/山田弘子

牡蠣割る手染めし夕日もきえにけり/西島麦南

牡蠣割りのとばす牡蠣殻冴えかへる/細見綾子

牡蠣割の一隅はつと乳子泣くこゑ/橋本多佳子

俳句例:61句目~

比喩探しをればするんと牡蠣剥かる/秋元不死男

牡蠣剥くやたのしくもまた切なくも/大木あまり

岩くだくごとくに牡蠣を割りにけり/波出石品女

ひとり過ぐ巴里の灯牡蠣の剥かれゐし/小池文子

牡蠣を割る妻よゑくぼのいつ失せし/佐野まもる

剥きし牡蠣こぼれてぺたとすぐに穢や/中戸川朝人

牡蠣を剥く牡蠣のくらさをいつしんに/正木ゆう子

如月の牡蠣打ち割れば定型を持たざるものの肉やわらかき/道浦母都子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ