季語/衾(ふすま)を使った俳句

「衾」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「衾」について

【表記】衾

【読み方】ふすま

【ローマ字読み】fusuma

子季語・関連季語・傍題・類語など

・掛衾(かけぶすま:kakebusuma)

・敷衾(しきぶすま:shikibusuma)

・古衾(ふるぶすま:furubusuma)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

衾を含む俳句例

頭へやかけん裾へや古衾/蕪村

稚き仏ぞ被まし菊衾/石塚友二

独寝も肌やあはする紐衾/梅盛

枯蓮や寐つかぬ鴛の古衾/斑象

春の門隠者めかするつり衾/奇淵

郡内の衾重さよ紅薊/島村元句集

消燈後も市井の明さ冬衾/渡辺幻

吾はただ酒に死すべし古衾/暁台

年々の同じ衾に宿下り/松村蒼石

隼を見したかぶりの夜の衾/蕪城

ごつごつと咳する人や紙衾/闌更

雲暗き幾日衾に顎埋め/石田波郷

蕗をとる二足三足衾雪/飯田蛇笏

天竺の案内をせよ古衾/正岡子規

縮緬の紫さめし衾かな/正岡子規

そのかみの伊吹颪や紙衾/斎藤梅子

ひとりねや畳むもかろき紙衾/蝶夢

辻君の衾枯れたる木陰哉/正岡子規

衾被て木の眠る深雪かな/鈴木貞雄

一日を心に描く衾かな/池内友次郎

俳句例:21句目~

下京の一客となる麻衾/上野さち子

巡礼や笈の衾を取り出し/尾崎迷堂

衾引けば独語の息の顔蔽ふ/岸田稚

水鳥や蘆もうもれて雪衾/鈴木花蓑

行悩む身も世も露の粗衾/石塚友二

鶴を聴く衾のすこし臭し/古館曹人

蜉蝣と一つ衾や避暑の宿/大石悦子

藪柑子の彩る落葉衾かな/高田蝶衣

古衾悪魔に黒髪掴まれぬ/藤木清子

兎角して命あればぞ革衾/高浜虚子

冬衾生き身の温さ抗へり/内藤吐天

かしらへやかけん裾へや古衾/蕪村

繕うてやっとさげたる衾かな/杉風

巨燵なき衾や足ののべ心/正岡子規

古衾古人の夢もなかりけり/原抱琴

雨漏や風邪の衾の裾あたり/清原枴童

あをみたる古潭の蕗に衾雪/飯田蛇笏

いたつきや庵春さむき白衾/西島麥南

うそ寒くふぐり匿ふ衾の中/小林康治

かぶり居て何もかも聞く衾かな/樗堂

俳句例:41句目~

ことごとく樹影斜めに衾雪/行方克己

とかくして命あればぞ革衾/高浜虚子

旅衾温もれば想ふ河鹿の音/林原耒井

並び寝の我より低き彼の衾/栗生純夫

二児あればある煩ひや黴衾/石塚友二

亡骸をうづめて寒き衾かな/山本洋子

冬衾終の日までは花鳥被て/野澤節子

古衾寝覚寝覚に句をかゝん/山口鶯子

夏寒き衾や障子明けそむる/石川桂郎

夏衾玉の緒絶えし大き頭よ/巌谷小波

夏衾陥ちたるは腰の力かな/斎藤空華

寒菊の花の衾に寝まりまし/石塚友二

嵩低き病まれし母の衾かな/中嶋昌子

幾夜かは胸凍ばれたり旅衾/松村巨湫

廓ただよべの衾を欄に干す/後藤夜半

御姿は夢見たまへる衾かな/正岡子規

旅の夜の大足投げし衾かな/萩原麦草

足袋脱いで旅寝の衾短かり/萩原麦草

春暁やうちかづきたる古衾/後藤夜半

止利仏師衾裾を刳り春の宵/和田悟朗

俳句例:61句目~

温石や衾に母のかをりして/小林康治

病む秋や衾の裾に妻の重み/石川桂郎

病よし日がつよすぎる夏衾/飯田蛇笏

着てたてば夜の衾もなかりけり/丈草

祖母をたのみの子等が厚衾/松村蒼石

秋霜の降らむばかりの衾かな/原石鼎

絵を見ての倉敷どまり厚衾/北野民夫

著てたてば夜の衾もなかりけり/丈草

薄衾頤のせて待つものもなし/森澄雄

衾中命冱てつゝせぐくまり/高浜虚子

起されてたゝむ衾や去年ことし/素山

身ひとつのさうざうしさよ紙衾/蓼太

こおろぎのわやわや這入る衾かな/一茶

久闊や風邪の衾を出でゝ逢ふ/清原枴童

なつかしむ衾に聞くや馬の鈴/夏目漱石

矢衾の豆腐かなしき針供養/金子伊昔紅

身の衾海のおもての夜寒かな/椎本才麿

初夢のおどろ衾に寝がへりて/石橋秀野

夜の衾心にはかにとらへかね/中村汀女

啓蟄の衾あまらずわけあひぬ/清水基吉

俳句例:81句目~

朝日影衾にとどききりぎりす/下村槐太

初夢のはかなくたのし古衾/高橋淡路女

降る雪に老母の衾うごきけり/永田耕衣

肩衾母にならひて着る夜かな/金子翠羽

脱ぎ給ふ御衣は天下の衾かな/服部嵐雪

夏衾をし鳥の画もなかりけり/子規句集

体おもくねぬくもりたる春衾/飯田蛇笏

木犀や屋根にひろげしよき衾/石橋秀野

霜葉の明日にまどろむ旅衾/百合山羽公

藷蔓を衾ちちろの鳴けるなり/高澤良一

虚実なく臥す冬衾さびしむも/野澤節子

人吉の雨にわびしき衾かな/阿波野青畝

亡父亡母深夜衾に入れば見ゆ/高室呉龍

ありあれば鴛鴦の衾に恨かな/大塚羽山

わが衾明けつつ霜の積りゐぬ/西村公鳳

衾の肩抱けば柔か母死なせじ/中村金鈴

衾ふんで霜の宿せうきりす/加舎白雄

旅衾狐狸の裾野も思ひ寝る/百合山羽公

寐まらんとすれど衾の薄くして/夏目漱石

秋の夜の身になれそめし衾かな/西島麦南

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ