季語/神在祭(かみありまつり)を使った俳句

「神在祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「神在祭」について

【表記】神在祭

【読み方】かみありまつり

【ローマ字読み】kamiarimatsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・神在(かみあり:kamiari)

・神集い(かみつどい:kamitsudoi)

・御忌祭(おいみまつり:oimimatsuri)

・神等去出神事(からさでのしんじ:karasadenoshinji)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

神在祭を含む俳句例

墨書短信神在の出雲より/小澤實

冬怒濤噛む岩々に神在し/大橋敦子

味酒の神在す山の錦しぬ/牧田礼奈

朝鵙や神在祭の列につく/巌谷小波

神在す月の出雲へ寝台車/大屋達治

神在やいづれの国の浜千鳥/飴山實

大山に雲集へるは神集ふ/宮下翠舟

新米を紅絹の袋に神集/遠所るり実

神在せば寒紅梅の魁けたり/岸風三楼

神等去出の一舟岸に傾ぐかな/原光栄

どぶろくの大甕据ゑて神集/結城一雄

瘤取りの翁がことも神集ひ/松原射石

神集ふ出雲の詩友みな酒友/森山夕樹

冬の虹神在らぬ世も人信ず/小松崎爽青

冬支度神在す森の二つ見え/大峯あきら

出雲路の神在月となりしかな/村山古郷

神在の顔おのづから出雲びと/藤田湘子

神等去出の闇ゆく恋の奴かな/長田染水

神集ひ乗り捨てましゝ雲泊る/高田蝶衣

神集ふ出雲七浦凪げりけり/由木みのる

俳句例:21句目~

宿世断つ神等去出の海渡りけり/石原八束

神等去出の雲の明りを追ふ烏/勝部仇名草

神在のはうばうにうつくしき夜道/飯島晴子

神在祭十九社開かずの扉を開けて/村瀬水螢

袈裟がけに神等去出の雷海を裂く/石原八束

神在すや在さずと冬の灯にわめく/柴田白葉女

神在りのはうばうにうつくしき夜道/飯島晴子

相会うて神等去出しぐれまたよかり/飯島晴子

神等去出の大麻の汁をしたたらせ/佐々木六戈

神等去出の湖惜しみなく晴れにけり/織部正子

神等去出の灯をもらさじと家を守る/後長耕浦

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ