季語/サッカーを使った俳句

「サッカー」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「サッカー」について

【表記】サッカー

【読み方】さっかー

【ローマ字読み】sakka

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

サッカーを含む俳句例

サッカーは天皇杯の青き空/岩田由美

サツカーに叫ぶ天皇誕生日/味元昭次

草のような少年サッカー露微塵/穴井太

裏口のサッカーボール鬼やらひ/森美樹

つばな土手サッカー少年作戦中/岡崎万寿

サッカーの陣を構へし孤々の影/鈴木貞雄

サッカー少年午後の秋天喪失す/萩山栄一

ブーツもてサッカーボール一蹴す/樋笠文

花野切れサッカー場よブラジルよ/星野椿

サッカーの競りあふ影の一となる/鈴木貞雄

サッカー選手白き息より疾く走る/児玉俊子

サッカー部夕焼けを使い果したり/中島伊都

サツカーに熱びし身にてほたる呼ぶ/関森勝夫

伊勢撫子さにづらふ初陣のサッカー/塚本邦雄

犠牲者碑みえサッカーのザ/パダン/伊丹公子

脱ぎしシャツ振りサッカーの勝者たり/小澤實

蹴り上げしサツカーボール虹を追ふ/三浦慶子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ