季語/鉦叩(かねたたき)を使った俳句

「鉦叩」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鉦叩」について

【表記】鉦叩

【読み方】かねたたき

【ローマ字読み】kanetataki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

鉦叩を含む俳句例

耳底にゐて懸命の鉦叩/斎藤玄

暁は宵より淋し鉦叩/星野立子

朽舟を浄土と籠り鉦叩/松原安治

横顔の蔭の方なる鉦叩/佐藤漾人

耳底は胸底いつも鉦叩/鷹羽狩行

羅漢寺尼ゼは有髪鉦叩/星野立子

紀の国の闇大きかり鉦叩/森澄雄

鉦叩豆粒ほどの僧います/中田剛

鉦叩母の齢の先を打つ/矢部白芳

鉦叩朝より叩く含み墨/村上麓人

鉦叩戻りて旅は白き霧/野澤節子

浅学の枕つらぬく鉦叩/岡澤康司

消壺の昔のままや鉦叩/佐藤和枝

既にして夕心なり鉦叩/下村非文

先住忌すみし夕の鉦叩/小林翠岱

鉦叩女に深き闇ありぬ/齋藤愼爾

又語る夫の遺影に鉦叩/稲畑汀子

命惜し命惜しとて鉦叩/稲畑汀子

鉦叩元関取も老後にて/飯田龍太

肉体が器となりぬ鉦叩/久保純夫

俳句例:21句目~

紀の国に闇大きかり鉦叩/森澄雄

一つ叩き一つ確め鉦叩/後藤比奈夫

一燈下この無心なる鉦叩/秋光泉児

一芸を守る淋しさ鉦叩/堀之内和子

鉦叩水琴窟は地下に鳴る/吉年虹二

鉦叩闇の深浅おのづから/島谷征良

鉦叩音を重ねて急に雨/加倉井秋を

鉦叩黄泉より茅舎は石枕/福田蓼汀

仏頭をあづかる寺に鉦叩/高澤良一

雑寝して一人一人に鉦叩/古舘曹人

残されし夜を数へて鉦叩/関口美子

母の文追書き多し鉦叩/河野柏樹子

夕五音更けて二音や鉦叩/吉野義子

音短かに一度々々の鉦叩/野澤節子

月明の陰へ陰へと鉦叩/小檜山繁子

繋ぎ打つ鐘は別なる鉦叩/原田青児

落日の奢りのあとの鉦叩/友岡子郷

街騒にふとある静寂鉦叩/榊原知之

近きより海の暮れゆく鉦叩/後藤章

追憶が我をさいなむ鉦叩/福田蓼汀

俳句例:41句目~

墓守の火種も消えて鉦叩/斎藤夏風

野路暮れて草の陰より鉦叩/星野椿

鉦叩たゝきて孤独地獄かな/安住敦

鉦叩ひとり遊びの独り言/長田群青

わが心ひそかに聞ゆ鉦叩/中村汀女

鉦叩少し急いでゐる如く/岸本尚毅

鉦叩山鳴熄めばまた叩く/米谷静二

ひそと忌を修すに囃す鉦叩/稲畑汀子

あるだけの山星いでぬ鉦叩/兒玉南草

鉦叩すがれの鉦を二つ三つ/大橋敦子

鉦叩たたきつかれて雨到る/菖蒲あや

逝きし人憶へる耳に鉦叩/五十嵐播水

頬杖のおのづと伏目鉦叩/稲垣きくの

誰がために生くる月日ぞ鉦叩/桂信子

鉦叩たゝきやめたる虫の声/富安風生

鉦叩ところを移す幽かかな/中村汀女

だんだんと地中へ沈む鉦叩/野中亮介

だんだんに心一つに鉦叩/深見けん二

とぎれしがまた訥々と鉦叩/重見和子

なきそめし今夜の虫は鉦叩/高野素十

俳句例:61句目~

なき初めて今宵の虫は鉦叩/高野素十

眠られぬ夜は光りをり鉦叩/大屋達治

鉦叩なきをり暇申しけり/小原菁々子

鉦叩ひかへめにして正確に/中嶋秀子

鉦叩ひとり尋ねてきたりけり/中田剛

まつくらな那須ヶ原の鉦叩/黒田杏子

鉦叩まひるの鉦はけどられず/樋笠文

鉦叩一打も弛みなかりけり/倉田紘文

鉦叩今日の余白を埋めをり/吉田節子

鉦叩他人の運命定めをれば/川村紫陽

目を病めば今宵も早寝鉦叩/小坂蛍泉

滴中に打たせゐるもの鉦叩/石田郷子

中興の鉦叩とぞ最期の打/佐々木六戈

亡き子あらば今頃帰る鉦叩/福田蓼汀

亡父の夢覚めて懐かし鉦叩/河津紅子

眠たさの一途の子かな鉦叩/石塚友二

吾れのみの刻過ぎ易し鉦叩/高木晴子

やがて暁そゆゑの闇の鉦叩/石塚友二

胸倉という倉のつめたさ鉦叩/澁谷道

姨石の闇にしるべの鉦叩/佐藤美恵子

俳句例:81句目~

己れ打つ音ひたすらに鉦叩/高橋悦男

鉦叩思ひだしてはまた叩く/杉山青風

御遺影の花にまた来よ鉦叩/田中由子

鉦叩星の生死を音としたり/秋山貞彦

戸に触れし風の広さや鉦叩/斉藤夏風

鉦叩昼を淋しくすることも/稲畑汀子

気兼なき一人のくらし鉦叩/翁長恭子

毎晩の鉦叩なりなつかしく/河野静雲

黒塗りの昭和史があり鉦叩/矢島渚男

掃き終へし畳つめたき鉦叩/菖蒲あや

母逝きて幾夜を経たる鉦叩/三好潤子

鉦叩近づきし忌を違へずに/山田弘子

繕つてをればやすらぎ鉦叩/松山足羽

月出でて四方の暗さや鉦叩/川端茅舎

確かめて確かめて打つ鉦叩/西村和子

母恋ひの二タ夜の同じ鉦叩/高田秋仁

連衆の数をたのまず鉦叩/佐々木六戈

離れいるときを大事に鉦叩/高澤晶子

雨脚に早打ちとなる鉦叩/松尾崎明美

いねがての潮騒のなか鉦叩/佐野まもる

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ