季語/新酒(しんしゅ)を使った俳句

「新酒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「新酒」について

【表記】新酒

【読み方】しんしゅ

【ローマ字読み】shinshu__

子季語・関連季語・傍題・類語など

・新走り(あらばしり:arabashiri)

・今年酒(ことしざけ:kotoshizake)

・早稲酒(わせざけ:wasezake)

・利酒(ききざけ:kikizake)

・聞酒(もんしゅ:monshu)

・新酒糟(しんしゅかす:shinshukasu)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

新酒を含む俳句例

瓢成て入り七合や今年酒/純

迸る音の確や新走/富田のぼる

征く君に熱き新酒とおぼえけり

新走長広舌を揮ひけり/仲岡楽南

鬼貫や新酒の中の貧に處ス/蕪村

新走り越後に命養へと/長谷川櫂

新走その一掬の一引を/稲畑汀子

新酒や秋風渡る蔵の隅/浜田酒堂

宵々の二合のきめや今年酒/抱琴

利酒に酔ふてもどるや秋の市/臥央

遠山は雨か飲み干す新走/服部一彦

美しき猿臂のばせり新走り/的野雄

笑ひ皺ふかめし翁新走/長谷川和子

決断は二つに一つ新走り/水原春郎

新走り身の影をおく畳かな/桂信子

聟入に樽提て来る新酒哉/高井几董

大厄を残して夫の新走/中村真由美

松風に新酒を澄ます山路かな/支考

四十五年我に妻無し新走/岡本圭岳

馬方に價問ひけり今年酒/寺田寅彦

俳句例:21句目~

枯萩を折焚く宿や今年酒/松瀬青々

斧置いて框に杣や今年酒/野村泊月

霊前の榊にそゝぐ新酒哉/寺田寅彦

蔵明けて旅人入るゝ新酒かな/月居

よく飲まば価はとらじ今年酒/太祇

利酒や北信五岳背にし/北見さとる

晩年の序の口にして新走り/高澤良一

新酒や天窓叩きてまいる人/黒柳召波

槽上げの玉ほとばしる新走/慶徳健吾

新酒を醸す祈りの杜氏の唄/石塚友二

病床に届けてくれし新走/田畑美穂女

百姓の顔してつぶれ新走り/河野南畦

利酒や胡桃を割つて宴なす/笠原古畦

新酒酌む口中の傷大にして/櫂未知子

杉玉にみどりの残る新酒蔵/佐藤信子

燗もせぬ新酒の味や唐辛子/寺田寅彦

父が酔ひ家の新酒のうれしさに/召波

甕の罅新酒に熊を祭りけり/会津八一

盗みたる新酒の味や唐辛子/寺田寅彦

直会といふは新酒と鯣なり/猿渡青雨

俳句例:41句目~

一滴もあまさぬ新酒貧清し/栗生純夫

秋田より新酒と髭の男来る/都筑智子

芒さす樽や新酒の贈り物/古屋幾句拙

二三子の携へ来る新酒かな/高浜虚子

菊咲いて自ら醸す新酒かな/高浜虚子

憂あり新酒の酔に托すべく/夏目漱石

八九分に新酒盛べし菴の月/高井几董

升呑の價はとらぬ新酒かな/蕪村遺稿

落慶の寺に新酒の樽とゞく/小野秀子

薄給に妻を愛する新酒かな/会津八一

衣更へて新酒樽に屋號かく/内田百間

父に供へ妻が相手や今年酒/今泉貞鳳

唐辛子は赤し新酒は酒倉に/田中冬二

孫六の切あじ談る新酒かな/井上井月

猪口の波そのまま口へ今年酒/角光雄

馥郁と流人の島の今年酒/鳥居おさむ

新走舐めて西鶴忌なりけり/柴田孤岩

山の聟七晩とまる新酒かな/北村春畦

山ン神祀りて杣の新酒酌む/青柳照葉

ひんがしに校舎二つの新走/平橋昌子

俳句例:61句目~

忽然と山河ありけり新走り/永末恵子

拭きこみし酒蔵の階新走/深見けん二

恋にせし新酒呑けりかづら結/炭太祇

恙なく帰国の夫に新酒酌む/野畑節子

新走りほてりし顔のひとりなる/原裕

新走り赤子は二日泊りにて/中村祐子

新走樽絵師も来て機嫌かな/中川四明

早稲酒や難波長者の笑ひ聲/井上井月

ひしこを得て厨に捜る新酒哉/寺田寅彦

伊丹風の一句作らばや今年酒/岡野知十

浮世いかに貧乏徳利の新酒哉/寺田寅彦

早稲酒に垂打ぱかり酔にけり/加舎白雄

母衣かけて新酒に酔る祭かな/黒柳召波

筋書のなき世は楽し新酒どき/西川五郎

南国の猪口はおほぶり新走/高橋ツトミ

樽の香の少し残りし新酒かな/高濱年尾

神饌に産地さまざま今年酒/佐々木久子

老いて会ふ寮友三五今年酒/下村ひろし

舟盛はいまだ崩さず今年酒/上林レイ子

登り窯新酒を小さく祀りたり/辻田克巳

俳句例:81句目~

山神に新酒を供へ石を切る/児玉菊比呂

一本は彼女の為の新酒かな/稲畑廣太郎

九十九の鼻かけ猿に新酒かな/立花北枝

口福といふ字ありせば新走り/大野崇文

柿むいて新酒の酔を醒すべく/寺田寅彦

家に蔵すひとますかめや新走/中川四明

杉玉の新酒のころを山の雨/文挾夫佐恵

詩僧棲む此庫裡新酒熟すべし/渋川玄耳

新走り出雲の闇を密にして/加藤三七子

客観のコーヒ-主観の新酒哉/寺田寅彦

明き灯に新酒の酔の発しけり/日野草城

貧農の足よろよろと新酒かな/飯田蛇笏

買ほどは尽さぬ旅の新酒かな/黒柳召波

岳下り来て安曇野に新酒酌む/岡田貞峰

長老と諸君とありて新酒酌む/富田巨鹿

伊良胡崎新酒の杯を洗ひけり/松瀬青々

次の間に玉兎はこびぬ新走り/水内慶太

我もらじ新酒は人の醒やすき/服部嵐雪

新酒くまん四十九年の秋は何/加舎白雄

新酒酌むは中山寺の僧どもか/子規句集

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ