季語/雨蛙(あまがえる)を使った俳句

「雨蛙」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雨蛙」について

【表記】雨蛙

【読み方】あまがえる

【ローマ字読み】amagaeru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・青蛙(あおがえる:aogaeru)

・枝蛙(えだかわず:edakawazu)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

雨蛙を含む俳句例

集金は残り一軒雨蛙/納谷一光

雨蛙母の通ひし寺を訪ふ/原裕

麦藁の家してやらん雨蛙/智月

雨蛙啼くや一面桑畠/野村喜舟

椎茸の笠きて踊れ枝蛙/中勘助

雨蛙青梅街道曇りけり/野村喜舟

雨蛙芭蕉に乗りて戦ぎけり/其角

雨蛙斉唱日照雨美しく/山口青邨

仏塔に届かぬ声の雨蛙/古舘曹人

雨蛙黒き仏の宙に鳴く/山口誓子

雨蛙鳴いて予報を覆す/小島左京

暗しただ暗し雨蛙啼く/岸風三樓

雨蛙透明な円ころがれり/加藤楸邨

鬱として柳の雨や枝蛙/岡本癖三酔

秋立つや鑑真和上と雨蛙/角川春樹

うたかたに賑ふ水面雨蛙/稲畑汀子

枝蛙子とまねせしに噤みたる/篠原

枝蛙居たり塔頭の白壁に/尾崎迷堂

桜の木よりりんりんと雨蛙/原田喬

竹林の整ひゐたる枝蛙/折野美恵子

俳句例:21句目~

雨蛙とびかふ羅漢浄土かな/飴山實

橋立は雨にかくれて雨蛙/鈴木花蓑

雨呼ぶや観世音寺の雨蛙/山口青邨

雨蛙一枚青き皮膚持てり/立岩利夫

雨蛙児の眼届かぬ辺に逃す/樋笠文

黄落に声も染まりて雨蛙/堀口星眠

一湾の汐満ちてきし雨蛙/矢部八重

万太郎なき曇り日の雨蛙/三好達治

恐る~芭蕉に乗つて雨蛙/夏目漱石

佛塔にとどかぬ聲の雨蛙/古舘曹人

雨蛙明恵坐禅の宙に鳴く/右城暮石

切々と殉教の地の雨蛙/古賀まり子

雨蛙杉脳天へまっすぐに/下村槐太

雨蛙樫のそよぎに雲忙し/飯田蛇笏

雨蛙畳叩きて追ひ出せり/奈良文夫

雨蛙緑の皮と共に跳ぶ/百合山羽公

大旱の夜風に鳴きて枝蛙/石原舟月

安曇野の夜雲に聡し雨蛙/堀口星眠

雨蛙聴き給ふ仏指を頬に/福田蓼汀

雨蛙菜殻焼く火に声合せ/右城暮石

俳句例:41句目~

雨蛙西日移りて林檎炎ゆ/飯田龍太

茶飯とる汝は座禅の雨蛙/古舘曹人

山吹の葉の色したり雨蛙/右城暮石

山柴を外づす肢かも枝蛙/飯田蛇笏

山霧や虫にまじりて雨蛙/飯田蛇笏

あか~と旭さし来りぬ枝蛙/岡本松浜

枝蛙鳴けよと念ふ夜の看護/加藤楸邨

雨蛙たたへきれずに雲の量/野澤節子

雨蛙しきりに鳴いて流れ雲/中野三允

雨蛙が雨呼ぶ梅の青さにて/細見綾子

すさまじき霧にひびかふ枝蛙/瀧春一

雨蛙おそき蹈鞴を踏み出だす/齋藤玄

ひとつ音や仰臥の顔に雨蛙/石川桂郎

武家屋敷暗しくらしと雨蛙/堀口星眠

一幹の目をやるところ雨蛙/石川桂郎

沈黙をまだつゞけゐし雨蛙/右城暮石

十月の風雨明けゆく雨蛙/水原秋櫻子

葛城の雲のうながす雨蛙/水原秋櫻子

焚きつける風呂の蓋にぞ雨蛙/原月舟

坐禅石にねむりふかめて雨蛙/杉本寛

俳句例:61句目~

寄せ書の灯を吹く風や雨蛙/渡辺水巴

煙草盆に雨蛙来し咫尺かな/尾崎迷堂

産み月をなほ通ひ婢よ雨蛙/皆吉爽雨

引く草の色より抜けて雨蛙/大滝時司

人見知りする幼な子よ雨蛙/伊藤淳子

雨蛙人を恃みてうたがはず/富安風生

枝蛙のど風船にして鳴けり/松田弘子

雨蛙告ぐるな邪宗念持仏/水原秋櫻子

朴の葉にころがる雨や枝蛙/木津柳芽

枝蛙昼のまゝゐぬ蚊火明り/鈴木花蓑

朱椀まゐる一人茶飯や雨蛙/古舘曹人

遠き日のてのひらに乗る雨蛙/苗代碧

枝蛙病臥の妻に灯をともし/鈴木五鈴

雨蛙朝寝の足を冷しをり/米沢吾亦紅

枝蛙喜雨の緑にまぎれけり/西島麦南

雨蛙枝おほかたは闇抱き/渡邊千枝子

枝蛙風にもなきて茱萸の花/飯田蛇笏

朝のみの瓜の花かな雨蛙/大谷碧雲居

枝蛙鳥のごと鳴く若葉かな/鈴木花蓑

藤の芽を撓めて落ちぬ雨蛙/前田普羅

俳句例:81句目~

枝蛙女這入りて瓦斯ひねる/下村槐太

月の波ひろごる瀞や雨蛙/佐野青陽人

雨蛙折檻の子のやはらかき/石田波郷

雨蛙レインコートの女細身/大野林火

読むほどに眼ほとびぬ雨蛙/野澤節子

雨蛙乗りて浮葉の定りぬ/後藤比奈夫

曇り来て諸仏面伏す雨蛙/水原秋櫻子

秋の日や啼いて眠りし枝蛙/渡邊水巴

雨蛙鳴いて李の葉はにほふ/高濱年尾

雨蛙鳴いて牧場ひつそりと/高浜年尾

雨蛙鳴くやひゞかふ土と水/沢木欣一

雨蛙鳴く日よ痛む膝の芯/水原秋櫻子

秋風やうしろ向きたる枝蛙/萩原麦草

雨蛙乾からびて居る日南哉/杉野海棠

雨蛙草より上衣まとはぬ旅/古館曹人

古きものは楡やにはかに雨蛙/古舘曹人

少しずつ死んでゆく日の雨蛙/高澤晶子

尿前のふるみち失せぬ雨蛙/水原秋櫻子

山の子のいつもひとりで雨蛙/中村汀女

雨蛙故人が好きで鳴きにける/岸風三楼

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ