季語/鴉の子(からすのこ)を使った俳句

「鴉の子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鴉の子」について

【表記】鴉の子

【読み方】からすのこ

【ローマ字読み】karasunoko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・子鴉(こがらす:kogarasu)

・親鴉(おやがらす:oyagarasu)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

鴉の子/子鴉を含む俳句例

親烏子烏に山深き湖/高木晴子

鴉の子一日中を青の中/中川宋淵

子鴉の峠短し明智領/大峯あきら

子鴉に水も緑の越の国/成田千空

子鴉の電柱伝ひ特訓中/高澤良一

考へて一尺飛べり鴉の子/石塚友二

子鴉の脚にまつはる火山灰/真山尹

行春や海を見て居る鴉の子/諸九尼

子鴉のなく雲の流るゝ/中塚一碧樓

子鴉の母呼ぶ李月夜かな/内藤鳴雪

子鴉の姿もやがて樟樹頭/高澤良一

子鴉に鳴く声太し親鴉/高橋淡路女

乳牛の鼻先あまし烏の子/野澤節子

神木を遊び場にして鴉の子/高澤良一

子鴉に石段長き霊地かな/大峯あきら

烏の子白は不徳と教へられ/堀切武雄

榛の木に子鴉むれて秋の風/飯田蛇笏

仏飯の箸をいぶかる烏の子/長谷川双

子鴉の分際にして威嚇すか/高澤良一

悪態をつく子鴉に生れけり/高澤良一

俳句例:21句目~

山中に大きほとけや鴉の子/関戸靖子

子烏の口中不気味なる真赤/山口笙堂

子烏の枝移りして巣隠りぬ/請井花谷

子烏を飼へる茶店や松の下/高浜虚子

子鴉がいる巣の先の軍樂隊/加川憲一

子鴉や前のめりして枝を得し/島村元

子烏のあまた居並ぶ冬の畦/椎橋清翠

薬莢の暗がりに啼く鴉の子/永方裕子

子烏のづぶと濡れたる若葉かな/素丸

子烏に西は明るき燗冷まし/橋石和栲

風切羽きられて育つ烏の子/村上鬼城

鴉の子もとより黒し声太し/右城暮石

棒立てて田の神を呼ぶ鴉の子/中拓夫

鴉の子純白の糞落としけり/西本一都

子烏のくちばし鳴らす寒さ哉/中川宋淵

子鴉に牛の背不思議な青大地/篠田悦子

子鴉の夕立なごり翔べるあり/松村蒼石

子鴉の屋根踏む音を憎みけり/星野麦人

ふりむけば塔婆と昃る烏の子/長谷川双

子鴉は僧正谷にいつも鳴く/大峯あきら

俳句例:41句目~

山の日の極楽いろに鴉の子/柴田白葉女

松の葉を噛んで頸垂れ鴉の子/橋本鶏二

水呑んで農夫の道を鴉の子/秋元不死男

烈風に巣ごと飛ばされ鴉の子/大高千代

烏の子一羽になりて育ちけり/村上鬼城

烏の子早や一策をめぐらする/沢田嘉子

石を積む遊びを覚え烏の子/河内きよし

羽切られロンドン塔の烏の子/下村梅子

草山に下りてまばらや鴉の子/萩原麦草

とびうつる形小さく鴉の子/波多野爽波

行く春や海を見て居る鴉の子/有井諸九

とろとろと日は水口に烏の子/長谷川双

とん~と歩く子鴉名はヤコブ/高野素十

のこる雪鴉の乗りて越後の田/宮津昭彦

公園の枯木に烏の子ゐねむり/高木晴子

埒もなきもの奪ひあひ烏の子/長谷川双

鴉の子代田の水をおそれけり/石田勝彦

鴉の子僧侶の墓にきて遊ぶ/坂本登美子

鴉の子尻なき尻を振りてけり/飯島晴子

子烏のうろうろととをかかあかな/一茶

俳句例:61句目~

鴉の子紙裂く音に首かしげ/大木あまり

山頭火句碑や烏の子が啼けり/北見さとる

子烏のひとつが去らぬ野の暮光/河合凱夫

飛んでゐるつもりで走る烏の子/高橋悦男

鴉の子さびしいか胸の金ボタン/遠山郁好

子鴉に凌霄花日ごと咲きのぼり/松村蒼石

たべ飽きてとんとん歩く鴉の子/高野素十

口あけて屋根まで来るや烏の子/正岡子規

鴉の子吾を訝しみ寄り来るよ/山田みづえ

あかときの啼き遅るるは鴉の子/日向洋子

ふどし結ふことが愉しや泳ぎの子/烏頭子

子鴉の頸毛吹かれて海を見る/長谷川かな女

子烏のひねもす親を待ちてなく/川原みや女

烏の子まことしやかに黝きかな/成瀬桜桃子

鴉の子飼うて茶を売るたつきかな/島田青峰

ひるのひかりの楢山越えの鴉の子/奥山甲子男

草のみだれ子鴉ないて埓なき野/飛鳥田れい無公

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ