季語/河鹿(かじか)を使った俳句

「河鹿」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「河鹿」について

【表記】河鹿

【読み方】かじか

【ローマ字読み】kajika

子季語・関連季語・傍題・類語など

・河鹿蛙(かじかがえる:kajikagaeru)

・初河鹿(はつかじか:hatsukajika)

・夕河鹿(ゆうかじか:yukajika)

・河鹿笛(かじかぶえ:kajikabue)

・河鹿宿(かじかやど:kajikayado)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

河鹿を含む俳句例

夕河鹿閉門の音苔寺に/及川貞

鈴河鹿鳴く一枚の橋のうら/裕

眦を波にしづめし河鹿かな/青畝

澗声に河鹿は玉を転ばしむ/敦子

水音は二階に高き河鹿かな/英治

河鹿鳴く宿の鏡に代りあひ/汀女

牡丹に未開の真紅かじか領/原裕

石佛の菅尾の里の河鹿笛/尾石ゑい

うつくしき女主の河鹿宿/京極杞陽

初河鹿遠きはまぎる瀬の音と/湘子

清滝の瀬音まじりに初河鹿/杉良介

河鹿笛競ひて花まつり前夜/樋笠文

昼河鹿働く日々の力抜く/旗川青陽

杣人の祈りの長し夕河鹿/影島智子

古鏡磨き込まれし河鹿宿/渡辺恭子

夕河鹿一人の旅は独り酌む/瀧春一

河鹿鳴き星も俄かに躍り出づ/あや

河鹿聴くわれ一塊の岩となり/蓼汀

河鹿笛田植の雨が重くなり/中拓夫

鳴きとよむ水の暗さの恋河鹿/原裕

俳句例:21句目~

貴船路は雨もあをしや初河鹿/たつ

河鹿湧く夕杉山のほとぼりに/岸田稚

七ヶ宿の三つ経て関の夕河鹿/岸田稚

水石に激する処河鹿鳴く/野田別天楼

河鹿渓木橋がつなぐ行者/つじ加代子

河鹿笛白日を水急ぎつつ/猪俣千代子

向ひ宿の人にこゑかけ夕河鹿/岸田稚

淵の名を盥と呼べり初河鹿/西本一都

境涯は語るべくあり河鹿宿/井上哲王

仮の世と思ふ河鹿の声の中/村沢夏風

旅衾温もれば想ふ河鹿の音/林原耒井

白袖振つて巡りゆく川夕河鹿/草田男

河鹿きく我衣手の露しめり/杉田久女

夕河鹿女ひとりの宿乞ふも/大橋敦子

夕河鹿百のランプを配り初む/青邨/

洛中へ水の過ぎゆく夕河鹿/加藤耕子

水音の五線音譜に乗る河鹿/稲畑汀子

河鹿鳴く炭焼小屋の夜明哉/寺田寅彦

河鹿鳴く水打つて風消えにけり/亜浪

河鹿鳴く方へ径の辿らるる/清崎敏郎

俳句例:41句目~

河鹿聞く夕宇治橋に水匂ひ/皆吉爽雨

河鹿鳴く夕宇治橋に水匂ふ/皆吉爽雨

瀬の音と全く離れ河鹿更け/高濱年尾

河鹿聴く我一塊の岩となり/福田蓼汀

湯宿皆夕影ひきぬ河鹿鳴く/高浜虚子

朝河鹿孤つ鵜が風迎へをり/佐野良太

鳴く河鹿膳の縁まで川の闇/岡田日郎

屏風岩河鹿が鳴けば谺する/塚田正子

鳴き出でし滝の中なる河鹿かな/花蓑

杉山に杉の風彦河鹿鳴く/鈴木蚊都夫

歌劇場川向ふなり河鹿啼く/滝井孝作

河鹿の音光の糸を伝ひくる/石原八束

錦川うつせる花に早河鹿/鈴鹿野風呂

水牢のあたり曲れる河鹿川/小島左京

野外劇待つ何処より河鹿笛/村上絢子

一椀の茶粥や近く河鹿の瀬/石川桂郎

茶摘あと麦刈までの夜の河鹿/中拓夫

肌にくる湯脈水脈夕河鹿/中戸川朝人

旅人に枕がかたし河鹿鳴く/原子公平

河鹿笛吹きつつ童瀬に立てる/田村了咲

俳句例:61句目~

河鹿笛村は小さきほどよかり/齋藤美規

おんそはか河童明神夕河鹿/八木林之介

河鹿聞くとて宿の灯を細うせり/上野燎

河鹿聴く落人に似し停年後/小川原嘘師

河鹿鳴いて石ころ多き小川哉/正岡子規

河鹿鳴き水いそぎつつ平らなり/秋櫻子

河鹿鳴く川原が見えて一軒宿/高澤良一

ねむたくて河鹿か石か白千曲/和知喜八

ふと鳴いて河鹿千曲の水送る/野澤節子

河鹿鳴く己れの態の石に居て/大口蘇峰

浴衣より白き胸もち河鹿聴く/近藤一鴻

渓音にまぎれず月の河鹿かな/有泉七種

湯宿みな夕影ひきぬ河鹿鳴く/高浜虚子

珈琲店河鹿鳴く瀬の風入れて/手島靖一

窯出しの壺の渋みや河鹿鳴く/小熊秀子

笠を手にいそぐ夕や河鹿鳴く/正岡子規

世を一寸離れ河鹿を聞いてをり/佐藤艸

人麿も妻恋ひ聞きし河鹿ゆゑ/井上哲王

吊橋や河鹿澄む岩平たく見ゆ/原田種茅

花の夜の星空河鹿啼きそめぬ/渡邊水巴

俳句例:81句目~

袋田の吊橋ゆるゝ初河鹿/中溝/八重子

夕暮の河鹿にそゞろ歩すも旅/高木晴子

遅き月蕗にさしゐる河鹿かな/加藤楸邨

夕河鹿訪ふたび淡き父母の国/江口千樹

闇の底すずやかに揺れ河鹿笛/関森勝夫

雨の間の河鹿の誘ふ寝酒かな/石川桂郎

露天湯に星の近づく河鹿笛/岩谷天津子

夜更けて河鹿鳴き出す長良川/磯野充伯

大巌にぼやと月さす河鹿かな/中島月笠

鬼無里村河鹿謡へり鬼女紅葉/高澤良一

高千穂の村人無口かじか鳴く/遠藤春塔

山の湯が利いて快眠かじか宿/高澤良一

山風や河鹿の聲の水放れ/安斎櫻カイ子

崩れたる水車の跡や河鹿鳴く/寺田寅彦

昼ながら杉に月ある河鹿かな/芝不器男

昼河鹿ささやくほどの声流し/今本まり

水透きて河鹿のこゑの筋も見ゆ/五千石

水際まで山落ちてゐる河鹿笛/矢島渚男

河鹿の音月あるときは中空に/松村蒼石

河鹿寒し障子の内の君が膝/大谷碧雲居

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ