季語/胡桃の花(くるみのはな)を使った俳句

「胡桃の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「胡桃の花」について

【表記】胡桃の花

【読み方】くるみのはな

【ローマ字読み】kuruminohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

胡桃の花を含む俳句例

雲溜る城下甍と花胡桃/宮津昭彦

産土の上に浅間や花胡桃/茂里正治

花胡桃歩みて手足明るくす/岡本眸

人老いて胡桃の花の下通る/前澤宏光

春雨に胡桃の花も落るとや/中村史邦

杣みちの目で渡る川花胡桃/伊藤白潮

花胡桃泛かべて瀞の夕明り/下田雄次

追分は風吹き抜けて花胡桃/井本農一

仏縁に垂れて胡桃の花みどり/宮津昭彦

日輪は胡桃の花にぶらさがる/山口青邨

のぼり来て冨士失ひぬ花胡桃/巌谷小波

沢音やみどりの紐の花胡桃/山田みづえ

花胡桃さんさんと雲定まらず/廣瀬直人

花くるみ土鈴は蒼き音を出す/伊藤敬子

この頃の信濃大好き花くるみ/高澤良一

沢音やみどりの紐の花胡桃/山田みづえ

緑濃きリボンを揺らす花胡桃/羽根田邦子

花くるみつめたき雫こぼしけり/高澤良一

一壺あり活けられたるは花胡桃/池内たけし

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ