季語/枯菊(かれぎく)を使った俳句

俳句例:201句目~

火のはしるより枯菊の香に立てる/大橋敦子

枯菊に此の廬の窓を修すなし/長谷川零餘子

枯菊を焚きてこの世に遊びをり/織田/道子

枯菊を焚いて忌日の手向けとも/太田きん子

かの人に逢はざりしより菊枯るる/成瀬桜桃子

菊枯れてわれまたやがて焼かれる身/折笠美秋

他人の家の枯菊焚いてみたきかな/上野さち子

菊枯れたり垣はあれどもまたぐも可/高田蝶衣

畑をめぐりて菊枯るゝ戸に年賀かな/大谷句佛

枯菊を焚きつゝおもふこと一つ/久保田万太郎

菊枯れてこまごまと日の当るかな/山本けんじ

枯菊や北斗も嵯峨も打ちまじり/阿部みどり女

もの枯るゝ中に菊枯るあきらかに/池上浩山人

枯菊を焚きたる灰のあがりけり/久保田万太郎

菊枯れて泣かねばならぬこともなし/鈴木真砂女

菊枯れしまま年を越し雨にうたれをる/栗林一石路

菊枯れて枯れてあとかたなかりけり/久保田万太郎

枯菊のつかねほぐせば青葉あり/瓜燈籠/西村白雲郷

枯菊に藍玉くだく筵かな/烏不關句集/織田烏不關、吉田冬葉選

タイトルとURLをコピーしました