季語/冬凪(ふゆなぎ)を使った俳句

「冬凪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬凪」について

【表記】冬凪

【読み方】ふゆなぎ

【ローマ字読み】fuyunagi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒凪(かんなぎ:kannagi)

・凍凪(いてなぎ:itenagi)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬凪を含む俳句例

冬凪の表面張力妻の恋/高橋彩子

寒凪や水平線に船生れし/東容子

冬凪や煙のごとき雑木山/高須茂

冬凪や置きたるごとく桜島/轡田進

冬凪といふと雖も浪の音/高浜虚子

寒凪や亀甲厚き松の瘤/百合山羽公

冬凪の松傾くに貯木守る/木村蕪城

寒凪の夜の濤一つ轟きぬ/川端茅舎

わが車窓板張りに寒凪の海/林原耒井

農の閑愛書ひたすら冬凪す/飯田蛇笏

聖堂を芯に一湾冬凪げり/下村ひろし

戦場に続く海なり冬凪げる/水原春郎

冬凪の海の上まで鳥羽市内/右城暮石

寒凪や積木のごとき山の墓/岡本高明

冬凪ぎて砂に小貝の美しく/吉屋信子

冬凪や水に映れる船の文字/加藤霞村

冬凪や漁師ばかりの理髪館/水野李村

寒凪の夕月早く葱掘れる/金尾梅の門

冬凪は余りに淋し菊を切る/宮崎寒水

冬凪や一木の齢ここに澄む/赤尾兜子

俳句例:21句目~

冬凪の馬体たびたび現はると/中田剛

冬凪のさざ波天に連なりぬ/工藤久平

寒凪や薩摩切子も海のいろ/大立しづ

寒凪の筬の音追ふ筬の音/殿村莵絲子

冬凪や鉄塊として貨車憩ふ/木下夕爾

寒凪の沖の小島ゆ雲に伏す/田中水桜

冬凪いでゐても欠航なりし霧/稲畑汀子

冬凪ぎて黄泉比良坂どの撓ぞ/宮津昭彦

冬凪ぎにまゐる一人や山神社/飯田蛇笏

冬凪ぎの山国目覚め黒き猫/五十嵐春草

冬凪げる湖心に遇ひし雁の列/相馬遷子

冬凪に六万五千トンの航く/稲畑廣太郎

冬凪に冥き沖あり河豚干さる/高本松栄

冬凪に老の美貌をしげしげと/大塚去村

冬凪の倒れくるもの本その他/永末恵子

冬凪の波止に荷下ろす旅一座/伊東白楊

冬凪の海岸の家の若き人の死/喜谷六花

冬凪の海岸道路出来つゝあり/高濱年尾

冬凪の海引き潮か満ち潮か/鈴木半風子

冬凪の虚子先生の浜に来し/後藤比奈夫

俳句例:41句目~

冬凪の魚油浮く潮に堂の影/下村ひろし

冬凪やうしろ手に待つ島渡舟/塙三千男

冬凪やひたと延べあふ岬二つ/井沢正江

冬凪やめし白ければまた涙/宇佐美魚目

冬凪や岩のくぼみに小蟹這ふ/河本好恵

冬凪や橋の上から鯊釣って/鈴木真砂女

冬凪や沖の巨船の向き変る/久米谷和子

寒凪の網そそぐ音江におこる/木村蕪城

冬凪や老いても太き祖父の腕/安部亜紀

大御空敵機それしか冬凪ぎぬ/渡邊水巴

寒凪ぎのせきれいつぐむ谷の石/中勘助

寒凪ぎの高鳥見ゆる峠かな/大須賀乙字

寒凪ぐや比叡頂きはとんがり帽/及川貞

寒凪といへども枕ひびきけり/黒田杏子

寒凪の担架の空の屋根ばかり/太田鴻村

寒凪の水にやすらふ羽虫かな/渡辺水巴

寒凪の海へ寒河の光りゆく/百合山羽公

寒凪の海を動かす澪つくし/百合山羽公

寒凪の落木もろく踏まれけり/西島麦南

寒凪やなかなか消えぬ汽車の尻/飴山實

俳句例:61句目~

寒凪やタブの影おく海鼠の江/前田普羅

寒凪や歩いて行けさう初島は/和田祥子

寒凪や浅からぬ遠ちの友来る日/及川貞

寒凪や重なる伊豆の島ふたつ/三溝沙美

荒野深く実生の松の冬凪ぎぬ/渡邊水巴

返照におちょろ船かも冬凪ぎて/及川貞

冬凪の伊豆見通しにつばき御所/荒井正隆

寒凪の鴎かたむき水尾に下る/米沢吾亦紅

冬凪のしづけさ空の鳶にまで/永田耕一郎

寒凪や伊根の舟屋は魚籠を干し/秋田安穂

冬凪の波こそ愛せあはうどり/大木あまり

冬凪のおろかに晴るる芯にゐて/平井照敏

寒凪の孤舟となりて鯛を釣る/佐野まもる

冬凪ぎて勅語ひゞきし御空なる/渡邊水巴

冬凪の檸檬色づくほのかなり/水原秋櫻子

寒凪の微塵もたゝぬ家居かな/金尾梅の門

寒凪や銀河こぼるゝなまこの江/前田普羅

忘却の冬凪身もだえ詑ぶ者無し/香西照雄

光る海光らぬ熔岩と冬凪げり/下村ひろし

猫柳寒凪ぎに似し日嫋々/飛鳥田れい無公

俳句例:81句目~

男は次郎長の清水の海の冬凪/中塚一碧樓

伊吹峨々と眉に迫りて冬凪げり/高木蒼梧

冬凪や埠頭倉庫は荷の満てる/五十嵐播水

冬凪や比枝の杉間の琵琶巨細/東洋城千句

冬凪げる瀬戸よ比売宮ふしをがみ/杉田久女

冬凪や身透きし烏賊を干しならべ/北野民夫

寒凪の渦をゆたかに押しながす/佐野まもる

寒凪のひと日の起居のぞかばや/金尾梅の門

寒凪の初場所日和つヾきけり/久保田万太郎

寒凪やはるかな鳥のやうにひとり/清水径子

冬凪の漁舟きらめくもの積めり/米澤吾亦紅

柿の木のしだれ照る実の冬凪ぎぬ/渡邊水巴

世を捨てしごと冬凪の波止に釣る/上崎暮潮

残照といへど寒凪の起重機にのみ/米沢吾亦紅

寒凪のたまたまかすみわたりけり/久保田万太郎

冬凪のつひにしづめる日なりけり/久保田万太郎

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ