季語/枯菊(かれぎく)を使った俳句

「枯菊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枯菊」について

【表記】枯菊

【読み方】かれぎく

【ローマ字読み】karegiku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菊枯るる(きくかるる:kikukaruru)

・枯残る菊(かれのこるきく:karenokorukiku)

・凍菊(いてぎく:itegiku)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

枯菊を含む俳句例

枯菊に冬の蝿居て庭掃除/青々

枯菊に着綿程の雲もなし/子規

枯菊の唐草模様土に描き/上野泰

乾鮭や焚く枯菊の薄畑/石井露月

眼に涙張り枯菊の力見る/齋藤玄

枯菊や墓原道の草の中/寺田寅彦

枯菊に炎とび~とび燃ゆる/素十

火の中に枯菊の花沈みけり/杞陽

枯菊を焚く美しき焔揚げ/浩山人

枯菊の水にうつりて色香なし/青邨

家家の枯菊捨てぬ滑川/松本たかし

枯菊や雨きて鶏の冠動く/飯田蛇笏

枯菊を焚き萩を焚き自愛かな/蓼汀

菊枯れて籬は川に傾ける/岸風三楼

枯菊を沈めて高き焔かな/藤崎久を

枯菊も芥のひとつ水に浮き/桂信子

枯菊を焚いて主客の心別/高濱年尾

枯菊の終の香りは火の中に/桂信子

枯菊の色失ひてなほ高し/櫻内玲子

枯菊が見てゐる村の冬仕度/有働亨

俳句例:21句目~

枯菊や籠花活の蜘蛛のいと/森鴎外

炭屑に小野の枯菊にほひけり/几董

枯菊になほ大輪の誇あり/下村梅子

炎中焚く枯菊のまだ燃えず/上野泰

枯菊や日落つる影を地に守り/裸馬

枯菊に鏡の如く土掃かれ/星野立子

枯菊を焚く枯菊のかをりかな/照敏

枯菊や桃の落葉に埋もるゝ/西山泊雲

菊枯れて梔黄ばむかき根かな/森鴎外

年盡るまで枯菊を守りけり/石井露月

庭下駄を用意枯菊焚く用意/稲畑汀子

枯菊を刈るや青空凛と張り/和泉伸好

菊枯れて松の緑の寒げなり/子規句集

ひそかなる枯菊に年改る/松本たかし

枯菊や落葉をくゞる洗ひ水/松藤夏山

枯菊や洗ひし筆を軒に吊り/遠藤梧逸

枯菊や凍たる土に立ち尽す/子規句集

菊枯れて新聞剥げぬ床の壁/会津八一

枯菊を焚く影に櫛落しけり/長谷川双

いつしかに悔も残らず菊枯れし/汀女

俳句例:41句目~

枯菊を焚く光陰を火種とし/村本畔秀

日輪のがらんどうなり菊枯るゝ/鶏二

白猫の綿の如きが枯菊に/松本たかし

枯菊を焚き鎮めたる怒かな/中村春逸

しじみ汁菊枯れし宿の蔀越/室生犀星

枯菊をひとり焚くさへ心の喪/安住敦

枯菊に一天の碧ゆるみなし/福田蓼汀

枯菊の一畝のなほ残りけり/高浜年尾

枯菊に刈り頃の色渡りけり/青木重行

よせてある枯菊も焚き初竃/田村木国

枯菊やこころ一掬づつ会ふも/赤松子

枯菊に寿像みづから刻む翁/中川四明

枯菊に尚色といふもの存す/高浜虚子

枯菊に帚塵取休みをり/阿部みどり女

枯菊に来らずなりし狐かな/高浜虚子

枯菊の影ひきそふや干炭団/田中王城

枯菊や馬洗ふ湯の流れ入る/藤野古白

蕭条の中に枯菊焚く一事/池上浩山人

枯菊に午前の曇り午後の照り/桂信子

菊枯れぬ土の硬さのおのづから/耕二

俳句例:61句目~

枯菊を燃し一通の手紙燃す/辻田克巳

枯菊をつつむ薄日の情かな/今泉貞鳳

枯菊に触れて立ちたる埃かな/上野泰

枯菊を焚き島岬けぶらしぬ/大橋敦子

菊枯れて鴻稀に来る日かな/石井露月

枯菊を焚きて焔に花の色/深見けん二

枯菊をたばね捨てあり滑川/星野立子

あまつさへ枯菊に雨そそぎけり/安住敦

菊枯るる都住ひの佗びしかり/木村蕪城

いつの続きか枯菊を眼は見つつ/斎藤玄

菊枯れてけふ麗日の虻多し/篠田悌二郎

菊枯れてちぢこまりたる庭の石/上村占

菊枯れて其後訪はず健なりや/仙波花叟

菊枯れて冬薔薇蕾む小庭かな/正岡子規

菊枯れて机辺彩るものもなし/石塚友二

菊枯れて都はるかとなりにけり/原月舟

葱引くや枯菊に遺る情もなく/尾崎迷堂

金賞の札の重さに菊枯るる/中村まゆみ

共に焚かれ枯菊と縄似てしまふ/桂信子

南のよき日当りの菊枯るゝ/楠目橙黄子

俳句例:81句目~

命ありて佇む影を枯菊に/阿部みどり女

夏菊として枯菊に移りゆく/相生垣瓜人

夕づつの珠と懸りて菊枯るる/山本歩禅

大方の菊枯れ尽きて黄菊かな/子規句集

弱き日の柊を洩れ枯菊に/阿部みどり女

掃き納め又掃き始む枯菊に/松本たかし

月の出よ枯菊のこの賑はひは/岸本尚毅

枯れ菊やすでに仏の貌をして/石川文子

枯果し菊にはなやぐ朝日かな/松藤夏山

枯菊がいま音たてゝゐる焚火/高木晴子

枯菊となりてののちの日数かな/安住敦

枯菊になほ愛憎や紅と黄と/久保より江

枯菊に初雪すこしふりにけり/桑村竹子

枯菊に草履落とすや外厠/長谷川かな女

枯菊に虹が走りぬ蜘蛛の糸/松本たかし

枯菊に風過ぎて香の立ちにけり/岸田稚

枯菊に馬は毛深き首を垂れ/北原志満子

枯菊の匂ひもあらず人ゆきぬ/室生犀星

枯菊の土に鍬打つ日ありけり/尾崎迷堂

枯菊の打ち重なりて色失せず/森山治子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ