季語/氷海(ひょうかい)を使った俳句

「氷海」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「氷海」について

【表記】氷海

【読み方】ひょうかい

【ローマ字読み】hyokai_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・海凍る(うみこおる:umikoru)

・凍海(とうかい:tokai)

・氷原(ひょうげん:hyogen)

・海氷(かいひょう:kaihyo_)

季節による分類

・「ひ」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

氷海を含む俳句例

氷海の巌畳々と濤に非ず/古館曹人

氷海やはるか一連迎ひ橇/山口誓子

氷海や船客すでに橇の客/山口誓子

黒犬も氷海を来し船の客/有馬朗人

氷海に秋日踊らす白夜行/殿村莵絲子

氷海の亀裂と亀裂相遭はず/橋本鶏二

氷海や日の一粒の珊瑚色/金箱戈止夫

氷海や月ひた走る照り昃り/鈴木花蓑

氷海に壁のごときがはだかれり/千葉仁

氷海に生まれし亀裂四月来る/山本歩禅

氷海の千鳥ら船団を率いたり/萩原麦草

氷海の涯しらしらと今日の雁/古沢太穂

氷海へ水路は藍を絞りたり/金箱戈止夫

氷海へ追ひつめられし日輪よ/坂巻純子

氷海を上る朝日に氷下魚釣/粟津松彩子

氷海の陸よりたかく見ゆるかな/伊藤凍魚

氷海やこだまさびしきわれの咳/伊藤彩雪

氷海やはやれる橇にたわむところ/山口誓子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ