季語/重陽(ちょうよう)を使った俳句

「重陽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「重陽」について

【表記】重陽

【読み方】ちょうよう

【ローマ字読み】choyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・重九(ちょうきゅう:chokyu)

・菊の節供(きくのせっく:kikunosekku)

・今日の菊(きょうのきく:kyonokiku)

・菊の日(きくのひ:kikunohi)

・重陽の宴(ちょうようのえん:choyonoen)

・三九日(さんくにち/みくにち:sankunichi)

・みくにち茄子(みくにちなす:mikunichinasu)

季節による分類

・「ち」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

重陽を含む俳句例

父母に重陽の燭奉る/香月梅邨

重陽の被綿とこそ寿/山田弘子

朝露や菊の節句は町中も/炭太祇

一僧の少し乱れぬ菊の酒/上野泰

心から栗に味ある節句かな/鬼貫

重陽の雨が叩けり真葛原/有働亨

菊の日や水すいと引く砂の中/目

末永う二人三脚菊の酒/高澤良一

雙六の石もまばらや菊の宴/俵雨

小座敷や袖で拭ひし菊の酒/一茶

菊の酒人の心をくみて酌/星野立子

草の戸の用意をかしや菊の酒/太祇

烏相撲終りて賜ふ菊の酒/板谷芳浄

重陽の風雨に菊を起しけり/橡面坊

団欒や民喜びの菊の酒/河東碧梧桐

重陽や内湖のえりは杭ばかり/民郎

重陽や底岩までも汐の澄み/有働亨

菊の日や丸うて臣を愛み/作者不知

木曽谷の養生訓に菊の酒/加藤耕子

借りかけし庵の噂や今日の菊/丈草

俳句例:21句目~

立砂の鋭く尖り今日の菊/阪本早苗

重陽や書斎に翁の酒を呼ぶ/角田竹冷

人心しづかに菊の節句かな/黒柳召波

重陽に偲びて式部官杞陽/粟津松彩子

生き上手はなし上手や菊の酒/台迪子

丹田へとくくそそぐ菊の酒/川崎展宏

重陽や海の青きを見に登る/野村喜舟

重陽の日の春慶の色に似し/岡井省二

これよりは菊の酒また菊枕/山口青邨

重陽や花麩豊かにすまし汁/有馬朗人

重陽の朝封切りし庫の酒/西山小鼓子

重陽の節句と思ふ忌日かな/稲畑汀子

重陽の栗を琥珀の珠と煮たり/秋櫻子

鍬提げて野に重陽をうたひけり/菫哉

よもぎふや袖かたしきて菊の酒/一茶

重陽や天日変はりなく廻り/福島清恵

重陽や帯に織り込む金の蝶/阿戸敏明

菊の香にくらがり登る節句かな/芭蕉

菊の日や御岳烏も出でて啼く/蒼きう

重陽の穴ある三角定規かな/栗栖恵通子

俳句例:41句目~

重陽や冷き茣座を抱いてゆく/飯島晴子

重陽や出逢ひ約せし日の遥か/蒲みつる

重陽や眠つたままの着物出す/土生依子

重陽や青柚の香ある雑煮椀/水原秋櫻子

ほこほこと菊の宴の炬燵の火/木村蕪城

日出づるところの天子菊の宴/福田把栗

菊の宴に心利きたる下部かな/夏目漱石

くさの戸の用意おかしや菊の酒/炭太祇

重陽や温室の七棟灯ともりて/加藤草杖

去来忌や相逢うて酌む菊の酒/茂里正治

売文は明日へまはして菊の酒/加藤郁乎

母を締め吾を締むる帯菊の酒/大館史子

船を憶ふわれらが集ひ菊の酒/高濱年尾

草の戸や日暮てくれし菊の酒/松尾芭蕉

菊の酒一杓づゝの回向かな/都甲久美子

菊の酒上げて卒寿を自祝せん/村上三良

菊の酒酌むや白衣は王摩詰/芥川龍之介

身の内のこきと音して菊の酒/川崎展宏

正午かと思へば菊の節句かな/清水径子

塗師蔵へ重陽の潮照り返す/本谷久邇彦

俳句例:61句目~

太刀持の脊中に菊の日なた哉/高井几董

菊の日の長き汀を歩きをり/大峯あきら

菊の日の陽明り残る磯の空/古畑丁津緒

重陽の屋上にこそ運ばれめ/相生垣瓜人

重陽の改札口にもたもたす/伊規須富夫

重陽の日や琴出して妻老いぬ/岸風三樓

重陽の日を宿かりし豪家かな/大谷句仏

指に入ル風はや寒し今日の菊/服部嵐雪

重陽の月打ち落し毛氏逝く/殿村莵絲子

重陽のこのわたを盛る津軽塗/鳥居美智子

寿ぎの舞終へて注がるゝ菊の酒/中村芳子

重陽の酒贈るべき人減りて/きくちつねこ

偲びては重陽の日のめぐり来し/桑田青虎

よく続く菊の日和の一と日かな/高濱年尾

枯菊の日矢まとひたる微塵かな/小林康治

籾蔵の戸が開いてゐる重九かな/宮岡計次

重陽の山里にして不二立てり/水原秋櫻子

菊の日の門に風出できたりけり/小林虚人

重陽の夕焼に逢ふ幾たりか/阿部みどり女

生涯にまたなきけふぞ菊の酒/五十嵐播水

俳句例:81句目~

重陽や椀の蒔絵のこと~し/長谷川かな女

重陽の夕日をのこす奥嶺あり/大峯あきら

うは露も御覧を経たり今日の菊/尾崎紅葉

手折りもす五色の香の今日の菊/石口光子

重陽やこだまし吠ゆる杣の犬/大峯あきら

枸杞酒得て重陽の日となりにけり/村上麓人

重陽の遅れゆく雲やさしげに/鍵和田ゆう子

重陽の日と知るのみの菊を買ふ/川上百合子

上戸下戸けじめな云ひそ菊の酒/島村元句集

菊の日のまだ膝だしてあそびゐる/田中裕明

菊の酒あたゝめくれしこゝろざし/星野立子

菊の日の渚づたひに来る子かな/大峯あきら

菊の日に唇赤く病婦酔ひ居りぬ/阿部みどり女

菊の日のふとん部屋まで子がつき来/山本洋子

菊の宴いまのわが身にはれがまし/松尾いはほ

今日シヤトームートン開けん菊の宴/稲畑廣太郎

菊の日に用ため置いてうかと居ぬ/阿部みどり女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ