季語/霞(かすみ)を使った俳句

俳句例:201句目~

人影の過ぎては冬の霞草/斉藤夏風

江の島が鯨に見ゆる冬霞/宮脇白夜

夕霞あれやこれやと綻びて/橋間石

指一本づゝ洗ひをり夕霞/久米正雄

霞網破れてゐたる恵方径/茨木和生

仙人の棲むてふ谿も霞中/京極杞陽

礫よく水をすべるよ夕霞/芝不器男

会心の一打吸ひ込む春霞/後藤郁子

大川の橋重ね合ふ夏霞/山県よしゑ

夕霞畑いちまいのなほ緑/福田蓼汀

夜がとざす人の晩年寒霞/戸村羅生

碓氷川瀬音もらさず夕霞/相馬遷子

師も父も夫もおとこ初霞/池田澄子

信濃の山越後の山の夏霞/高室呉龍

折端に霞はんなり京言葉/加藤耕子

大和植物志の野山冬霞/高繁泰治郎

あなたなる安土の麦の青霞/高澤良一

鯛の目をほくと噛みたり沖霞/中拓夫

鳥どもの恋さま~に霞かな/石井露月

鳥は音に跡先さそふ霞かな霞/千代尼

俳句例:221句目~

いまありし夕日の跡の冬霞/野澤節子

鶏のひよんひよん出づる冬霞/松澤昭

おろがみし神の三輪山夏霞/梧桐青吾

さながらに羽化登仙の山霞/沢木欣一

それはそれで趣ありぬ霞草/高澤良一

ふるさとは大霞して城と畑/福田蓼汀

まなきりの銚子の海や初霞/小川芋銭

やがてわが炊煙も出て冬霞/山口誓子

よごれたる海の面や夕霞/五十嵐播水

わらしなに霞を流せ御代の春/中勘助

初霞して赤松のうるほへり/伊藤通明

マラソンの全走者消え初霞/丸山哲郎

一旅信ありていよいよ霞濃し/岡本眸

一羽毛たらむ霞へ身を入るる/斎藤玄

三三と下手に書いたる霞哉/尾崎紅葉

三日はや達治を偲ぶ煙霞癖/石原八束

三条をゆがみもて行霞かな/高井几董

三鬼忌の霞きてゐる軒あはひ/下田稔

上市は灯をともしけり夕霞/子規句集

丸ビルの灯火失せて夕霞/稲畑廣太郎

俳句例:241句目~

九天の霞をもれてつるの聲/幸田露伴

九重の霞たへ也このあした/尾崎紅葉

仏法のそれは大きな霞かな/野村喜舟

冬霞わが住む町も浮くがよし/林壮俊

冬霞古都の山なみ低かりし/稲畑汀子

冬霞山はおのれの木を忘じ/長谷川双

冬霞眉山は眉をうすうしぬ/鈴木栄子

冬霞茶の木畑に出て見れば/富安風生

冬霞被てまろみたる島の松/野沢節子

出雲より西する旅の大霞/大峯あきら

初霞して御社の杉にほふ/柴田白葉女

初霞して鵙の胸野をてらす/飯田龍太

初霞猶寒林といふ外なし/長良扶沙子

前山の花粉霞と申すべし/佐々木六戈

勾玉の寝息がまじる冬霞/平松彌榮子

古事記読む八方に濃き春霞/有馬朗人

吸ひなづむ霞か雲か春の夢/三橋敏雄

和子様の風船飛んで霞かな/幸田露伴

哨戒機霞ごもりにきらきら航く/篠原

問答に負けて立去る霞かな/野村喜舟

俳句例:261句目~

堰きれば野川音ある霞かな/下村槐太

壺坂を花にこす日の霞かな/松瀬青々

夏が来た隣へたつも霞だけ/上島鬼貫

夏霞君は果てなき旅に居て/大谷句佛

夏霞弟子を捨てたる人羨し/佐藤鬼房

夕支度霞を来る手を洗ひ/櫛原希伊子

夕霞して剥落の嶽こだま/新井海豹子

夕霞枝にあたりて白さかな/高野素十

大仏は猫背におはす冬霞/大橋越央子

大兵の野山に満つる霞かな/子規句集

大原や日もすがらなる冬霞/小塙徳女

大木の枝下ろし居る霞かな/喜谷六花

大霞したる海より濤こだま/橋本鶏二

大霞露生むさまの浮葉かな/中島月笠

天と地の打ち解けりな初霞/夏目漱石

妹山に見る背の山の花霞/能村登四郎

妻恋ふも旅恋ふも薄霞かな/小林康治

子の未来親の未来や遠霞/山田はるい

富士ふゞき栂落葉松は冬霞/渡邊水巴

居喰して餌に飽く鹿や初霞/北野民夫

俳句例:281句目~

山々に懸かれば青き夏霞/木暮陶句郎

山を出て山を見返る霞かな/藤野古白

山国の霞つめたし朝さくら/相馬遷子

山幾重霞を紡ぐ鳥もゐむ/櫛原希伊子

山鳥の翔ちしひかりの谷霞/木村蕪城

帷子をほすてふ山の霞かな/尾崎紅葉

幻のかたちとこそ見ゆ霞草/齋藤愼爾

徐霞客の暴に洗ひし硯かな/尾崎紅葉

忽然と蝶があらはれ霞濃し/加畑吉男

手のひらに悟空の走る霞かな/龍岡晋

手放しに霞喰らうて天馬たり/伊藤格

手鏡にうつらぬものに夏霞/鈴木太郎

指南車を胡地に引去ル霞哉/與謝蕪村

搾女の乳も張りなむ野の霞/林原耒井

旅館のみ松立てゝ部落冬霞/渡邊水巴

日の匂ふ寝そべり松や初霞/井上井月

日本のぽつちり見ゆる霞哉/正岡子規

星きへて霞かゝれる檜原哉/加舎白雄

春霞老母と天とややへだつ/永田耕衣

春霞食べつくし舌残りけり/後藤貴子

タイトルとURLをコピーしました