季語/片蔭(かたかげ)を使った俳句

「片蔭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「片蔭」について

【表記】片蔭

【読み方】かたかげ

【ローマ字読み】katakage

子季語・関連季語・傍題・類語など

・日陰(ひかげ:hikage)

・夏陰(なつかげ:natsukage)

・夏山陰(なつやまかげ:natsuyamakage)

・夏木陰(なつこかげ:natsukokage)

・片かげり(かたかげり:katakageri)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

片蔭を含む俳句例

片陰や椎をこぼるゝ軒雀/波郷

片影の甍冷たく蝉越ゆる/欣一

片蔭に入る半分の会葬者/岸田稚

軒下に繋げる馬の片かげり/虚子

片蔭の町に古りゆく写真館/稲村

片かげを早行く夜店車かな/風生

紫の片かげ作る伏屋かな/上野泰

片蔭の中へ鉄鉢さし入るる/黛執

犬行くや一筋町の片かげり/青邨

片陰の窓に出てゐる腕かな/槐太

片蔭となりたり陶の蟇/野村喜舟

片陰の家の奥なる眼に刺さる/三鬼

片蔭の父との小昼海光る/長道澄江

片蔭や椎をこぼるゝ軒雀/石田波郷

一列に片かげにをり靴磨き/上野泰

片蔭をもどる豆腐の水たるる/民子

なでしこや片陰できし夕薬師/一茶

片蔭へ沈む祭の笛の音/秋元不死男

片蔭をなすが能なり獄の塀/斎藤玄

片蔭や異人同志の日本語/初村迪子

俳句例:21句目~

片陰のふかき岩なり背に憩ふ/草堂

胸重く片かげ戻る人の恩/石塚友二

片蔭に憩ふ黒人眼のやさし/谷和子

片陰の町に上陸すぐ帰船/高濱虚子

参道の片陰欲しき長さかな/稲岡長

片陰を縫ひ山頂へ至る道/稲畑汀子

片陰の海坂なりし黙示録/小菅佳子

片影に地震の水槽城下町/西本一都

片蔭や夜が主題なる曲勁し/草田男

片陰や海の白きにつきあたる/瀧春一

片陰やドイツの馬の脚太し/関森勝夫

片蔭の街の往来に恵那聳ゆ/木村蕪城

片蔭まだ胸より下を容るるほど/篠原

片蔭やあまり枷なす人の恩/小林康治

五十八歳片蔭を歩くなる/藤田あけ烏

片蔭やひとり仕事の舟大工/永作火童

口紅さす貴妃の館の片蔭に/品川鈴子

片かげを遠縁とする葬りかな/緒方敬

片影の帯展べにけり三国町/西本一都

片蔭といふ裏側を通り過ぐ/増成栗人

俳句例:41句目~

片陰の雲の中にも仏陀あり/高濱虚子

片陰やあまり枷なす人の恩/小林康治

片蔭や老体ひとつ忘れられ/綾部仁喜

鳴沙山片陰作りつつありぬ/稲畑汀子

香水や片蔭に入りひと険し/野澤節子

街折れて片蔭に富士見失ふ/角川源義

片蔭に入るや琴弾く母の声/永田耕衣

船着きて巨き片陰地に降す/川島千枝

妻や遠し和蘭陀坂の片陰は/小林康治

胸おもく片蔭もどる人の恩/石塚友二

みつ豆や銀座漸く片かげり/岸風三楼

片蔭や萬里小路に蝉鳴くも/赤尾兜子

片陰を行く母日向行く子供/粟津福子

壮行歌片蔭あさきより起る/岸風三楼

被爆堂濃き片影を我に賜ふ/中島斌男

片蔭に過去の片蔭終戦日/百合山羽公

火の山の片かげりして夕紅葉/瀧春一

片陰を行くその中に一力も/右城暮石

東の壁残り片陰なせりけり/関森勝夫

片陰となりて洋傘直し来ぬ/内藤吐天

俳句例:61句目~

片蔭の切れ目こころに影となる/篠原

片蔭の同じ時刻の同じ婆/瀧澤伊代次

片蔭をひろひ詣でぬ善光寺/西本一都

並びゆく君にとどかず片かげり/林翔

片蔭の家の時計を覗きけり/橋本鶏二

近道も片陰もなき道をゆく/明石春潮子

道曲り片陰逃げてしまひたる/小川竜雄

かりん垂れ片蔭沿ひに婆の杖/細川加賀

片影やひとみごもりて市の裡/石田波郷

この片蔭広き土間より一微風/香西照雄

片影を僧の蒼白来つ往きつ/殿村莵絲子

湯町なり路地片かげり雲流れ/京極杞陽

ふるさとの勝手知つたる片蔭/竹下史郎

盂蘭盆の俄かにも濃き片かげり/岸田稚

行燈に頬片かげり近松忌/阿部みどり女

わが家と片蔭同じ教師帰る/榎本冬一郎

供養米提げて片蔭ひろひゆく/関戸靖子

城壁の片蔭ひろくのびにけり/吉屋信子

太陽が食ひ減らしたる片蔭よ/三好潤子

娶らむか片陰もなき車道掃き/岩田昌寿

俳句例:81句目~

子をつつむ片蔭われに足らねども/林翔

崖片蔭となるまで牛繋がれ/榎本冬一郎

書肆街の片蔭つたふ我が家路/西島麦南

氷庫の扉開き片陰濃くなりぬ/内藤吐天

片蔭にそひゆく人のうしろより/上村占

片蔭に編めるは陶の藁座かな/西本一都

片蔭に自転車置きて患家訪ふ/山下公三

片蔭に花屋がありて水つかふ/島谷征良

片蔭のとぎれて城のありにけり/森玲子

片蔭の外へ研屋の研ぎしもの/藤田湘子

片蔭の家の奥なる眼に刺さる/西東三鬼

片蔭へ子を入れ若き母が入る/川崎展宏

片蔭やきのふの影に今日の影/奥田杏牛

片蔭や会へば妻にも会釈して/黒木夜雨

片蔭や弾き出されて砂利完し/香西照雄

片蔭をゆき中年を過ぎにけリ/岸風三樓

片蔭を出て霊柩車見送れり/杉山三知子

焼酎甕据ゑて夏陰ひそかなる/内藤吐天

片陰のさらに一隅なしにけり/斎藤空華

片陰の一旦ここで途切れをり/高澤良一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ