季語/狼(おおかみ)を使った俳句

「狼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「狼」について

【表記】狼

【読み方】おおかみ

【ローマ字読み】ookami

子季語・関連季語・傍題・類語など

・豺(やまいぬ:yamainu)

・山犬(やまいぬ:yamainu_)

・蝦夷狼(えぞおおかみ:ezookami)

季節による分類

・「お」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

狼を含む俳句例

狼のかりま高なり冬の月/奚

狼の声揃ふなり雪の暮/丈草

凌霄や狼少女の貫頭衣/竹中宏

狼の跡踏み消すや浜千鳥/史邦

狐山狼山の尾花かな/三好達治

寝冷腹抱へて槽の狼/高澤良一

狼や睾丸凍る旅の人/正岡子規

狼のあと踏消すや浜千鳥/史那

草枯や狼の糞熊の糞/正岡子規

狼の祭の鯨食うべけり/矢島渚男

狼を神とし祀り山凍る/岡田日郎

狼の眼の狛犬や山始/鳥居雨路子

狼のまつりか狂ふ牧の駒/炭太祇

狼は亡び木霊は存ふる/三村純也

山犬をのがれて露の聖かな/蕪村

滅びたる狼の色山眠る/矢島渚男

狼の小便したり草の霜/正岡子規

狼の墓堀り探す落葉哉/正岡子規

狼の道をつけたる落ばかな/程己

一本は狼のため夕桜/高野ムツオ

俳句例:21句目~

物を獲て狼迅し氷上を/緒方朴子

天狼の青き光も春めけり/二口毅

天狼の絶滅はまだ寒旱/矢島渚男

狼のおくる山路や月夜茸/中勘助

狼の浮木に乗や秋の水/榎本其角

狼は今夜出るぞと山の冷/小島健

狼を崇め秩父の棚田打/飯島芳村

狼や梺にひくき小夜砧/正岡子規

狼に墓の樒の乱されし/石井露月

大雪や狼人に近く鳴く/正岡子規

狼の糞見て寒し白根越/正岡子規

大日や年の天狼海の上/岡井省二

狼の護符を戸口に寒造/勝呂/靖

褻衣の狼であれ鬼房忌/山田桃晃

狼に寒鮒を獻す獺の衆/正岡子規

狼の子をはやしけり麻の中/許六

狼のこの比はやる晩稲かな/支考

絶滅の狼以後を狗尾草/神戸秀子

狼穽のあと腥し残る雪/小原十峰

裏街や天狼ももう春の星/原田喬

俳句例:41句目~

狼をのがれて淋し山の月/島田五空

狼を詠みたる人と月仰ぐ/茨木和生

狼罠も徒に春隣りけり/日比帰麓園

狼の群に入らばや初時雨/寺田寅彦

狼葬の草原にある冬日かな/島田柊

綿滅のかの狼を連れ歩く/三橋敏雄

狼の哭く哀しさは何故ぞ/森本幸子

狼の絶えて百年滝涸るる/岩津厚子

天狼の夜々の空あり臘八会/森澄雄

赤頭巾狼の腹にぬく~と/阿部次郎

狼が空に来てゐる冬銀河/石原八束

半月に狼吼えて雲けはし/正岡子規

半月や狼吼えて雲かゝる/正岡子規

古の狼火場とかや若葉山/高木晴子

吏員某夜は狼の声をあぐ/味元昭次

狼の檻に釦の落ちてをり/松本文子

山河荒涼狼の絶えしより/佐藤鬼房

戦争とかの狼を連れ逝けり/小島健

狼の糞あたゝかに寺の霜/正岡子規

沼涸れて狼渡る月夜かな/村上鬼城

俳句例:61句目~

渦巻ける雪は狼の子守唄/奥坂まや

狼の生存説に炉火欲しき/石村与志

狼の犬より小さし襤の中/福島小蕾

狼の滅びし郷のぼたん雪/江里昭彦

狼に夜は越せざる峠かな/大谷句仏

狼に引かぶりたる蒲團哉/正岡子規

狼を連れて熊野の波頭/天津伎依子

狼のふみゆく音や枯尾花/正岡子規

狼の人くひに出る夜寒哉/正岡子規

狼の吾を見て居る雪の岨/正岡子規

狼の見えて隱れぬ雪の山/正岡子規

狼の遠吠え包の夜くだら/平野龍風

狼のによろりと出るや藤の花/荒雀

狼は山へ歸るや御代の春/正岡子規

狼や剣のごとき月の弦/細木芒角星

狼や祭りて草の淋漓たる/松瀬青々

狼の色の秩父となりにけり/松尾隆信

暁闇を猪やおおかみが通る/金子兜太

狼の聲も聞こゆる夜寒かな/正岡子規

山犬の里へ吠え寄る夜寒哉/寺田寅彦

俳句例:81句目~

燈火親しむ山犬の長鳴く頃/山口誓子

その夜の送り狼てふ主題/佐々木六戈

不眠曠野の狼でありし日々/小田弥生

狼や出て我まゝの野べの花/井原西鶴

狼のまつりに染めるすゝきかな/普佶

狼や月に向って吠ゆるなり/山口笙堂

狼に古墳の月の上りけり/柴田佐知子

狼のくひのこしたる小判かな/龍岡晋

狼のごとく消えにし昔かな/赤尾兜子

狼の振りこ歩きに檻の冷/上田千枝子

狼を剥製となす丹生社かな/岡井省二

狼の声そろふなり雪のくれ/内藤丈草

狼を嵌める一行の墓へ参り/安井浩司

樵夫らの狼怖れ火絶やさず/松元桃村

狼のあと踏み消すや浜千鳥/中村史邦

狼の影あまた過ぎ夏の空/高野ムツオ

狼を飼うて砂漠に住む女/保田白帆子

末枯のそよぎ始めを狼火山/伊藤京子

狼籍と去来も見しか柿落葉/松瀬青々

狼のひよつと喰ふべし鉢たたき/野童

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ