季語/風花(かざはな)を使った俳句

俳句例:201句目~

鈴鹿よりくる風花か札納め/草村素子

風花や爪漆黒の能登の牛/黒田櫻の園

風花や牛の股間を猫とほる/清水美千

風花や牡蠣船朝のふき掃除/清原枴童

風花や町に売りだす桜肉/菅原多つを

風花や畝まで走り鶏交む/大木あまり

風花や登山賽者の女夫づれ/飯田蛇笏

繭玉に恵那の風花市ひらく/水谷晴光

風花や眼鏡ごし窓硝子ごし/池田澄子

風花の舞ひを乱せる救急車/佐藤晴生

風花や地に一畳の青菜売り/山本秋穂

風花や祇園の裏の真暗がり/藤田湘子

雪となく風花となく湖の町/岡田日郎

風花や笙にあはせし隼人舞/筑紫磐井

光秀の妻を悼めば風花す/加藤三七子

風花の中に大きな一つあり/高浜虚子

風花や縄を十字に石ひとつ/布留川貫

風花や和田塚とある古戦場/大橋克巳

白釉のすこし紅さし風花す/一丸文子

風花や翡翆が来てゐる杭ぜ/高濱年尾

俳句例:221句目~

風花や胡蝶の如く山より来/田島嶺花

風花や胸にはとはの摩擦音/石田波郷

風花や船の帆たたむ港あり/鈴木太郎

風花の舞ひはじめたる大庇/長谷川櫂

風花や荷風の作をふところに/大町糺

風花や萩の湯呑を並べ売る/寺田記代

風花や角より牡鹿ふり返る/清水道子

風花や言葉交さぬ別れあり/松田淳子

見うしなふあとへ風花また一つ/林翔

風花の束の間あそぶ鳥総松/杉山岳陽

風花や遮断機ひとつの国境/八巻絹子

風花や錦絵めきて眼鏡橋/下村ひろし

病めば遠し母の涙か風花す/小林康治

風花や雪の白根を天に置く/相馬遷子

風花や雲のかなたの空青く/小宮敏江

風花や雲の抱ける空あはれ/木下夕爾

風花や青く研ぎ澄む魚庖丁/宮坂静生

風花や魚臭はりつく糶の声/松島秋子

風花や鳴けば引き出す島の牛/松本旭

風花を捲きて松明上堂す/伊藤いと子

俳句例:241句目~

風花を舞はせる仕掛大地にも/比奈夫

顔見世を出でし興奮風花に/伊藤紫洞

風花の眉にとどまる齢かな/戸川稲村

自動車とバスの間に風花が/京極杞陽

鳶の眸のしたたかに澄み風花す/鴻司

風花と風花の間ぞ間は魔とぞ/馬場駿吉

風花にトルコブルーの空ありぬ/広岡仁

風花に富士骨相を荒く聳つ/加々美鏡水

風花に手あげて友の来りけり/鈴木貞雄

風花に梅蕾む日のいと澄めり/西島麦南

風花に灯のにじみけり浮御堂/細井光男

風花に眸もやして逢ひしこと/横山房子

風花に紺のまひとぶ染場かな/石橋秀野

風花に雪見障子を上げらるる/後藤夜半

風花に顔むけて銭足らずけり/石川桂郎

風花のあとの夕日に鴨濡るる/宮津昭彦

風花のうたがひぶかく地に届く/檜紀代

風花のおしもどされて漂へる/倉田紘文

風花のかがやき過ぎぬ遠き空/内藤吐天

風花のこころおきなく山山葵/古舘曹人

俳句例:261句目~

風花のつと舞ひあがるとき悲し/上村占

風花のときをり針の光もつ/木暮陶句郎

風花のひまひまに出て耕せり/吉田鴻司

風花のまつはり遊ぶ身のめぐり/上村占

風花の大きく鯛の湯霜かな/中戸川朝人

風花の峡の小村の二日かな/松本たかし

風花の彩なき色を惜みけり/河田瑠璃子

風花の日暮とぼしき白魚漁/下村ひろし

風花の本降りとなるどんど焼/堀口星眠

風花の村に魂子こぼしゆく/渡辺乃梨子

風花の温泉郷の校舎半旗垂る/宮武寒々

風花の磯に出しとき降り畢る/下村槐太

風花の空をいつまで眺めゐる/西村和子

風花の舞いて消えゆく歩道橋/正渡締子

風花の舞ひしはきのふ桃の花/高木晴子

風花の舞ひひろがりし瀧光る/仙田洋子

風花の舞ひ始めとも終りとも/棚山波朗

風花の舞ふは青空消えしより/高木晴子

風花の華やかに舞ひ町淋し/松本たかし

風花の街に眼鏡の玉を拭く/冨田みのる

俳句例:281句目~

風花の触れきし袖をたたみけり/堀政尋

風花の遊ぶのみ街さびれたり/林太一郎

風花の野鍛冶馬鍛冶打ちにけり/齋藤玄

風花の阿波内侍を拝みけり/八木林之介

風花の音の世界に来て消ゆる/伊藤凉志

風花の風の行方を知らざりし/青山一誠

風花は勝ち気な海の贈りもの/櫂未知子

風花やあるとき青きすみだ川/久米正雄

風花やいずれ擁かるる女の身/楠本憲吉

風花やいまさら生年月日など/鍋谷慎人

風花やうすくらがりの浅草寺/石原八束

風花やおのれ支ふる店一つ/鈴木真砂女

風花やかかへて軽き替着の荷/西村和子

風花やかたらひの鵜の白灯/殿村莵絲子

風花やかのこの朽ちし娘木偶/各村英子

風花やのれんくぐれば京言葉/山田弘子

風花やひらりくるつと猫の顔/平井照敏

風花やまばたいて瞼思い出す/池田澄子

風花やわが掌染めたる夕日影/石田波郷

風花やコント広場に訃報聞く/小池文子

タイトルとURLをコピーしました