季語/飾海老(かざりえび)を使った俳句

「飾海老」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「飾海老」について

【表記】飾海老

【読み方】かざりえび

【ローマ字読み】kazariebi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・海老飾る(えびかざる:ebikazaru)

・伊勢海老飾る(いせえびかざる:isebikazaru)

・鎌倉海老飾る(かまくらえびかざる:kamakuraebikazaru)

季節による分類

・「か」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

飾海老を含む俳句例

四捨五入して七十の飾海老/梅田男

橙を抱く肱張りて飾海老/富安風生

鬚はねて太長し飾海老/松本たかし

浜宿の床に過ぎたる飾海老/山崎雪嶺

飾海老四海の春を湛へけり/吉田冬葉

橙を抱く肱張りて飾り海老/富安風生

飾海老置くや家紋のど真ん中/大石悦子

娘手離す決意の年の飾り海老/吉田紫乃

鎌倉の海いろ澄まし飾り海老/久米正雄

飾海老ひんがしへ向け安房の端/木村蕪城

飾海老日出づる国のめでたけれ/野村喜舟

飾海老髭を大事に売られけり/佐藤惠美子

睨まれて髭の折れたる飾り海老/安斉君子

伊勢といふ字のさながらに飾海老/鷹羽狩行

飾り海老ばかり売る店華やげり/町田しげき

老いとはかく鬚しなやかな飾海老/能村登四郎

老いし身に喜の字づくめや飾り海老/友常玲泉子