季語/数の子(かずのこ)を使った俳句

「数の子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「数の子」について

【表記】数の子

【読み方】かずのこ

【ローマ字読み】kazunoko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・かどのこ(かどのこ:kadonoko)

・鰊鯑(かずのこ:kazunoko_)

季節による分類

・「か」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

数の子を含む俳句例

礼帰りけふの袂や数の子売/青河

数の子や一男一女大切に/安住敦

数の子に鶯鳴きの銚子かな/行々子

数の子や歯の兵の生残り/川崎展宏

数の子の黄金重ねし宴かな/鷹羽狩行

厨辺に鮭と数の子瑞気満つ/吉屋信子

峠家の子の数の凧峠に見ゆ/茂里正治

数の子に命久しき歯音かな/尾崎紅葉

数の子を噛み数の子と思ひけり/柏禎

数の子を前に男の野望湧く/脇本星浪

ひとり飲む酒数の子の粒々も/佐野良太

売値決る痩せ数の子のひと筵/岡澤康司

数の子や生涯蝦夷の浪を聴く/中島祥仙

数の子を二箸三著祝ひけり/広江八重桜

数の子に下戸正月の寒さかな/小杉余子

数の子を好む子は皆母似にて/大谷句仏

数え食う数の子毛沢東無き年/原子公平

数の子を噛む音たのし修行僧/中島畦雨

数の子を一ト度噛めば一ト昔/高澤良一

騒がしき水音ばかり数の子は/渡辺誠一郎

俳句例:21句目~

散骨もいいか数の子噛みながら/伏見安江

鴎は輪を描き数の子を干す日和/菅原風舟

数の子に老の歯茎を鳴らしけり/高浜虚子

数の子の味濃くなりし五日かな/竹内千花

数の子やさくら色なる花がつを/石井花紅

数の子や戸棚あくればすぐ見えし/原石鼎

数の子や昼酒いつか夜となりぬ/角川春樹

数の子や終生下戸をのがれ得ず/竹腰八柏

数の子や金婚さして遠からず/深見けん二

数の子をかみ~ひとりなるを思ひ/龍岡晋

数の子をかんで生涯二人かな/刈谷次郎丸

数の子を噛むや楽しき音の数/石川ときゑ

数の子を噛む帰り来ぬ思噛む/殿村莵絲子

数の子を噛む幸せをかむやうに/福川悠子

数の子を噛む音子より起りけり/浦野芳南

数の子を噛む音風のなかりけり/野村喜舟

数の子を製す蓆のまあたらし/成田智世子

数の子喰ふ無数のいのち黙殺し/藤岡筑邨

数の子買ふ黄楊櫛のごと全きを/有馬籌子

歯ごたへも亦数の子の味とこそ/稲畑汀子

俳句例:41句目~

繰り言のごと数の子を噛み余す/角川照子

花がつを舞ふ数の子のうまかつし/原石鼎

数の子といふ数知れぬ音を噛む/三田きえ子

数の子に父祖の白歯もひゞきけむ/日野草城

数の子を抜くやひかりの粒あふれ/角谷昌子

数の子を抜く手抜く手が朝焼けて/斎田史郎

数の子の歯ごたへ数を尽くしつつ/鷹羽狩行

数の子の妻のこめかみめでたけれ/石田波郷

数の子を噛み~光る野へ出づる/加藤拝星子

数の子をしこしこと食み知命かな/大橋敦子

数の子をぷりぷり噛んで子無き妻/嶋田麻紀

数の子をむんずと掴みくれたる嬰/嶋田麻紀

数の子の歯応へ遠き世を継げり/久芳木陽子

かりかりと数の子ほぞを噛むごとし/仙田洋子

櫂をもて干し数の子をひろげけり/石田雨圃子

数の子にいとけなき歯を鳴らしけり/田村木国

数の子の塩気かくまで抜かれけり/八木林之助

数の子やどの子もわが血享けたる眸/神野青鬼灯

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ