季語/えんぶりを使った俳句

「えんぶり」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「えんぶり」について

【表記】えんぶり

【読み方】えんぶり

【ローマ字読み】emburi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・えぶり(えぶり:eburi)

・御前えんぶり(ごぜんえんびり:gozenembiri)

・ながえんぶり(ながえんぶり:nagaemburi)

・どうさいえんぶり(どうさいえんぶり:dosaiemburi)

・えんぶり宿(えんぶりやど:emburiyado)

季節による分類

・「え」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

えんぶりを含む俳句例

えんぶりや土も香にたつ雪畳/林翔

えんぶりの列整へば山重なり/加藤憲曠

えんぶりの雪照り道を影の列/加藤憲曠

えんぶりや雪の鍛冶町大工町/藤木倶子

えんぶりや雪止んでなほ雪催/藤木倶子

住み古りて他郷は知らず杁笛/栗山光子

えんぶりの笛恍惚と農夫が吹く/草間時彦

日の厚みえんぶり組の出揃へば/阿部思水

えぶり棒雪の女体を突きにけり/沢木欣一

えぶり鉦囃せば海のふぶきだす/宮岡計次

えんぶりの摺り抜けて行く風の街/村田近子

えんぶりの逸れ大黒舞ひて寒し/村上しゆら

日あたれる方に座を占めえぶり鉦/木内彰志

えんぶりの笛いきいきと雪降らす/村上しゆら

えんぶりや雪にぬくもりあるごとし/北嶋淑晃

えんぶり笛山より春を引き連るる/苫米地優子

おでん焼藷えんぶりの尾にゐて寧し/小林康治

はだれ野のはだら雪踏みえぶり来る/阿部信子

えんぶりや烏帽子地に摺る子らの舞/太田三菜子

えぶり舞ふるさとの血が濃くなるよ/木附沢麦青

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ