季語/鶏頭(けいとう)を使った俳句

俳句例:101句目~

大木に並んで高し鶏頭花/子規句集

子規いまも毬栗頭鶏頭花/岡井省二

鶏頭にうゑ合せけり唐がらし/史邦

寸ほどの枯鶏頭や墓の裏/清水基吉

鶏頭に重たき風の吹けるかな/茂索

流れゆく煙の影が鶏頭に/藺草慶子

屍室鶏頭ばかり旺んなり/岩田昌寿

老残の鶏頭臥しぬ嵐雪忌/石田波郷

山僧に遅き月日や鶏頭花/飯田蛇笏

干し物に影のあそぶや鶏頭花/柳几

鶏頭の一本立ちも放光寺/細見綾子

眼裏に昔が光る緋鶏頭/高見加代子

鶏頭に牛の刀の野分かな/横井也有

秀野忌の野分鶏頭慴伏す/小林康治

秋風の吹きのこしてや鶏頭花/蕪村

鶏頭の一団明るき鵙の圏/伊藤京子

鶏頭の影と女のなげきぐせ/六林男

鶏頭にたばしる雨の茶碗酒/斎藤玄

藁葺の法華の寺や鶏頭花/子規句集

鶏頭に一日執着す獺祭忌/石田波郷

俳句例:121句目~

血脈を百束ねたる鶏頭花/大石悦子

衰へし犬鶏頭の辺を去らず/桂信子

鶏頭に飯待つ新聞休刊日/相馬遷子

霜枯の鶏頭墨をかぶりけり/皆吉爽雨

露いたり鶏頭炎あげたりや/小林康治

鶏頭の小火出す火の見櫓下/高澤良一

お長屋や黄に紅に鶏頭花/河東碧梧桐

種を採る鶏頭林の一火より/皆吉爽雨

描きかけの自画像と鶏頭/栗林一石路

しぐるゝや鶏頭黒く菊白し/正岡子規

鶏頭の夕影並び走るなり/松本たかし

たのまれて戒名選む鶏頭哉/夏目漱石

たゞ一つ童子の墓や鶏頭花/高桑化羊

にしき木は吹たふされて鶏頭花/蕪村

曲ろくに鶏頭明り忌を修す/高澤良一

靴提げて廊下を通る鶏頭花/北野平八

鶏頭の喉のあたりの種をとる/赤松子

鶏頭に奔騰の風師の忌来る/小林康治

また夜が来る鶏頭の拳かな/山西雅子

生くること年々重し鶏頭花/高橋悦男

俳句例:141句目~

コスモスは臥し鶏頭は憤り/西村和子

鶏頭に干し去る海女の命綱/加藤春彦

一ト年の鶏頭まきつや種袋/松瀬青々

一茎の鶏頭枯崖しりぞけつ/野澤節子

不動明王鶏頭に火をもらい/森村文子

乾漆のごと鶏頭の枯れつくす/石嶌岳

人の如く鶏頭立てり二三本/前田普羅

冬に入る海気曇りぬ鶏頭に/内藤吐天

凡朝顔のあと駄鶏頭育てけり/安住敦

鶏頭のまだ紅唇のごとき花/山西雅子

頸細き八雲旧居の鶏頭花/和田しずえ

鶏頭のほかは転げし素焼鉢/永井龍男

同郷の波郷鶏頭子規鶏頭/百合山羽公

命餘し鶏頭蒔くに執しをり/小林康治

枯鶏頭羅漢の胸に凭れけり/会津八一

柴垣に煙草干しけり鶏頭花/寺田寅彦

甲州の鶏頭の道往き暮れて/高澤良一

留守の家鶏頭の赤倒れたり/柿本多映

塔二つ鶏頭枯れて立つ如し/沢木欣一

塩絶つて鶏頭に血を奪はるる/森澄雄

俳句例:161句目~

鶏頭の素直に立てり夫の死後/平田子

鶏頭のしをれし影や後の月/野村泊月

鶏頭の門まで来たり秋出水/富安風生

鶏頭の頚動脈をさぐるかな/坂巻純子

鉛筆の鶏頭写生赤からず/阿波野青畝

鶏頭の頭の塵払ふ雨来たり/高澤良一

鶏頭の頸動脈をさぐるかな/坂巻純子

脳の如くに襞よせて鶏頭花/安田鈴彦

鶏頭に水やる者は老母なり/寺田寅彦

草市につきし一荷は鶏頭花/高野素十

惰け日の河船頭よ鶏頭花/中塚一碧樓

鶏頭のうつれる水も夕焼て/岸風三楼

鶏頭に頭巾やれたる畠かな/水田正秀

菊鶏頭切り尽しけり御命講/松尾芭蕉

海士が家や鶏頭赤く波頭ラ/野村喜舟

屈強の影を抜き鶏頭を抜く/鷹羽狩行

浪崩れして吹く風や濱鶏頭/内田百間

鶏頭のうしろの芥明りかな/長谷川双

鶏頭も培はれけり菊の中/田中田士英

鶏頭も駅に佇むもののうち/二村典子

俳句例:181句目~

鶏頭やおゝと赤子の感嘆詞/矢島渚男

鶏頭きれば卒然として冬近し/島村元

孤立せる老鶏頭を一瞥す/相生垣瓜人

鶏頭に機窓高くありにけり/島田青峰

白晢にして鶏頭の群れに入る/中田剛

鶏頭やならべてものゝ干て有/千代女

鶏頭やはかなきあきを天窓勝/炭太祇

鶏頭やひとつはそだつこぼれ種/太祇

鶏頭やまことの声は根に遊び/千代尼

鶏頭やまぶたの裏へ光の束/伊藤敬子

病む人の夢に見られて鶏頭花/橋本薫

鶏頭や並べて物の干してあり/千代尼

鶏頭のその縄文の恐るべし/後藤眞吉

鶏頭や倒るゝ日迄色ふかし/松岡青蘿

鶏頭の数行種をとりしあと/皆吉爽雨

鶏頭や入日にきしむ畑車/金尾梅の門

鶏頭や呼ばれし犬の耳動く/西村和子

嫁ぐ子の童形立てり鶏頭に/相馬遷子

鶏頭や夕べは青き多摩の山/内藤吐天

鶏頭の昼をうつすやぬり枕/内藤丈草

タイトルとURLをコピーしました